お手玉(座布団型)の作り方・誰でもできる写真付き手順

お手玉(座布団型)の作り方・誰でもできる写真付き手順

スポンサーリンク

お手玉(座布団型)の作り方・誰でもできる写真付き手順

座布団型お手玉・通常サイズの和柄お手玉

昔は女の子なら必ず遊んだお手玉、雨の日に女の子数人で遊び歌を歌いながら、けっこう真剣に競い合っていた記憶があります。

 

落ちるたび手に握るたびに、中の数珠がしゃらしゃらと音を立てるのもお手玉遊びのよさだったような気がします。

 

お手玉を作るには、この中身とほんの少しの余り布があればOKです。

 

着なくなった和服の生地で、色の組み合わせを考えながら作るのも楽しいものです。

 

もちろん洋服の生地でもかまいません。ほんの端切れでできちゃいます。

 

座布団型のお手玉は、四方を合わせて縫うので、四合わせ=しあわせ=幸せに通じるかも。

 

無邪気だった子供のころを思い出して作ってみました。

 

スポンサーリンク


 

座布団型お手玉の作り方

 

用意するもの

 

4.5センチ×9センチの和服の布を四枚(一辺が9センチの正方形を半分にすると簡単です)

 

四枚全部同じ生地でもよいですが、二枚を別のものにし、写真のように交互に並べると出来栄えがよいです。

 

お手玉の中身は、小豆、トウモロコシ、数珠玉、プラスチックペレットなどを、一つあたり30〜50グラムいれます。

 

(中身は乾燥していて虫がつきにくいものならなんでもOK)

 

 

座布団型お手玉の作り方

 

見本のものなので、黒のマジックで印をつけてあります。

 

そして大きさも9センチ×18センチと倍の大きさにしました。

 

座布団型お手玉・このように配置して印をつけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように布を表を向けておいて、ア⇒イ⇒ウ⇒エの順に5ミリの縫い代で縫います。

 

縫い始めと縫い終わりは、5ミリ開けて、そしてひと針返して縫うとよいです。

 

 

その後、同じ印同士を縫い合わせます

 

 

 

座布団型お手玉・アとアを縫い合わせました

 

まずアとアを縫い合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座布団型お手玉・アからエまでを縫い合わせました

 

そのあとエまで縫い合わせました。

 

表同士を縫い合わせています(中表に縫う)。

 

 

この後も同じ印同士を縫い合わせいき、一箇所だけ縫わずきおきます。

 

 

 

 

 

 

座布団型お手玉・一か所だけ縫い残す

 

一か所だけ縫い残してあるところ。

 

これを表に返して、空いているところから中身を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身を入れるには、紙をろうと状の筒にして流しこむとすぐに入れることができます。

 

お手玉に中身を入れる時使うろうととろうとじょうの紙筒

 

ろうと(じょうご)の調理用品があれば利用してください。

 

 

 

 

座布団型お手玉・中身を入れたら口を閉じます

 

中身を入れたら、縫い閉じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座布団型お手玉・半分サイズのものと比べると

 

出来上がったものを、通常使うサイズ(4.5センチ×9センチの布)で作ったお手玉と比べてみました。

 

写真のとおり、かなり違います。

 

今作ったものは、とても遊びには使えません。(^^;

 

 

 

 

 

 

座布団型お手玉・通常サイズで五つ作りました

 

そこで4.5センチ×9センチの布で5つ作りました。

 

このお手玉の中身は乾燥トウモロコシです。

 

とにかく布が小さいので最初は縫いにくいですが、頑張ってください!

 

着物生地で作ると、手触りがよくちょっと置いておくにもインテリア性があッていいと思います。

 

でも本格的にお手玉を使って遊ぶなら、適度な厚みの木綿の生地がおすすめです。

 

 

 

遊びに扱いやすいお手玉のサイズの布は、4.5センチ×9センチまたは5センチ×10センチのものです。

 

 

 

お手玉は、他に俵型のものもありますが、お手玉遊びをするには、座布団型の方が転がりにくく遊びやすいと感じます。

 

昔は5個でなく10個とかそれ以上使って、遊んだ記憶があります。(一人でもいいですし、8人くらいまでなら一緒に遊べます)

 

両手の指、腕などを目いっぱい使い、歌を歌い勝負がある、そんなお手玉遊び、これからも受け継がれていくことを願って。

 

 

着なくなった着物・和服生地からの小物簡単リメイクは、他にもこんなものが作りやすいですよ。

 

「巾着袋の作り方(着物生地)誰でもできる写真付き」

 

「和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き」

 

またリメイクするための着物のほどき方と洗い方も解説しています→「着物のほどき方と洗い方・和服生地のリメイク」


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方