腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

スポンサーリンク

腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

着物の着付けの必需品の腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)め、使いやすいようにしておくと次回の着付けも楽になります。

 

着物を脱いだすぐでなくてもいいので、しまい方を自分のルールで決めておくと、後々いいですよ。

 

腰紐のお手入れの仕方

 

腰紐は着物を脱いだらハンガーなどに掛けておき、体温と湿気をとばします。

 

その後シワとりを兼ねて五角形の形に巻いていきます。この巻き方を「鉢巻だたみ」と呼んでいます。

 

こうしておくと、軽いシワはとれるので、アイロンをあてる必要がなくなるので便利です。

 

腰紐のまとめ方

 

鉢巻だたみの巻き方

 

腰紐の長さを半分にして、両端を合わせた方から、五角形に巻いていきます。

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰紐の鉢巻だたみ

 

 

 

 

 

 

最後は挟み込みます。

 

 

スポンサーリンク


 

もうひとつの方法は、長さを半分にして端の方から手に巻いていきます。

 

腰紐のしまい方

 

 

最後を下の写真のように出しておくと、次回使うとき中央をひっぱるだけで着付けに使えます。

 

真ん中が手にとれるのがいいですよ。

 

腰紐のしまい方

 

 

他に四分の一の長さにしてから、ひと結びしておくというのも収納しやすくていい方法です。

 

腰紐のしまい方

 

 

腰紐は直接汚れるものではありませんのでめったに洗いませんが、洗うときはモスリンや絹素材のものは、中性洗剤でそっと押し洗いして、タオルで水分をとったら、アイロンをあてしわを伸ばしておきます。

 

 

伊達締めのお手入れの仕方

 

腰紐同様、体温と湿気をとばすため、ハンガーなどにしばらく掛けておきます。

 

シワが強くついている場合は、中温でアイロンをあててからしまいます。

 

私は博多織りの伊達締めの場合は、その後長さを半分にして、端を合わせた方からくるくると巻いていき、たてに収納しています。

 

伊達締めのしまい方

 

たたんで収納しやすくするのもよいですが、伊達締めは中央に数十センチの範囲で芯が入れてあるか、または芯になるよう厚く織ってありますので、その部分はなるべく折らない法がいいでしょう。

 

伊達締めは芯がはいっていたり、糊づけして張りをだしているので、洗濯をすると柔らかくなってしまう場合があります。

 

メッシュやゴム素材の伊達締めもあり、マジックテープがついているものは扱いやすいので人気のようです。

 

これらは四分の一の長さにたたんで、重ねてもいいですし、とりだしやすくたててもいいです。

 

お手入れ法は添付の取り扱い表示にしたがってください(中性洗剤で押し洗い)。

 

 

腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

 

腰紐も伊達締めも、着物を脱いだ後は、湿気や体温を飛ばすため、ハンガーなどに掛けておきます。

 

シワが強く残っていれば、アイロンをあててから巻いたりたたんだりします。

 

あまり洗うものではありませんが、洗濯するなら中性洗剤で手で押し洗いがよいです。

 

次回使いやすいようにを考えて、しまい方を自分なりに決めておくとよいですね。



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方