講座「上級までの道のり」NO10「普段着・おしゃれ着の着物の着方とチェックポイント」

普段着物(おしゃれ着物)着方

講座「上級までの道のり」の10ページ目です。

お待たせしました、「着物の着方」の練習にはいりますね!

練習用の着物は、「ウール」「木綿」「つむぎ」のいずれかが滑りにくくて扱いやすいですよ。

それでは始めます。

スポンサーリンク


きものの着方の練習(普段用・おしゃれ用の着物で)

まず、下着・足袋をつけ、ウエストの細い方はタオルを巻くなどして補正してください。

長じゅばんは、体にぴっちりと張り付くように着ます。

えもんの抜き具合も衿合わせも、長じゅばんの段階で決まります。

背中の中心がずれていないことも確かめてくださいね。

長じゅばんの着付けを忘れた方は確認しておいてください
⇒「講座「上級までの道のり」NO4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばんの種類」

普段用(おしゃれ着用)着物の着方

着物の着方は、普段着から礼装用まで基本は同じですが、大きく二つに分けることができ、

  1. 普段用(おしゃれ用)
  2. 礼装用

ここでは普段用(おしゃれ用)の着物の着方を説明します。

長じゅばんに半衿がついていて、衿芯が入れてありますね。

先に下半身を整える

まず袖に腕を通します。

  • 着物を羽織り、長じゅばんのたもとをもって、着物の袖に腕を通す

着物の丈は長いので、まず丈を合わせ下半身を整えます。

  • 掛け衿のところを合わせて、左右対称に着ていることを確認する
  • 衿の先から20センチくらいのところをもって、裾はくるぶしが隠れる位置にする
  • 左手で持っている上前(うわまえ)は、右のももが前から見えないくらいの位置に決める
  • いったん上前をはずして、下前(したまえ)を左脇にもっていき、つま先を10センチほどあげて手をはなす
  • 上前を決めた位置にもっていき、つま先を数センチあげる
  • 腰骨の数センチ上で腰ひもをぎゅっと締める
  • 背中の腰ひもの下のシワを左右によせてとる

上半身を整える

次に上半身を整えます。

  • 袖の下の空いているところ(身八つ口)から手を入れて、手刀にしておはしょりをまっすぐにする
  • 掛け衿の位置を合わせて、下前の衿のおはしょりのところを三角に折りあげる
  • 長じゅばんの衿が1.5センチほど見えるように上前の衿を決める(首の横は長じゅばんの衿と着物の衿が同じ高さ)。
  • 腰と胸の間で、腰紐をしめる(このとき締める紐を「胸紐」とよぶ)。
  • 背中のシワを脇の方によせ、胸のシワは胸紐の下に引いて、上半身を整える。
  • おはしょりの底が腰骨のあたりになるように平行にして、だて締めをその上に締める
  • 伊達締めは二度掛けして、クロスし端は挟み込む。

以上で着物を着ることができました。
背の方のおはしょりは、お太鼓結びをすると隠れるので、あまりきちんと整えなくてもかまいません。

着物着付けのチェックポイント、気をつけたいこと

普段着・おしゃれ着きものの着付け方

着物を着る際に、一番気をつけたいのは衿合わせです。

正面から見て、半衿が左右同じ寸法で見えるように、鏡を見ながら衿の前を合わせましょう。

出来上がりのチェックポイント

鏡を見て、以下のチェックをしてください。

  1. えもんの抜き具合は、指4本分くらい
  2. 半衿が左右同じ幅で見えていること
  3. すそ線が真っ直ぐであること
  4. つま先が少し上がっていること
  5. 腰から下にゆがみやだぶつきがないこと

これらのチェックを毎回行っていくうちに、だんだんと慣れてなじんできます。

このあとお太鼓結びをすれば、「着物を着られる」と胸を張れますよ。

着付け練習の頻度と上達について

練習は継続する方が身につきます。

毎日1~2回ずつ続ければ、すぐにも上達するでしょう。

毎日もムリであれば一日か二日おきには練習してみてください。

そうすれば4~5回で、外出してみようかなと思えるようになるでしょう。

手順を覚えれば、仕上がりまでのスピードは短くなります。

鏡の前で、着物姿ができあがっていくのを楽しみながら行ってくださいね。

では次の講座は、所作・立ち居振る舞いについてです。

講座「上級までの道のり」NO11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました