半衿(はんえり)の種類と具体的な例を写真で解説しました

半衿(はんえり)の種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

半衿(はんえり)の種類と具体的な例を写真で解説しました

半襟を詳しく解説

半衿は、長じゅばんの衿に掛けて、着物の衿が汚れるのを防ぎ、顔映りを生かす(着物の着映えをよくする)ために用います。

 

礼装には白と決まっていますが、その他の場合は、かなり自由に選ぶことができます。

 

改まった席では白い半衿を用いた方が無難ですし、若いお嬢さんの振袖には、豪華な刺繍を施したものが用いられることが多いです。

 

では順にどんな場合にどんな半衿を用いるのか例をあげていきますね。

スポンサーリンク


 

<改まった席に向く半衿>

 

半衿・改まった席用

 

これは白い衿に桃色、白色などで桜の刺繍がほどこしてあります。

 

清楚な雰囲気の衿元作りによい半衿です。

 

振袖、訪問着、付け下げに向きます。

 

また改まった席には白い半衿ももちろん向いています。

 

 

<普段〜おしゃれ着に向く半衿>

 

半衿・普段〜おしゃれ着用

 

普段使いやおしゃれ着なら、自由な色柄を選んで楽しめます。

 

左二つは、卵色と薄いピンクで無地です。顔映りのよい無地色を用いると、どんなおしゃれ着にもよく合います。

 

私は薄いオレンジ色にすると顔がすっきり見えるので、木綿のもので作りよく使っています。

 

真ん中は小桜の模様、その右は雪の結晶模様、一番右は赤地に絞り、地色に青が流れるようにぼかされています。

 

半衿として出ている部分はごくわずかなので、無地か模様の小さいものがよく似合います。

 

 

<夏用の半衿・絽>

半衿・夏用・絽

 

夏用の半衿です。

 

写真上透けて見える薄さのもので白。材質は不明です。

 

写真下は、隙間のある絽目のあるものです。

 

こちらはおしゃれ着から礼装まで夏に使います。

 

 

 

 

夏にきものでおしゃれするときは、レースやガーゼ、手ぬぐいなどを使って、もっと自由な模様を楽しめますよ。

 

100センチ×16センチあれば、半衿になりますので、端切れや派手になってしまった着物生地などを利用してみてください。

 

端のほつれはピンキングバサミで断つか、ジグザグミシンをかければ簡単にできあがります。

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方