裄(ゆき)のお直し

着物の裄(ゆき)のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

スポンサーリンク

着物の裄(ゆき)のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

着物の裄(ゆき)のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

手首が見えちゃうけど、着物の裄(ゆき)のお直しをするべきかどうか。。。迷っていませんか?

 

譲ってもらったりリサイクルショップで購入した着物など、自分にぴったりではない場合がありますね。

 

ちょっと着心地がよくない程度なら、そのまま我慢するか工夫して着こなすことができます。

 

でもとても気にいっているなら、かなり大きいまたは小さいというとき、やはりお直ししてでも着てみたいですね。

 

ここでは裄(ゆき)のお直しについて、どうしようか迷っている方向けにお伝えします。

 

これからお伝えすることを了解しておくと、お直しの依頼がスムーズにできますよ。

 

スポンサーリンク


 

着物の裄(ゆき)のお直しには二種類あります

 

きものの裄のサイズを直すには、「裄を長くしたい場合」と「短くしたい場合」があります。

 

最初に「裄を長くしたい場合」についてお話します。

 

 

「裄を長くしたい」場合の直し方

 

着物の裄(ゆき)のお直し・袖幅と肩幅の表示

 

裄を長くしたいときは、「袖幅のみ」「袖幅と肩幅の両方」のどちらかの方法で直すことになります。

 

裄を少しだけ長くしたいというときは、袖幅だけ縫い代を出すのですが、袖幅だけ出すだけでは足りないときは、袖幅と肩幅の両方から縫い代を出します。

 

いずれにしても袖付けをほどく必要があり、肩幅を出すにあたっては身八口からほどく必要があります。

 

肩幅を出すにあたっては手間も増えますので、袖幅だけの直しよりも料金がかさみます。

 

あらかじめどういう直しをすることになるかを確かめて、料金も確認しておいてください

 

 

「裄を短くしたい場合」の直し方

 

長くしたいときの逆で、「袖幅のみ短くする」か「袖幅と肩幅の両方を短くする」かの二通りです。

 

裄を短くしたい場合は、袖幅だけ短くするか肩幅も袖幅も両方短くするかは、幅のバランスによって決まります。

 

やはり手間が多いほど料金がかさみますが、中には「裄の直し」として一からげに料金設定されているお店もあります

 

 

裄直しをする場合の注意点・事前に了解しておきたいこと

 

裄を大幅に出すまたは短くするには、肩幅と袖幅のバランスをとりながら行う必要があるので、バランスよく幅を出せるかどうかを確認されるといいと思います。

 

また裄を出すにあたって、隠れている縫い代の色目が、表生地の色目と明らかに違うような場合もあります。

 

それは「色あせ」や「汚れ」などの原因によりますが、生地の変色によって裄の幅だしが出来ないこともありうるので、特に仕立てられてから時間が経過しているものは、ご注意ください

 

また着物の生地(反物)は、幅があらかじめ決められています。

 

昔のものは36センチほどで、現代のものは40センチほどまでありますが、その幅の限度によって出せる幅に制約がありますので、希望の長さまで裄を長く出来ないこともあります。

 

事前の注意点をまとめると

 

  • 裄を出すには、肩幅と袖幅のバランスをとりながら行う必要があります。
  • 縫い代に色褪せなどあると、幅を出せないといわれることがあります。
  • 着物の反物幅によっては、希望の長さまでだせないことがあります。

 

 

羽織やコートも同様の注意を

 

着物の裄(ゆき)のお直し・羽織やコートも同じです

 

以上の注意点は、羽織やコートなども同様です。

 

色褪せ、反物幅の関係などから、ご希望の長さまで出せないこともあります。

 

特に着物の裄を長くした場合は、羽織やコートの裄も長くしたくなります。

 

羽織・コートは着物の上に着るので、着物より長くなくてはなりません

 

そのため着物の裄が長くなると、羽織やコートの裄を着物以上に長くできない場合もありますのでご注意ください。

 

 

着物の裄(ゆき)のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点・まとめ

 

着物の裄のお直しを依頼する前に知っておきたいことがあります。

 

お直しの方法は長くするのも短くするのも「袖幅だけ」の場合と「袖幅と肩幅」の場合があります。

 

料金は作業が多いほど高くなるのが一般的ですが、中には「裄直し」のひとまとめになっていることもあります。

 

裄を長くするにあたり、縫い代はあっても色褪せなどで生地に変化がある場合は出せないこともあります。

 

裄を長くするにあたり、袖幅と肩幅のバランスは大事なので、希望の長さが出せるか事前に確認をした方がよいです。

 

着物の裄を長くした結果、羽織やコートの裄も長くすることになるかもしれません。

 

羽織やコートの裄は着物より長くするので、するつもりならあらかじめ確認しましょう。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方