長じゅばんのお手入れ

長じゅばんのお手入れ

スポンサーリンク

長じゅばんのお手入れ

長じゅばん・着物ハンガーに掛けてあるところ

(長じゅばん三枚が着物ハンガーに掛けてあるところ)

 

長じゅばん(長襦袢)は着物の内側に着る下着です。

 

長じゅばんの基本のお手入れ方法ですが、脱いだら着物ハンガー(洋服用のハンガーでも)に掛けて、湿気や体温が抜けるまでしばらく吊るしておきます。

 

半衿の汚れがなく、シーズン中にまた着る機会があるのであれば、そのままたたんで収納します。

 

長じゅばんのたたみ方はこちらです⇒「長じゅばんのたたみ方はこちらをご覧ください

 

頻繁に着るのであれば、着物ハンガーなら掛けっぱなしでも問題はないです。

 

スポンサーリンク


 

半衿の洗いについて

 

半衿の汚れが目立つようであれば、取り外して洗います。

 

半衿の汚れは主に首にあたるところがうっすらと線のように汚れますので、そこを中性洗剤をとかした液につけて、手洗いします。

 

手でもんで落ちない汚れであれば、やわらかいブラシに洗剤をつけて軽くこすって落としますが、絹の半衿は丁寧に扱ってください。

 

よくすすいで水分をタオルでふきとってから、半乾きになるまで干すかそのままアイロンで仕上げます。

 

(アイロンをかけるときは裏側からかけるかあて布をしてください)

 

洗い終わった半衿はすぐ使わないときはたたんで収納しますが、すぐに長じゅばんに取り付けてしまっておくと、次回着物を着るときにあわてなくてすみます。

 

 

洗える長じゅばん

 

絹の長じゅばんの中には洗えるものもあります。

 

やはり洗えるものに人気があるようです。

 

洗える長じゅばんはその指示に従って洗います。

 

洗えない絹の長じゅばんは、シーズンの終わりにクリーニングに出すようにします。

 

夏の麻の長じゅばん、木綿の長じゅばん、ポリエステルの長じゅばんなどは家庭でも洗うことができますので、手洗いまたは洗濯機で洗い、脱水は短めにします。

 

家庭で洗える長じゅばんの場合は、着る回数が少ない方は、半衿を取り外さず、そのまま洗ってしまう方もあります。(半衿付けの手間がはぶけるのでいいですね)

 

長じゅばんと同じ働きのある、上下にわかれた長じゅばん(半じゅばんと裾よけにわかれているもの)がありますが、これも長じゅばんと同じように扱います。

 

半じゅばんの場合は、半衿を取り外して洗うのもいいですし、半じゅばんのまま洗ってしまって取り付けの手間を省いてもいいです。

 

半じゅばん・裾よけのセットは、木綿やポリエステル素材を用いたものが多いので、汗をかきやすいシーズンに利用して半衿をつけたまま洗濯機で洗うという方も多いと思います。

 

長じゅばんのお手入れ・まとめ

 

脱いだら湿気や体温が抜けるまでしばらく吊るしておきます。

 

半衿の汚れが気になるときは、はずして丁寧に手洗いします。

 

洗える長じゅばんは、半衿をつけたまま洗ってもよいです。

 

洗えない長じゅばんはシーズンオフにクリーニングに出します。

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方