講座「上級までの道のり」補足・体型補正と着姿が映える補正について

ピンク色の振袖姿風呂敷包みをもって

講座「上級までの道のり」の補足説明です。

着物を着るにあたっては「体型を補正しましょう」とお話してきました。

「体型の補正」は、寸胴(ずんどう・メリハリのない)体型にするために行うものです。

洋服の似合うナイスバディの人は、寸胴にすることに抵抗があるかもしれませんね。

今回は「体型を補正する」にあたって、補足説明をさせてください。

スポンサーリンク


着付けで補正が必要な人とそうでない人

体型の補正で一番気になるところはウエストです。

ウエストの補正が必要かどうかを具体的にいえば、

  • 補正が必要な人⇒バスト・ヒップとウエストの差が大きい人
  • 補正が必要でない人⇒バスト・ヒップとウエストの差があまりない人

ということです。

細身の人もふくよかな人も、これはあてはまります。

ただしよほどウエストの太い人でない限り、薄いタオルをウエストに一枚巻くのはおすすめです

それは着付けのときに締めるひもが、痛みの原因にならないようにするためです。

着物姿が映える補正とは

青い振袖前姿

次に、着映えのする補正について、二つにわけてお話します。

  1. 礼装・正装のときの着映えをよくする
  2. 細身の人が通常の着物姿の着映えをよくする

礼装・正装のとき着映えをよくする

礼装や正装をするとき、「着映えしたい」、「もっと華やかに演出したい」という場合には、バスト周りにも補正を加えます。

いわゆる「鳩胸」にするわけです。

具体的には、

  • バスタオルなどを巻き付ける
  • コットンをバストに置く

さ骨近くが貧弱なかたは、ここにもタオルやコットンを適量置いて厚みを出します。

上半身を立派にみせることができ、着姿が映えます。

細身の人が通常の着物姿の着映えをよくする

細身の人はウエストの補正をしただけでは、やや貧弱な仕上がりになりかねません。

特に上半身がどうしても貧弱に見えるという人は、

バスト周りにフェイスタオルをまくまたは置いくと、バランスがよくなります

バストの大きい人は特に注意

バストの大きい人は、洋服なら着映えがしてうらやましがられます。

でも着物を着るときは、それなりに補正をした方がよいです。

ブラなしで着物を着ると、帯の上にバストがのって老けた印象になってしまいます。

まずおすすめは、和装用のブラジャーをすることです。

胸を平たくすることで若々しくすっきりとした着姿になります

体型補正と着姿が映える補正について・まとめ

着付けのとき補正をするのは、平面構成の着物・帯をフィットさせやすくするため。

礼装正装は着映え重視で補正を考える。

普段の着物姿のときは、見栄えと着心地のよさで適量を各自決めてくださいね。

ウエスト補正のための補正用品は、「補正下着」「着物ファンデーション」「補正ファンデーション」「下着パット」「着物補正着」「着物補正下着」などの名称で販売されています。

厚みを調整できるものもあるので、ご自身に合ったものをえらんでください。

通気性がよく、吸湿性のよいものが、着心地、手入れともによいですよ。

私は「フェイスタオルと腰ひもで手作り」したものをいくつか作って利用しています。

こちらに写真つきで解説したので、よかったらお試しくださいね⇒着物のときのウエスト補正「タオルで胴帯」の作り方 詳細解説

きらこ よしえ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました