絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

スポンサーリンク

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様

着物の上部は、衿〜肩胸〜袖の縫い目を渡って模様が続き、

 

後ろ側から下部にかけて、後ろ身頃〜前身頃〜衽(おくみ)へと、

 

模様がつながるように配置されています。

 

着物を羽のように広げると、

 

一枚の絵のように見えるようになっています。

 

 

白生地をいったん着物の形に仮仕立てして、

 

模様を決めてから、絵を描き、装飾を施します。

 

その後着物に仕立てます。

スポンサーリンク


 

 

絵羽模様は格の高い着物(礼装および盛装)に多く用いられます。

 

模様の配置によって総模様、裾模様、肩裾模様などがあります。

 

 

総模様は、着物全体に模様があるものをいい、

 

振袖や花嫁衣裳の打掛などがこれにあたります。

 

模様が着物全体にあるのでとても豪華で華やかになります。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方