ひとえの着物(裏地のない着物)のお手入れ

ひとえの着物(裏地のない着物)のお手入れ

スポンサーリンク

ひとえの着物(裏地のない着物)のお手入れ

単(ひとえ)の着物の上半身部分・裏地なし

(ひとえの着物の上半身部分・裏地なし)

 

 

ひとえの着物は脱いだら着物ハンガーに掛けて、体温や湿気をとばすため2時間以上おきます。

 

汚れやほつれなどがないかを確かめてから、たたんで収納します。

 

部分的な汚れがついてしまったら、下側に白い木綿の布を敷き、汚れをそこに移すように、中性洗剤を薄めた液を少しのせて、上から白い布でとんとんとたたき汚れを移します。

スポンサーリンク


 

その後よく絞ったタオルで何度か同じ作業を繰り返しておきます。

 

ウールや木綿の着物は、目だった汚れがなくても、何度か袖を通していればひとシーズン終わるときに、中性洗剤で手洗いをします(洗濯機でおしゃれ着洗いも可能)。

 

 

単(ひとえ)の着物の下半身部分・裏地なし

(ひとえの着物の下半身部分・裏地なし)

 

 

夏物や薄物の着物は、汗を吸収していることがあるので、脱いですぐにでも、汗がついたと思われる箇所の下に、白い布を敷いて、着物の上からよく絞った白いタオルで、とんとんと軽くたたき、汗を移します。

 

こうしておくと汗のシミが残りません。その後着物ハンガーに掛け、湿気がなくなってからたたんで収納します。

 

夏物でも麻や木綿で、手洗いできそうなものは、ハンガーに掛けてから汗のついたと思われる箇所に、霧をふいておくと汗を飛ばせます。

 

大きくて気になるシワは、アイロンをあててとりますが、小さいシワならそのままにするか、寝押しをすればシワがとれます。

 

寝押しは、きちんと着物をたたんで三つ折りにし、畳(またはカーペット)の上に、上下から薄い板ではさんで、その上に布団をのせます。

 

夜なら敷いた布団に寝てもいいですし、折りたたんだ布団をのせるか、座布団をのせ座るのでもいいです。

 

薄い板のかわりに、厚めのダンボール紙、凹凸のないきれいなシーツやタオルでも代用できます。

 

寝押しの時間は4〜8時間ほどですが、木綿は座布団をのせておく程度で軽くすませます。

 

寝押し後は、一度着物ハンガーにつるして全体のシワが無いか確認してから収納してください。慣れればそのまま収納できます。

 

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方