きもの物語

講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」

帯締めを結んでいるところ

講座「着物着付け上級までの道のり」の9ページ目です。

 

ここでは名古屋帯でお太鼓を結ぶときの「帯締め」「帯揚げ」の知識と結び方について、似合うお太鼓の形をお伝えします。

 

女性の着物の場合は「帯の顔」ともいえる後ろ姿が、とても目を引きます。

 

着物姿の人とすれ違って、ステキだったなぁと振り向いた視線に、帯の模様や形が印象に残ります。

 

そこであたなにも太鼓を作る際に、自分にあったお太鼓の形で着物姿をいっそうエレガントに着こなしていただきたいと思います。

 

まずは似合う好みのお太鼓の形を見つけて、練習してみてください。

 

 

あなたに似合うお太鼓の形と印象

 

お太鼓がうまく結べるようになったら、次は自分に一番似合うお太鼓の形を目指してみてください。

 

お太鼓の作り方は同じでも、大きさや膨らみ方によって少しずつ印象が違います。

 

基本的に長身の方はおおぶりに作り、小柄な方はこぶりに作るとバランスがよいです。

 

体型によってどんな出来上がりにするとより自分に合うかを考えて、試してみて下さいね。

 

小柄でかわいらしい体型の方

 

花柄を少し下に小ぶりにお太鼓をむすぶ

 

お太鼓の山は柔らかくこんもりとさせ、全体をふっくらと小さめに作る。

 

 

大柄でやせている体型の方

 

大柄で痩せている方向きのお太鼓大きめ

 

お太鼓の山は真っ直ぐにちかくし膨らみを出さずに、大きめに作る。

 

 

中肉中背の方

 

中肉中背の方向きの普通の大きさのお太鼓

 

小ぶりのお太鼓も合いますが、一般的な形で作る。

 

 

年齢によって考慮したいことも

 

20代30代の若い世代は、お太鼓の大きさは大きくつくっても、勢いや若々しさがあって似合います。

 

しかし年代があがって背が高くない方は、お太鼓は小ぶりに作った方がいいと思います。

 

 

帯揚げ・帯締めの知識と結び方

 

帯揚げの基礎知識

 

「帯揚げ」は、縮緬、綸子(りんず)、絞りがほとんどで、全面に絞りが施してあるもの以外は普段用に使えます。

 

白、白に近い薄い色のものは、礼装向きです。

 

普段着や外出着として着物を着る場合は、礼装向き以外のものならなんでもよいです。

 

夏は夏用の帯揚げをします。

 

 

帯締めの基礎知識

 

帯締めには、「平組(平に組んである)」、「丸組(丸く組んである)」、「丸ぐけ(丸くくけてある)」ものがあります。

 

着付けの練習の際は、最初は丸いタイプの帯締めの方が扱いやすいと思います。

 

「丸組」か「丸ぐけ」の帯締めということです。

 

ただ一般的に用いられる帯締めは「平組」が多いので、そちらも練習してくださいね。

 

白や金銀糸を交えて組まれたものは礼装向きです。

 

普段用、おしゃれ用の着物には、どんな色柄のものでもOKです。

 

夏用として、組み方の粗いものがあります。

 

結んだあとの端は、穂先が上にむくようにします。(両端とも上向きか、片方だけ下向きもOK)

 

弔事のときだけは端を両方とも下に向けます。

 

帯締めの種類と詳細解説はこちらにまとめています、参考にしてください⇒「帯締めの種類と具体的な例を写真で解説しました

 

 

丸ぐけひも豆知識

 

現代は平組みも丸組みも、両方ともが一般的に用いられていますが、大正時代まではもっぱら「丸ぐけひも」が用いられていました。、

 

当時は組みひもがあまり普及していなくて、一般家庭では、綿を入れた布の帯締めを作って利用していました。

 

この10年〜20年は、大正〜昭和の時代の明るく華やかな着物が人気をよんで、その柄に合う花柄の丸ぐけひもが出回っています。

 

「丸ぐけひも」は自分で作ることもできるので、着物のおしゃれのひとつに取り入れてみるのもいいですよ。

 

 

帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)

 

「帯揚げ」は本結びと絞り結び、どちらで結んでもよいです。

 

若い方なら本結びをして、たっぷりと帯揚げを飾ると華やかさがでていいですよ。

 

詳しい写真つきの解説はこちらです⇒「帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました

 

 

帯枕を変えて理想のお太鼓を

 

帯枕にも種類があります。

 

大きく分けると、振り袖用とお太鼓用ですが、お太鼓用でも大きさや丸みに若干違いがあります。

 

お太鼓の山の形が帯枕で決まるので、自分にあったお太鼓の形に仕上げるために、厚さや幅なども意識されるといいですよ。

 

詳しくはこちらで解説しています⇒「帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達

 

帯枕は、背に当たる部分が固いと上手く背につかず、お太鼓山が斜めになりやすいのでご注意ください。

 

 

では次は、着方に入ります⇒講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方