浴衣3点・5点セットなどセットもので気をつけたいことです

「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいことをまとめました

スポンサーリンク

「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいことをまとめました

浴衣を着た女性古風な街で

浴衣を選ぼうとすると、「3点セット」や「5点セット」、または「7点セット」といったセットがあることに気がつきます。

 

店頭でも前面に並んでいるのを見たことがあるでしょう。

 

着物とは違い呉服店でも、浴衣の場合はセットされた商品のラインナップがとても多いです。

 

それはセットにしあれば初心者の方やコーディネートに悩みたくない人にとっては好都合だからです。

 

ただこうした「浴衣3点セット」や「ゆかた5点セット」で購入するとき、注意したいことがあります。

 

店頭にあるセット内容に、あなたの欲しいものはちゃんとはいっていますか?

 

すてに持っていて必要のないものまでセットされていませんか?

 

買ってからしまった!ということのないように確認してくださいね。

 

スポンサーリンク


 

浴衣のセット販売の内容はさまざまです

 

浴衣のセット販売で、一番多いセットが「3点セット」でしょう。

 

店頭にまとまって吊るしてあるコーナーがみあたります。

 

よく見かけるのですが、この浴衣の3点セットの内容は、どこも同じかというとそうでもありません。

 

浴衣3点セットの内容

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

たいていは「浴衣と帯と下駄」の三点なのですが、中には下駄でなく帯締めだったり軽装帯だったりすることがあります

 

「浴衣と帯と下駄」というのは浴衣で出かけるとき必ず必要になるものなので、このセットが多いのは確実です。

 

全く浴衣を着たことのない初めての人は、この3点セットがあれば組み合わせを考えることなくあんしんです。

 

でもこれだけでは足りません。加えて、腰ひもや伊達締めなどの小物を用意することになります。

 

「浴衣3点セット」で、「浴衣と帯と帯締め」というセットもあります。

 

これは下駄がなく帯締めがあるということなので、すでに下駄は持っているか別途好みのものを買い足す予定という人向けです。

 

帯締めがあるので大人っぽい雰囲気を出したい人によいと思います。

 

また「浴衣3点セット」で、「浴衣と帯と軽装帯」というセットもあります。

 

帯は浴衣用に使う帯で、軽装帯というのはお太鼓の形になった作り帯で、浴衣を夏の着物のように着こなすときのものです。

 

そういう着方ができる浴衣なので、この3点セットの場合は、浴衣が上質で落ち着いた雰囲気のものになっています。

 

年齢がやや高めの人向きのセットでしょう。

 

最も多い「浴衣と帯と下駄」のセットの特徴

 

浴衣を着ようとして選ぶ浴衣セットですが、初めて浴衣を着る人にとっては、一般的な「浴衣と帯と下駄」のセットがやはり人気です。

 

大量に作るためか、お値段も数千円から1万円ちょっとくらいで用意されています。

 

このお値段の範囲で、お値段の幅で何が違うのかというと、お高いものは浴衣の生地がよかったり、浴衣の柄のデザインが高級感のあるものになったり、帯がやや上等であったりします。

 

セットの中の下駄は、セット価格が高額であってもほとんど変わりばえしません。

 

セットの中の下駄の特徴

 

浴衣セットの注意点

 

下駄については中くらいの足のサイズの人には問題なくはけるでしょう。

 

こういうセットの下駄は、フリーサイズになっていて、23センチから24.0センチの人に対応しているようです。

 

しかしやや大きい人は、痛くて履けないこともあります。

 

また足の小さい人は、履きづらさを感じることもあります。

 

足の大きい人小さい人は、自分に合わないこともあり、別途買い足すことになります。

 

浴衣5点セットの内容と特徴

 

浴衣のセットには他に「5点セット」というセットもよく見かけます。

 

余分に2点プラスされている内容が、各店バラバラですので、5点の内容をしっかり確認してください。

 

浴衣5点セットには、一般的な3点セットに、腰ひもや着付けDVDがプラスされていたり、髪飾りと帯紐がセットされていたり、帯板と衿飾りがセットされていたりと、様々です。

 

それより多い「7点」「10点」セットもある

 

近年では飾り物が多くなっているので、「7点セット」「10点セット」など、セットの内容が充実しているものも出ています。

 

セットの内容の点数が多くなればいいというものでもなく、自分に本当に必要なものかどうかは、よく考えてみてくださいね。

 

若い方なら、雑誌のモデルさんのようにスキのないコーディネートで決めるために、豪華10セットを選ぶというのもありですね。

 

一方すでに浴衣の着用経験がある方だと、およそのものは持っているはずなので、セット内容と重複するものが出てくるかもしれません。

 

でもすでに持っている小物などを点検してみて、セット内容と重なるかどうかなどを確かめて購入してください。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

セットの浴衣サイズについての注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性二人

 

浴衣セットの浴衣のサイズは、主にフリー(F)と表示されていることが多いです。

 

MやLの表示もありますが、このごろはフリー(F)が増えています。

 

フリー(F)の場合は、このサイズ展開しかないということで、誰でも着られそうではあります。

 

洋服でMやLサイズをいつも着ている人は、フリーサイズで問題はないでしょう。

 

というのも浴衣のフリーサイズは、裄丈(ゆきたけ)67〜68センチ、袖丈49センチ、着丈163〜165センチの表示がほとんどだからです。

 

この表示だと身長155センチくらいから170センチくらいの人までが着られます

 

これより低い方も着られますが、おはしょりが多くなり、袖が長く感じられます。

 

また170を超える身長の方でも、裾を短くすれば、なんとか着られると思います。

 

細身の人はフリーサイズが大きく感じる

 

浴衣の身幅は誰でも着られるようにということで、かなり余裕をもって作られています。

 

そのため細身の方には幅が広すぎると感じるくらいでしょう。

 

だいたいヒップが100センチくらいの方まで、フリーサイズは着られるようになっているはずです。

 

お求めになる浴衣セットのサイズ表示は、フリーなのかMなのかLなのか、店員さんにも確認してください。

 

セットになっているものは試着できないものもありますので、ご注意ください。

 

セットの帯の注意点

 

うちわをもったゆかた姿の女性ひとり微笑む

 

浴衣セットの帯も、確認してみてくださいね。

 

全くの初心者の方で帯を結べないという方は、帯が作り帯(造り帯)になっているものが便利でしょう。

 

帯のつけ方は、たぶん説明書が添付されているはずです。

 

作り帯でない帯、いわゆる細長いままの帯がセットされている浴衣セットもあります。

 

いわゆる普通の帯ということですが、これだと自分で結ぶか誰かに結んでもらうことになります。

 

結べないけどやってみたい方は、帯の結び方の説明書がついているかを確認しておきましょう。

 

もしすでに浴衣を持っていれば、セットの帯が手持ちの浴衣と合うかも考えてみるといいですね。

 

コーディネートの幅を広げるつもりで、セットの帯の色などから浴衣を考えるというのも、着回しが増えていいと思います。

 

 

「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいこをまとめました・まとめ

 

浴衣のセットものを選ぶときは、セット内容をよく確認してください。

 

特にセット内容が7点、8点それ以上と多いものは、手持ちのものと重複がでるかもしれないので、内容をよく確認してください。

 

下駄の大きさ、浴衣の大きさは、自分に合う範囲かどうかを確認してください。

 

帯は作り帯が初心者向きですが、大人っぽくしたいときはやはり普通の帯を結ぶとよいと思います。

 

帯は自分で結べるよう努力してみてもいいですし、できる人に頼めればそれでもいいですね。

 

購入する帯や浴衣と手持ちのものが組み合わせられるよう、お買い物のときに考えると楽しいですよ。

 

 

浴衣に関するお話を、多数用意していますので、参考にしてくださいね!

 

きらこ よしえ

 

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで
浴衣のたたみ方(男女)順をおって解説しています見ながらやってください
浴衣のときの半幅帯・名古屋帯・兵児帯・合わせ方も紹介してます
プチ兵児帯のごく簡単なアレンジ5選・浴衣姿をキュートに華やかに!
旅館の温泉浴衣の着方(男女)を解説しています・そのとき気をつけたいことも
子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を写真とともに解説しています
伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひも利用で対処の方法も
子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)
子供(女の子)の浴衣と可愛いい帯結び(蝶結びアレンジ)
子供(男の子女の子両方)の浴衣(ゆかた)のたたみ方を写真とともに解説してます
2017年浴衣で遊ぶ夏祭りや花火大会、気をつけることは?東海と東京の大花火大会
下駄で痛い!鼻緒ずれの予防や防止方法はこれ・安心なお出かけを
東海エリアの花火大会2017年・長良川・岡崎・豊田・三重県熊野市
粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作にも配慮
浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店〜量販店の特徴はこうです
浴衣(ゆかた)の洗濯・洗い方・自分でできる簡単なお手入れ方法です
浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)
男性の浴衣の着方・着付け方と「片ばさみ」帯結びを写真つきで説明中
メンズ(男性)の浴衣帯結び「貝の口」「浪人結び」を写真付きで説明中・浴衣の着方も
浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?
浴衣を反物から仕立てるにあたってそのメリットや費用のことを考えてみる
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法
浴衣を通販で買うとき迷ったら・選び方は好みのキーワードを
浴衣のレンタル・有名観光地で借りるイベント利用に便利に活用
浴衣のときの下着や肌着・何を着るといいか詳しくお話します
浴衣でデート・お出かけの前の準備はこれで安心・初心者向け
浴衣でお出かけデート・薄化粧・利用したい和の小物などまとめました
浴衣(ゆかた)の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方
着物と浴衣の違いは何ですか?よくいただく質問です
体型をカバーする大人の浴衣と帯結び・40代50代60代
浴衣(ゆかた)のときにする帯締めとそのアレンジおすすめ集
浴衣で犬山・お得がいっぱいのワケ・納涼スィーツだけじゃない!
兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ
京のはんなり浴衣姿・京女に憧れて
浴衣のツンとした臭い(におい)の消し方おすすめ方法・シーズン初めに気をつけて
浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ・仕立てが向く人メリットは
「京の浴衣(ゆかた)」はんなり大人の最高級浴衣の魅力
2015年浴衣トレンドは?新しく買うならどんな柄ゆかた?
京都で磨くゆかた美人「さんずいの涼を楽しむ」第9回(最終回)NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「浴衣に愛を」第8回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「めざせ!イケメンゆかた」第7回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「手作り小物で遊ぶ」第6回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「自分でできる ゆかたのヘア&メイク」第5回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」第4回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「TPO別マナー」第3回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「すっきり見える浴衣の着付け」第2回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「似合うゆかたはこう選ぶ」第1回NHK趣味Do楽
2014浴衣トレンドはレトロ・古典柄ってどんな柄?
浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方