伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着られる?

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひも利用で対処の方法も

スポンサーリンク

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひも利用で対処の方法も

伊達締めなしで浴衣は着られる?

浴衣を着るのに必要なものをそろえたので、着付けの練習を始めました。

 

ところが、伊達締め(だてじめ)がないことに気づいて、どうしよう!と慌てる方があります。

 

浴衣売り場で必要だとは言われなかったので伊達締めを持っていません。

 

浴衣でお出かけするのに必要なものは、「浴衣と帯、腰ひも2本」で大丈夫と言われたのに・・・

 

実際着付けの練習本には「伊達締め」という小物を使って解説しているものがほとんどです。

 

さあどうしよう!ということになりますね。

 

でも、ご安心を、伊達締めを利用しないでも浴衣姿になれますよ。

 

 

スポンサーリンク


 

伊達締めなしでの浴衣姿と注意点

 

伊達締めがなくても浴衣姿になれますが、おはしょりの形が安定しないということはあります。

 

また衿がゆるみやすいということもあります。

 

というのも、伊達締めをすることで、おはしょりの形を整え、衿の形を安定させることができるからです。

 

写真のように伊達締めをしない状態で帯をすることになりますから、最初はよいのですがしばらく動くと、あげて整えたおはしょりが下がってもどりやすくなるのはしかたありません。

 

伊達締めなしの浴衣

 

浴衣の丈が長く、おはしょりを長くとらなくてはならない浴衣ですと、おはしょりが帯の下から出てきて見た目がよくないです。

 

ちょうどの丈の浴衣なら、帯の下から出ても、そんなに気にならないでしょう。

 

「おはしょりだけのことなんだから気にしないワ」というのならそれでOKです

 

 

伊達締め有りでの浴衣姿と利点

 

伊達締めがない浴衣の着方でも、浴衣に慣れていると、これらを解消しながら着続けることができるようになります。

 

しかし「浴衣を着るのは初めて」「浴衣は久しぶり」となると、崩れてきた着付けを直そうとしてもうまくいかないものです。

 

そういう方が多いため、「伊達締めを使っておはしょりの形を整え衿も整え」ようとしているのが今の着付け方です。

 

現代の着付け方は、おはしょりの底が床と並行でまっすぐ、衿はゆるみなくぴったりしている、衣紋(えもん)が適度に抜けているという着方です。

 

その浴衣姿になろうとすれば、伊達締めを一本利用するだけで、それが実現できるすぐれものですので、和装をする人は当たり前に使っています

 

でも今手元にはない、どうするかですが、腰ひもを代わりに利用します。

 

 

伊達締めの代わりに腰ひもを利用してみる

 

伊達締めがないとき、腰ひもで代用しましょう。

 

もう一本腰ひもがあるなら、この方法を試してください、おはしょりの形を整えることができますよ。

 

おはしょりの内側の身頃を上にたくしあげて、表側の身頃を必要な長さまで上にあげ、おはしょりの底を平らにします。

 

後ろ側も同じ位置までおはしょりの底をあげて整えます。

 

脇にシワがあればタックをとってください。

 

こうすればおはしょりの形が整います。

 

そこに帯で隠れる位置に腰ひもを締めておけばOKです。

 

伊達締めの代わりに腰ひもで代用した浴衣の着方

 

おはしょりの内側だけたくし上げるのが面倒であれば、二枚一緒に胸紐に近い方をあげてください。

 

伊達締めしているのと同じように、おはしょりの形を整えておけます。

 

そして帯をすれば、おはしょりが整ってすっきりした着姿になれます。

 

伊達締めの代わりに腰ひもで代用した浴衣着付け

 

「でも腰紐の余分がない」というときは・・・・薄手のビニールテープや細い紐などで、腰ひもの代わりにしてみてください。

 

この上に帯を締めるので、何を使っているのかはわからないですから。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

 

衿もおはしょりも気遣いし過ぎないと気楽に考えてもいい

 

浴衣を着るといっても、人によって目的や意識が違うため、どんなスタイルを目指しているのかは違いがありますね。

 

「お出かけ着として浴衣を着るのだから、きっちりと着たい」と考える人と、「遊び着なんだからゆるっと気楽に着たい」と考える人。

 

年齢が上がると前者の考え方を、若い方は後者の考え方をする人が多いかと思います。

 

どちらでもご自分がいいと思う方を選んで着ればよいのです。

 

昔の女性たちの写真を見たことがありますか?

 

着物の着方は、着物が日常だった時代とは少し変化しているのに気付きます。

 

明治から昭和の初期までの写真を見ると、着物姿のおはしょりを整えるという習慣はなかったように思える写真ばかりです。

 

分厚いおはしょりが帯の下から出ていますが、それが当たり前だったようです

 

当時写真を撮るというのは、単なるスナップ写真ではありませんから、記念日の撮影がほとんどです。

 

そうしたきちんとした場面での着方が、おはしょりをあえて処理しない着方なのです。

 

衿は詰め気味で帯を高く締め、「これではバストが窮屈でしかたないのに」と思える着方をしています。

 

当時は着物を着るのが日常なので、着方にたいする意識も現代とは違っていたようです。

 

そんな時代のことも思い起こせば、浴衣をワンピースやスーツのようにきちんと感を出して着たいのか、それとも部屋着に近いサマードレス(アッパッパーとかムームーとも)のように楽に着たいのかの違いで、着方は自然と変わってきます。

 

「お出かけ着の浴衣」として着たいなら、伊達締めを利用することで、衿もおはしょりも整ったゆるみのない着方ができるようになりますし、

 

「カジュアルで楽ちん浴衣」として着たいなら、伊達締めなしでも特に問題なしということでしょう。

 

衿についてはお顔のすぐ下にあるので、あまり緩んでいるとだらしなく見えてしまうので、そこは気を配ってほしいものですが。

 

 

衿が緩まない着付けポイント

 

「カジュアルで楽ちん」に浴衣を着たいあなた、だからといって衿がゆるゆるでだらしなく見える着方をしていたいですか?そんなことありませんよね。

 

それなら、こんなポイントを押さえて浴衣を着てみてください。

 

浴衣の丈が自分に合っているのを前提にお話しします。

 

・衿は深めに合わせる。

 

・二本目にする紐(腰ひも)は、バストのすぐ下で、ややきつめに締める(みぞおちを避けて結び目を)。

 

・おはしょりの底はぼこぼこしない程度に整えたら、あとは気にしない。

 

この状態で帯を締めてください。

 

伊達締めなしでの浴衣の着付け方

 

後ろ側は前のおはしょりの底に高さを合わせてください。

 

伊達締めなしで浴衣の着付け方後ろ側

 

そしてあまり激しい動きは控えて、腕を高くあげる動作も控えてくださいね。

 

浴衣は洋服と違って、体の動きに適するような形に縫製されてません。

 

そのため動きがちょっと制限されてしまうのです。

 

この状態のまま(伊達締めなし)で帯を締めるとこんな風になります。

 

伊達締めの代わりに腰ひもで代用した浴衣着付け

 

おはしょりのは底をまっすぐにしただけなので、ちょっとぼこっとしていますし、長さもやや長いですが、気にしないようにしましょう。

 

 

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひも利用で対処の方法ものまとめ

 

伊達締めは衿とおはしょりを整える役目があり、現代の和装の着方では、伊達締めを利用した着方が勧められています。

 

伊達締めがなくても慌てないで、腰紐がもう一本あればおはしょりを整えることができます。おはしょりを整えたら腰ひもで留めます。

 

「カジュアルで楽ちん」に浴衣を着たいなら、衿は深めに合わせ、二本目にする紐(胸ひも)は、バストのすぐ下でややきつめに、おはしょりの底はぼこぼこしない程度に整えたら、あとは気にしない。

 

カジュアルで楽ちんとはいっても、バストヒップとウエストの差が大きい人は補正のタオルをウエストに巻いておくと衿が緩みにくいですよ。

 

◆市販の伊達締めに代わる手作り品を紹介します。年中使え、洗い替えもできるのでけっこう便利。
 ↓↓
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで
浴衣のたたみ方(男女)順をおって解説しています見ながらやってください
浴衣のときの半幅帯・名古屋帯・兵児帯・合わせ方も紹介してます
プチ兵児帯のごく簡単なアレンジ5選・浴衣姿をキュートに華やかに!
旅館の温泉浴衣の着方(男女)を解説しています・そのとき気をつけたいことも
子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を写真とともに解説しています
子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)
子供(女の子)の浴衣と可愛いい帯結び(蝶結びアレンジ)
子供(男の子女の子両方)の浴衣(ゆかた)のたたみ方を写真とともに解説してます
2017年浴衣で遊ぶ夏祭りや花火大会、気をつけることは?東海と東京の大花火大会
下駄で痛い!鼻緒ずれの予防や防止方法はこれ・安心なお出かけを
東海エリアの花火大会2017年・長良川・岡崎・豊田・三重県熊野市
粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作にも配慮
浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店〜量販店の特徴はこうです
浴衣(ゆかた)の洗濯・洗い方・自分でできる簡単なお手入れ方法です
浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)
男性の浴衣の着方・着付け方と「片ばさみ」帯結びを写真つきで説明中
メンズ(男性)の浴衣帯結び「貝の口」「浪人結び」を写真付きで説明中・浴衣の着方も
浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?
浴衣を反物から仕立てるにあたってそのメリットや費用のことを考えてみる
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法
浴衣を通販で買うとき迷ったら・選び方は好みのキーワードを
浴衣のレンタル・有名観光地で借りるイベント利用に便利に活用
浴衣のときの下着や肌着・何を着るといいか詳しくお話します
浴衣でデート・お出かけの前の準備はこれで安心・初心者向け
浴衣でお出かけデート・薄化粧・利用したい和の小物などまとめました
浴衣(ゆかた)の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方はこれ
着物と浴衣の違いは何ですか?よくいただく質問です
「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいことをまとめました
体型をカバーする大人の浴衣と帯結び・40代50代60代
浴衣(ゆかた)のときにする帯締めとそのアレンジおすすめ集
浴衣で犬山・お得がいっぱいのワケ・納涼スィーツだけじゃない!
兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ
京のはんなり浴衣姿・京女に憧れて
浴衣のツンとした臭い(におい)の消し方おすすめ方法・シーズン初めに気をつけて
浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ・仕立てが向く人メリットは
「京の浴衣(ゆかた)」はんなり大人の最高級浴衣の魅力
2015年浴衣トレンドは?新しく買うならどんな柄ゆかた?
京都で磨くゆかた美人「さんずいの涼を楽しむ」第9回(最終回)NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「浴衣に愛を」第8回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「めざせ!イケメンゆかた」第7回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「手作り小物で遊ぶ」第6回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「自分でできる ゆかたのヘア&メイク」第5回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」第4回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「TPO別マナー」第3回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「すっきり見える浴衣の着付け」第2回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「似合うゆかたはこう選ぶ」第1回NHK趣味Do楽
2014浴衣トレンドはレトロ・古典柄ってどんな柄?
浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方