振袖(ふりそで)とその装い方

振袖(ふりそで)とその装い方

スポンサーリンク

振袖(ふりそで)とその装い方

振袖と変わり結び

振袖は袖の丈が長い、豪華な模様を描いた未婚女性の第一礼装の着物です。

 

袖丈(袖を通す方向に垂直方向のたもとの長さ)が長いほど格調が高く、長さによって、大振袖、中振袖、小振袖と呼ばれています。

 

大振袖は、最も袖丈が長いもので袖丈114cm前後、中振袖は袖丈100cm前後、小振袖85cm前後です。

 

大振袖はときに120cmを超える長さのものも作られ、身長160cm以上の女性が着たとき床に届くくらいの長さになるものが最も長い袖です。

スポンサーリンク


 

袖丈が長いほど格調が高いとされています。

 

ですから大振袖は花嫁衣裳やお色直しに、中振袖は成人式や新年会、結婚披露宴、謝恩会、初釜やパーティーに、小振袖は軽い晴れ着感覚で茶会や、気軽なパーティーなどに用います。

 

生地には綸子や縮緬が用いられ、柄模様は広げたとき、一枚の絵になるような「絵羽模様」と呼ばれる柄が描かれます。

 

上記の写真の振袖は、娘の成人式に着せたものですが、柄が袖身ごろにつながった絵羽模様になっています。

 

地模様の一部に緯糸(よこいと)に金糸が利用されているので全体的に輝きが出ています。

 

また桜の花びら他随所に絞りを施してあるので、やや立体感のある振袖です。

 

これは一例ですが、和装の染の技術を駆使して、友禅染め、絞り染めなどをふんだんに用いて、さらに金銀箔置き、刺繍などで豪華に吉祥文様(おめでたい柄)を装飾してあります。

 

 

振袖の装い方

振袖と変わり結び

装い方は、衿に伊達衿、半襟は刺繍衿、長襦袢は紅や桃色の無地かぼかし、帯は錦織りや唐織りの袋帯を変わり結びにして合わせます。

 

帯揚げは総絞りのものを、帯締めも重量感のある金銀を織り込んだものや、太めの丸ぐけ帯締めを合わせます。

 

近年では、伊達衿にパールを並べたもの、立体的なワンポイント装飾のあるもの、帯揚げにはレースやスパンコールをあしらった華やかなもの、帯締めには宝飾を取り付けたり変わり織りで何色も使ったものなど、華やかさはいっそう増しています。

 

写真のものは刺繍衿にしていませんので、やや控えめな感じになっていますが、いまどきのお嬢さんはたいていゴールドや色とりどりの刺繍の半襟を合わせるのが一般的です。

 

草履は金銀を使った布製かエナメル製で、かかとの高いものを合わせ、草履とおそろいのバッグを合わせます。

 

すべてにおいて一番豪華で美しい装飾小物を用いて、若い女性を引き立てます。

 

近年では外国人との交流パーティーなどで、喜ばれるからと既婚の女性も振袖を着る機会があるようです。

 

日本の伝統技術の結晶とも言える和装の美を結集させたものが振袖です、若い女性の特権ともいえる振袖は柄の新作発表会なども行われ、まだまだ進化しています。

 

ただ小振袖には控えめで清楚な柄付けのものもあり、やや軽い装い方をします。

 

 

振袖の変わり結び

 

振袖と変わり結び

振袖には袋帯で変わり結びをします。

 

着物が最高に豪華なので、帯も金銀の華やぎのあるものや、錦織や唐織の豪華なものを合わせます。

 

そして若いお嬢さんに似合う、華麗な帯結びをし、その帯結びを変わり結びと呼んでいます。

 

袋帯の変わり結びは、多くの結び方が考案されていて、古典的なものから現代的なモダンなものまで数は数えきれないほどです。

 

ここで結んでいるのは流れる線を優美に表現した「千の流れ」と題されたもの。

 

イメージを表現する、ひとつの美術品のようなものです。

 

振袖を着ているお嬢さん、振袖、帯結び、そしてヘアやメイクもすべてトータルで、お嬢さんの若々しさやかわいらしさ、初々しさなどをあますところなく表現したのが振袖の着付け方です。

 

日本で培われてきた染色の技術は、着物を着ることによってこれからも受け継がれていくことでしょう。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方