長じゅばんのお手入れ・半衿の洗い方

長じゅばんのお手入れ洗い方・半衿の洗い方

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「長じゅばん」のお手入れ洗い方・「半衿」の洗い方

長じゅばんのお手入れ洗い方・半衿の洗い方

 

長じゅばんにのお手入れ・洗い方、半衿の洗い方をお伝えします

 

長じゅばん(長襦袢)は着物の内側に着る下着で、「半衿」とよぶ衿をつけて着用します

 

長じゅばんは、脱いだら着物ハンガー(または洋服用のハンガー)に掛けておきます。

 

湿気や体温をとばし、シワをとるためです。

 

「半衿」の汚れがなく、汗をかいていなければ、たたんで収納します。

 

着物ハンガーならかけっぱなしでも特に問題はありません。

 

ここでは最初に「半衿の洗い方」を、次に長じゅばんとのお手入れをお伝えします

 

スポンサーリンク


 

「半衿」の手入れ、洗い方

 

半衿の汚れが目立つようであれば洗います。

 

取り外す場合とそうでない場合があります。

 

 

半衿を取り外す場合

 

半衿を取り外して洗った方がよい場合があるので並べてみます。

 

  • 半衿、長じゅばんのともに絹素材の場合
  •  

  • 半衿が洗えるもので長じゅばんが絹素材の場合
  •  

  • 半衿が絹素材で長じゅばんはそれ以外の場合

 

 

半衿を取り外さなくてもよい場合

 

  • 半衿、長じゅばんとも洗える素材の場合

 

 

絹素材の半衿の洗い方

 

半衿は、どんな素材も手洗いした方が汚れを落としやすいと思います。

 

特に絹素材の半衿はとてもデリケートなため、取り外して単独で手洗いします。

 

 

汚れの部分を集中的に洗う

 

半衿の汚れは、首に触れるところがうっすらと汚れます。

 

<洗い方>

 

  • たらい、洗面器などに水をはって、中性洗剤をとかします。
  • 軽くもむように手洗いします。
  • 落ちない汚れは、やわらかいブラシにおなじ洗剤をつけてたたくように落とします。
  • よくすすいでからタオルで水分をふきとり、アイロンで仕上げます。

 

※アイロンをかけるときは裏側からかけるかあて布をします。

 

洗える素材の半衿の洗い方

 

木綿やポリエステルなどで洗える素材の場合は、絹ほど優しく洗う必要はありません。

 

普通の洗濯洗剤でもOKで、柔らかいブラシを使うのは同じです。

 

 

次回のために取り付ける

 

洗い終わった半衿はすぐ使わないときはたたんで収納します。

 

次回着物を着るときのために、長じゅばんに取り付けておくのがベターです。

 

 

長じゅばんの俺入れ・洗い方

 

若い女性着物姿二人お花見

 

洗える絹の長じゅばんは洗濯指示で

 

絹の長じゅばんの中には、「洗える」と表示のあるものがあります。

 

「洗える長じゅばん」として購入したものは、その「洗濯の指示」に従って洗います。

 

たいていは、「中性洗剤を用いて単独で手洗い」をします。

 

<洗える絹の長じゅばんの洗い方の基本>

 

  • 基本は、中性洗剤を利用して軽く押し洗い
  • よくすすぐ
  • 軽く脱水
  • すぐにアイロンするか半乾きでアイロン

 

 

洗えない絹の長じゅばん

 

洗えない絹の長じゅばんは、家庭での手洗いをすると縮んだり型崩れすることがあるので、クリーニングに出すようにします。

 

その際は半衿はとらなくてよいです。

 

 

洗える長じゅばん(麻・木綿・ウール・ポリエステル)

 

長じゅばんに伊達締め

 

家庭で洗うことのできる長じゅばんの素材です。

 

  • 「麻」の長じゅばん
  • 「木綿」の長じゅばん
  • 「ウール」の長じゅばん
  • 「ポリエステル」の長じゅばん
  • これらの混紡の長じゅばん

 

<洗える長じゅばん・洗い方>

 

  • 手洗い、洗濯機なら弱洗いかウール洗いで洗います
  • 脱水は短め(1分弱)にします

 

洗える半衿は、そのままつけて洗います。

 

そのとき半衿の汚れがひどいようなら、その部分に洗剤をつけておきます。

 

 

「半じゅばん」の洗い方

 

長じゅばんと同じ働きのある、半じゅばんにもふれておきます。

 

上下にわかれたじゅばんの上が「半じゅばん」下が「裾よけ」です。

 

これも長じゅばんと同じように扱います。

 

つまり絹素材のものであれば、単独で手洗いがよいです。

 

洗えるものは、洗いか洗濯機の弱モードで洗えます。

 

 

「長じゅばん」のお手入れ洗い方・「半衿」の洗い方・まとめ

 

長じゅばんを脱いだら、湿気や体温が抜けるまでしばらく吊るしておきます。

 

絹の半衿は取り外して洗います。

 

半衿、長じゅばんともに洗える素材なら、つけたまま洗ってよいです。

 

絹のものは手洗いでていねいに行います。

 

洗えない絹の長じゅばんは、専門店に半衿をつけたまま出します。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方