衣桁(いこう)と乱れ箱・旅館のような和を感じる暮らし

衣桁(いこう)と乱れ箱・旅館のような和を感じる暮らし

スポンサーリンク

衣桁(いこう)と乱れ箱・旅館のような和を感じる暮らし

衣桁と乱れ箱

温泉旅館などに行って和室に入ると、部屋のすみに衣桁や乱れ箱の調度品が置いてあると思います。

 

乱れ箱には浴衣や帯がたたんで入れてある場合もありますね。

 

衣桁は着物を掛けておくもので、日常的に着物を着ていた時代には、どこの家にもある調度品でした。

 

ところが現代では、衣桁のある家庭はほとんどないでしょう、着物を着る機会のある人でも、利用している人はあまりいないようです。

 

乱れ箱についても同じで、「旅館で初めて見た」という人が多いでしょう。

 

古くからある温泉旅館でさえ、今やそれらを常備していないところもあって、だんだんと姿を消していっているのではないかと感じます。

 

洋服が主流になった現代では、必要性を感じないものですが、「衣桁も乱れ箱も、使ってみると案外便利」な実用的な面があります。

 

特に乱れ箱は、かなりのお役立ち品です。

 

自由な発想でこれらを使えば、和の雰囲気をもっと楽しめるようになると思います。

 

スポンサーリンク


 

 

衣桁(いこう)の使い方

 

衣桁には、鳥居型、吊り型、屏風(びょうぶ)型があります。

 

旅館の和室で使われるのは、L字型に置くことのできる屏風型が多いです。

 

衣桁と乱れ箱

 

L字型のよいところは、部屋のすみに沿って場所をとらずに着物を掛けることができる点と、たためるので使わないときはコンパクトにまとめることができる点です。

 

和服の場合は、羽織やコート、長着(着物のこと)、長じゅばんなど、身につけるものはみな平面の構造になっています。

 

たたむと平になるので、例えば長着なら長さを半分にして、衣桁に掛けると、場所をとらずに衣類の整理ができます。

 

帯締めや腰ひもなどの細いものも、同じようにかけてもいいですし、フックがあるのでそこに掛けるようにしてもかまいません。

 

時々着物を愛用する人は、衣桁があると着物で過ごすときの気分があがるかもしれませんよ。

 

もちろん旅館に行って衣桁を見つけたら、ぜひ利用していただきたいと思います。

 

とはいえ利用した浴衣や羽織をたたむことができないと、衣桁をどうやって使ったらいいのかわからないので、脱いだ浴衣や羽織が、たたみの上に放りだされることに・・・。

 

旅館の人も、わざわざ使い方を教えてくれたりはしないので、もし使い方がわからなかったら、旅館の人に尋ねてみてください。

 

それも和風旅館の楽しみのひとつになるのではと思います。

 

 

乱れ箱の使い方

 

乱れ箱も温泉旅館に行くと、目にすることのある調度品です。

 

部屋のすみに置いてあることもありますし、クローゼット(収納用たんす)の下に置いてあることもあります。

 

ふたのない長方形の浅い木製が一般的ですが、漆塗りのものもあります。

 

乱れ箱は、昔は手ぬぐいや櫛、懐中にしまう手回り品や、結髪をするときの道具などをいれておいたごく身近なものでした。

 

衣桁と乱れ箱

 

現代でも和室の旅館に置いてありますが、どんな風に利用されているのでしょう。

 

乱れ箱には特別な利用法があるわけではありませんから、旅館で見つけると、身の周り品で小さなものをここに入れておきます。

 

ふたがないので一目瞭然で、ちらからずに済んでとても便利だと感じます。

 

洋室に泊まると、腕時計や、アクセサリー、鍵、食事券やハンカチなどの小物が、テーブルの上にあちこち散乱することがあるのですが、そうしたわずらわしさは乱れ箱ひとつで解消するのにと感じることもあります。

 

乱れ箱に浴衣と帯が置いてあったら、ぜひ空いた乱れ箱を小物入れにして使ってみてください。

 

何が置いていあるのかすぐわかり安心ですし、必要なときさっと出せるので、食事や入浴で部屋を出るときも、さっと次の行動ができます。

 

お宿を後にするときは、浴衣を軽くたたんで乱れ箱に戻しておくと言うことなしですが、そこまではできなくても、日本の昔の暮らしをふと想像していただけるといいですね。

 

着物を愛好する方は、大き目の「マイ乱れ箱」があるといっそう着物で過ごす時間が楽しみになると思います。

 

今日のコーディネートを決めたら、箪笥や引き出しから乱れ箱に移して、着替えを始めてみてはどうでしょう。

 

着替え用としても、小物入れとしても便利に使える乱れ箱、あの浅さというか深さが絶妙です。

 

私の利用しているものは、たて32センチ、横40センチ、深さ4センチの浅いものです。なので寝るときの着替えを入れて枕元に置いたり、着物の着替えの小物を入れたりしています。

 

これくらいのものだと「小乱れ箱」でしょうか。

 

もっと深いものや一回り大きいものもありますから、本やメガネなど家の中での必需品を持ちまわるのにも利用できるかもしれません。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方