着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例

着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例

スポンサーリンク

着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例

40代紬着物のコーディネート例

「着物を始めたいけど、どうやって着物を楽しんだらいいのかよくわからない」ですね。

 

着物のおしゃれ着の中で、「紬の着物」はおしゃれ着や外出着として気軽に袖を通せる着物です。

 

紬の着物のコーディネートの例を紹介しますので、あなたの着こなしの参考にしてくださいね。

 

「一般的なコーディネート例ならこんな風に」という一例です。これは管理人の少ない手持ちのワードローブの中からのものなので、あくまで参考として。

 

これから帯や小物を買い足せば、また違ったコーディネートが楽しめるかも?と期待をもって組み合わせてみました。

 

そして帯揚げの出し方や、帯締めを変えることでやや雰囲気を好みに変えることもできるのでやってみました。

 

スポンサーリンク


 

紬の着物と織りの帯のコーディネート例

40代紬着物のコーディネート例

 

これはちょっと地味目な紬の着物です。

 

模様は一見木目のようなマーブルのような模様ですが、立涌文(たてわくもん)と呼ばれる波状の線が向かい合って対照的に繰り返される文様です。

 

この立涌文(たてわくもん)を緯糸(よこいと)で何層にもなるよう細かい織り模様にした紬の着物です。

 

着物はかなり古いもので、裏地に紅絹(もみ)と呼ばれる薄い赤い絹生地が使われています。紅絹(もみ)は昭和初期の着物によく使われていた裏地です。

 

 

 

 

 

40代紬着物のコーディネート例

 

帯は濃い赤地に鎌倉文(かまくらもん)と呼ばれる丸の中に花や蝶や器物などを紋のように図案化した数種類の丸紋をちらしたもののおしゃれ版といった織りの名古屋帯です。

 

可愛らしい文様が目を引きますので、40代の方には抵抗があるかも?しれませんが、着物を地味なものにして、お太鼓を小さ目にすれば、まだまだ利用できます。

 

手胴がやや短いので、私が締めると手先がお太鼓の端からでなくなります。^^

 

帯締めは丸ぐけの赤地に黒の格子。帯揚げは茶色の縮緬で無難にまとめました。

 

この帯には帯揚げを主張しすぎない方がいいかと思いました。

 

 

帯揚げの飾り方を変えて帯締めをどっしりしたものに変えてみると

40代紬着物のコーディネート例

 

同じ着物と帯と帯揚げですが、帯揚げをもっとあっさり飾りました。

 

中央の結び目をつくらず、帯揚げの端を帯の中に入れ込んでしまいました。

 

そして帯締めはさきほどのものを平組のものに変えました。

 

幅がかなりあって存在感がありますが、色目は茶系で控えめな帯締めです。

 

これで帯の可愛らしさを少し帳消しにできたかな?

 

 

 

 

 

40代紬着物のコーディネート例、裏地は紅絹

 

衿には赤紫色の細かい模様の半襟をつけました。

 

やはり白より遊び感があって、カジュアルな雰囲気になります。

 

できるだけ半襟をたっぷり見せるようにするといいですよ。

 

 

 

 

 

裏地は紅絹(もみ)

40代紬着物のコーディネート例、裏地は紅絹

 

紅絹(もみ)というのは薄い赤い絹生地です。

 

昭和の初期にかけて最も利用されていた女性の着物の裏地です。

 

胴裏として利用している場合と、八掛にも使ってあるものがありますが、この着物は胴裏だけです。

 

実はこの着物を手にしてから、紅絹の生地の赤さ繊細さを知って、古いものでもあるので擦り切れないようにと、ほとんど手を通していません。

 

実際に見るととても明るい赤で、「猩々緋(しょうじょうひ)」という色名があるのですが、その色です。

 

「猩々緋(しょうじょうひ)」は「鮮やかな黄みの赤」、能の「猩々」の赤毛や装束などからともいわれる色名です。(と色の事典に書いてありました)

 

 

着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれまとめ

 

紬の普段着〜お出かけ着はどうしたらいいのか?と迷ったら、参考にしてください。

 

紬の着物は自分で好きなようにコーディネートすればよいのですが、好みが固まってくると組み合わせの帯を変えることもしにくくなります。

 

そんなときは帯揚げを変えるとか帯締めを変えるなどしてみるのが手っ取り早いです。

 

小物ならたくさんもっていませんか。

 

今回のコーディネート例での外出としては、友達とお茶、百貨店のショッピング、映画鑑賞、紅葉狩り、といった軽い遊びに向いています。

 

またこのコーディネートは秋を想定しています。だいたい10月中旬から11月一杯のあたりです。

 

でも文様にこれといった季節感はないので、浅い春にも大丈夫です。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方