博多織

博多織

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

博多織

博多織

博多織の帯は、きゅっと締まり、

 

緩みにくいことから、男性用女性用ともに、とても人気の高い帯です。

 

締める時の絹鳴りの音も、気持ちが引き締まりますね。

 

 

博多織は、鎌倉時代に中国に渡った博多(今の福岡)の商人が、

 

織物の技術を持ち帰ったことから始められました。

 

江戸時代に、福岡県の大部分にあたる筑前藩の領主の、

 

黒田長政が毎年、博多織を幕府に献上したことから、

 

「献上博多」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク


 

献上博多の技法には、文様と色が定められています。

 

柄のひとつ、独鈷柄(どっこがら)と呼ばれる柄は、

 

仏具の一種の独鈷を図案化してあり、

 

独古は煩悩を破砕して菩提心を表す象徴とされています。

 

ほかに、「華皿(はなざら)」の図案が取り入れられています。

 

華皿は仏を供養する花を散布するものです。

 

使われる色は、中国の隋の時代の国制にならって、

 

紫、青、赤、黄、紺の五色に限られています。

 

献上博多の女性用の帯は、独古柄、華皿、縞を交互に配置した、

 

すっきりとした帯です。

 

献上博多は、細いたて糸を密にして、

 

太いよこ糸を強く打ち込んでいき、

 

たて糸を浮かせることで、文様を織り出します。

 

よこ糸がたて糸に覆われているので、艶がでて、

 

強く打ち込むために、張りがあって締めやすくなります。

 

とても丈夫なため、100年間は締めることができると、

 

いわれています。

 

 

博多献上はもとは男性用が主だったのですが、

 

明治18年ごろにジャカード機が導入されるようになって、

 

複雑な織りができるようになり、

 

女性用がこのころから織られるようになりました。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方