腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

スポンサーリンク

腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

腰ひもと伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

着物の着付けの必需品、腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めの、お手入れ方法とまとめ方をお伝えします。

 

腰ひもも伊達締めも、頻繁に洗う必要はありませんので、まずは次回使いやすいようにまとめておきましょう。

 

しまい方やまとめ方は、自分のルールを決めておくとなにかと便利なので、以下の方法を参考にしてください。

 

まずは腰ひもの手入れ、まとめ方から。

 

 

腰紐のお手入れの仕方

 

腰ひもは着物を脱いだらハンガーなどに掛けておき、体温と湿気をとばします。

 

その後シワとりを兼ねて五角形の形に巻いていきます。

 

この巻き方を「鉢巻だたみ」と呼んでいます。

 

この形にしておくと軽いシワはとれるので、アイロンをあてる必要がなくなります。

 

スポンサーリンク


 

腰紐のまとめ方・三種類紹介

 

シワがとれる鉢巻だたみの巻き方

 

腰紐の長さを半分にして、両端を合わせた方から、五角形に巻いていきます

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

五角形の形にたたんでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

最後は挟み込みます。

 

 

 

腰ひもの簡単なもう一つのまとめ方

 

もうひとつの方法は、長さを半分にして端の方から手に巻いていきます。

 

このまとめ方はとても簡単です、シワがない腰ひもに向いています。

 

腰紐のしまい方

 

 

最後を下の写真のように出しておくと、次回使うとき中央をひっぱるだけで着付けに使えます。

 

真ん中が手にとれるので、着付けしやすいですよ。

 

腰紐のしまい方

 

 

腰ひものしまい方四分の一サイズにしてまとめる

 

他に四分の一の長さにしてから、ひと結びしておくというのも収納しやすくていい方法です。

 

腰紐のしまい方

 

 

腰ひもの手入れ・洗い方

 

腰ひもは直接汚れるものではありませんのでめったに洗いませんが、汚れが気になるなら手洗いします。

 

<腰ひもの洗い方>

 

洗うときは、たらいや洗面所にをはって、中性洗剤を適量いれ、軽く押すかふり洗いします

 

すすぎは三回はおこなって洗剤が残らないようにします。

 

水がしたたり落ちるくらいに脱水するか、タオルドライします。

 

半がわきの状態で、アイロンをあてます。

 

化繊のものは洗濯機でもいいですが、脱水でシワができるのでアイロンをあてます。

 

 

伊達締めのお手入れの仕方

 

伊達締めも腰ひも同様、体温と湿気をとばすためにハンガーなどにしばらく掛けておきます。

 

しばらく利用しないなら、シワが強くついている場合は中温でアイロンをあててからしまいます。

 

私は博多織りの伊達締めの場合は、長さを半分にして、端を合わせた方からくるくると巻いていき、たてに収納しています。

 

伊達締めのしまい方

 

たたんでしまうときの注意

 

たたんで収納するのもかまいませんが、芯の部分をなるべく折らないようにしましょう。

 

伊達締めは中央に数十センチの範囲で芯が入れてあるか、または芯になるよう厚く織ってありますので、その部分はなるべく折らないでしまいましょう。

 

 

伊達締めのお手入れ・洗い方

 

伊達締めは湿気を吸うことはあってもそんなに汚れるわけではないので、頻回に洗う必要はありません。

 

伊達締めは芯がはいっていたり、糊づけして張りをだしているので、洗濯をすると柔らかくなってしまう場合があります。

 

そんなときは洗濯後に糊をつけて仕上がりを整えるとよいです。

 

伊達締めの洗い方

 

伊達締めの洗い方・洗う前の状態

 

たらいや洗面所に水をはって、中性洗剤を入れます。

 

手で軽く押すかふり洗いし、すすぎは三回ほどして、洗剤を残さないようにします。

 

水がしたたるくらいに脱水するか、タオルドライします。

 

伊達締めの洗い方・洗ってタオルドライした伊達締めとスプレーのり

 

半乾きの状態で アイロンをかけます。

 

伊達締めの洗い方・洗ってアイロンをかけていい仕上がりに

 

アイロンをかけただけでもこんなにピシッとした仕上がりになりました。

 

ただ、張りがなく柔らかくなってしまった伊達締めには、「スプレーのり」をつかって張りを持たせるとよいでしょう。

 

※色落ちするものもあるので気をつけてください。

 

※縮むことがあります。

 

 

腰ひもと伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

 

腰紐も伊達締めも、着物を脱いだ後は、湿気や体温を飛ばすためハンガーなどに掛けておきます。

 

シワが強く残っていれば、アイロンをあててから巻いたりたたんだりします。

 

あまり洗うものではありませんが、洗濯するなら中性洗剤ですすぎをよくしてください。

 

次回使いやすいように、また収納場所のことを考えて、しまい方は自分なりのルールを決めておきましょう。

 

 

伊達締めを洗ったら縮みました!

 

写真の左側のものは縮みはほとんどなかったのですが、右側のものは長さが6センチ縮みました

 

二回目からは変化しないとは思いますが、ものによっては縮むことがあります。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方