付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

スポンサーリンク

付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・誰でもできる写真手順付き

総菊柄の付け替え袖

ご自分用に誂えたきものと違い、譲られた着物やアンティーク着物などを着こなすには、袖丈の違いが気がかりです。

 

でも、この「付け替え袖(うそつき袖)」を利用すれば、どんな袖丈の着物にも対応できるようになります。

 

お召になる着物に応じた生地を用意して、手縫いをするときれいに仕上がります。

 

作った後の取り付け方法もご案内していますので、お好みの方法をお試しください。

スポンサーリンク


 

着物の素材や格に応じた生地を利用してください。

 

例えば、小紋や紬・お召には、絹やそれに近い素材のもので小紋は淡い色目のものを。

 

ウールの着物には、薄いウール、化繊のもので色目は何色でも。

 

 

「付け替え袖」は、長じゅばんや半じゅばんの袖を付け替えるための袖です。

 

胴の身頃の部分と同じ生地でなく、別のものになるわけなので、「うそつき袖」とか「うそつき」とも言われます。

 

自分用の誂えもの以外の着物も、楽しく着こなそうという気持ちの表れで、普段着からおしゃれ着の範囲で着物に合わせた袖を用意するものです。

 

付け替え袖にする利点は、上記のようないろいろなサイズの着物を着こなせるということもありますが、身ごろは晒しなどの綿で吸湿性をよくして、袖はおしゃれな柄のものにするというように、着心地を優先したり、長じゅばんをお手入れしやすい環境にするということにもなります。

 

着物に合わせていつも長じゅばんを仕立てるのは大変、という場合に、この付け替え袖を利用してみてください。

 

反物(和装用の生地)だけでなく洋服の生地などで作っても大丈夫です。

 

 

付け替え袖(うそつき袖)の作り方

 

反物なら、出来上がり袖丈の2倍+10センチ

 

これを2つ用意します。

 

(反物の幅は36〜38センチくらいです。)

 

洋服生地の場合も、反物にならって上記と同じ寸法を用意してください。

 

(洋服生地の場合は、袖幅に縫い代が必要かと思いますので、出来上がり袖幅+縫いしろ(左右分で約4センチ)を用意してください。

 

 

出来上がり袖丈は、着物の袖丈と一緒か、1センチ長めまでです。

 

出来上がり袖幅は、着物の袖幅より1〜2センチ狭い出来上がりです。

 

 

付け替え袖・肩山左で底から0.5に印

 

最初に袖丈を仕上げます。(袋縫いをします)

 

生地を表にむけて半分に折ってわ(折り目のところ)を肩山にします。

 

袖の底から0.5センチに印をつけ、

 

 

 

 

 

付け替え袖・袖底5ミリのところをまっすぐ縫う

 

3〜4ミリの針目で真っ直ぐ縫っていきます。

 

できれば手縫いで行ってください。

 

ここではわかりやすいように黒い木綿糸を使っていますが、生地の色と似た色の糸を使ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・縫い目にアイロン、裏に返し測る

 

縫い目にアイロンをあててから、縫い目のところで折り、アイロンをあてます。

 

裏に返します。

 

肩山を左にして置いて、肩山から「出来上がり袖丈+0.2センチ」のところを測ります。

 

 

 

 

 

付け替え袖・出来上がり+0.2に印

 

肩山から「出来上がり袖丈+0.2センチ」のところに印をつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・まっすぐ縫って2ミリきせをかけてアイロンをあてます

 

今つけた印のところを、端から端まで真っ直ぐ縫い、

 

2ミリの離れたところを折って(2ミリきせをかける)、アイロンをあてます。

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・端を縫いとめます

 

縫い代がずれないよう、端の近くで1〜2針縫い代を本体に留めます。本体の手前の一枚にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・表に返しアイロンをあてもう一つ作ります

 

もう一つにも同じようにします。

 

これで袖丈ができました。

 

このあと袖の幅になる両端を始末していきます。

 

底の縫い代を倒した方が、前側になります。(和裁ではそのように決めているのでそう覚えておくとよいです)

 

 

 

 

 

付け替え袖・表側に小さい針目を出してくけていく

 

次は、幅を着物の袖幅より1〜2センチ狭い出来上がりになるよう、両端を三つ折りにして縫います

 

三つ折りの幅は5〜8ミリくらいが適当ですが、狭くて折りにくいなら1センチくらいでもいいです。

 

反物なら片方が「みみ」のままを使ってもかまいません。

 

洋服生地の場合も、一方を「みみ」を使えば、三つ折にしなくてもかまいません。

 

 

表側は小さな針目になるようにして(1〜2ミリ)、袖の両端の周囲を縫います。

 

裏側は、糸がでないように縫うのが和裁の縫い方です。

 

でも見える部分ではありませんので、あまり気にせずに行なってください。

 

 

これで、片方のうそつき袖の出来上がりです。

 

もうひとつも同じようにしてください。

 

 

付け替え袖・背中側に縫い糸で印を

 

前後がわかるように、背中側に縦に糸で印をつけておきます。

 

ここでは黒い糸で数センチ印をつけました。

 

これで左右の袖を間違うことはありません。

 

 

 

 

 

付け替え袖・袖口24センチにかんぬき止め

 

最後に袖口の上から24センチのところに、「かんぬき止め」をしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・かんぬき止め

 

かんぬき止めをしました。

 

左右ともに行ってください。

 

かんぬき止めの方法はこちら⇒脇にかんぬき止めで破れ防止

 

面倒なら単に3針ほど縫うだけでもよいですが。

 

 

これで付け替え袖ができあがりました!!

 

 

 

 

付け替え袖を取り付ける方法

 

このまま、着物の袖の袖山に直接縫い付け(裏地があるときは裏地の袖山に直接縫い付け)るのが、一番簡単な方法です。

 

着物ごとに、付け替え袖を取り付けてしまっておくので、じゅばんの袖をいちいち気にすることなくすんなり着物を着ることができます。

 

ただ、たくさん数は必要になりますが・・・ お手持ちの着物の数が少ないならこれでいいでしょう。

 

応用が利くようにするには、付け替え袖につなぎ用の小布を取り付けておくとよいです。

 

付け替え袖・ジョイント小布

 

着物と付け替え袖のつなぎをする小布は、長さ25センチ幅6センチほどで作って、付け替え袖に取り付けておきます。

 

写真のものは、木綿の白い布です。

 

 

 

 

 

 

 

付け替え袖・小布を取り付けたところ

 

小布の中心を付け替え袖の肩山と合わせて、付け替え袖に1センチかかるようにして、しっかりと縫いとめます。

 

合わせる長じゅばんや半じゅばんによって、その都度じゅばんの袖付けのところに、縫い付けます。

 

今付け替え袖に取り付けたように。

 

 

 

その他、スナップボタンを数か所取り付けてもよいですし、長じゅばんの袖付に、直接付け替え袖を縫い付けてもかまいません。

 

利用する頻度や、着物の数によって、ご自分に合う方法をお試しくださいね。

 

 

三つ折りにして手縫いで縫うところは、ちょっと面倒ですから、綿、化繊、ウール素材の生地なら、ミシンでもかまいません。

 

でも手縫いにすると、やはりきれいに仕上がります。

 

総菊柄の付け替え袖

 

これは管理人の気にいっている付け替え袖です。

 

化繊のものです、ウールや紬着物に合わせています。

 

着物が地味なときは、こんな明るい派手めのものがむしろ合いますよ。


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方