振袖(ふりそで)とその装い方

振袖(ふりそで)とその装い方・振袖の種類や変わり結びの例も

振袖(ふりそで)とその装い方・振袖の種類や変わり結びの例も

赤い振袖を着た若い女性微笑んで

「振袖」は袖の丈が長い着物で、豪華な模様が描かれています。

 

未婚女性が着る第一礼装のきものです。

 

袖の丈の違い(たもとの長さ)によって、「大振袖」「中振袖」「小振袖」にわかれます。

 

ここでは振袖の装い方の基本をお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

袖の長さによる格の違いと特徴

 

振袖は袖丈が長いほど、「格調が高い」とされています。

 

 

大振袖の特徴

 

大振袖は最が最も高く、袖丈は長いもので袖丈114センチ前後です。

 

ときに袖丈120センチを超える長さのものもあります。

 

それですと身長160センチ以上の女性が着ても、床に届くくらいの長さになります。

 

大振袖は「花嫁衣裳」として、また「お色直し」用として用いられます。

 

そのため描かれる模様は「吉祥文様」が全面を埋め尽くします。

 

刺繍や金銀箔の装飾も、贅沢に施されます。

 

 

中振袖の特徴

 

中振袖の説明・ピンク色の振袖に緑色の袋帯で変わり結びをしたお嬢さん

 

中振袖は袖丈が100センチ前後です。

 

ひざ下くらいの袖丈になります。

 

成人式や結婚披露宴で、若いお嬢さんがお召しになるのが中振袖です。

 

現代では振袖といえばこの「中振袖」をさすといってもいいでしょう。

 

新年会、謝恩会、初釜やパーティーといった社交の場にも着用されます。

 

ほぼ全体に模様が描かれ、大振袖同様華やかで華美な色彩です。

 

現代では古典模様以外にもアート的な意匠、モダンなデザインも多くなりました。

 

 

小振袖の特徴

 

小振袖の袖丈は85センチ前後です。

 

小振袖は軽い晴れ着感覚で装われることが多く、茶会や気軽なパーティーなどに用います。

 

模様は控えめで、無地に近いものもあります。

 

 

振袖の特徴

 

振袖の模様は、広げたとき一枚の絵になるような「絵羽模様」と呼ばれる柄で描かれます。

 

生地には上質な綸子や縮緬が用いられます。

 

 

振袖の例

 

振袖の例赤地小桜

 

一般的な振袖の例です。

 

柄が袖、身ごろにつながった絵羽模様になっています。

 

地の緯糸(よこいと)に金糸が織り込まれ全体的に輝きが出ています。

 

また桜の花びらなど、随所に「絞り」を施してあるので、やや立体感もあります。

 

染めの技術「ぼかし」を入れて、友禅染め、絞り染めなどをふんだんに用いています。

 

さらに金銀箔置き、刺繍などの装飾もあります。

 

 

振袖の装い方

 

振袖の例赤地小桜・装い方の説明

 

振袖の装い方を、一般的な例でお話します。

 

  • 半襟は刺繍入り
  • 長襦袢は紅や桃色の無地かぼかし
  • 伊達衿(一枚または二枚重ねる)
  • 帯は「錦織り」や「唐織り」の袋帯を、華やかな変わり結びに
  • 帯揚げは総絞りのもの
  • 帯締めは金銀を織り込んだものか太い丸ぐけ
  • 草履は金銀を使った布製かエナメル製でかかとの高いもの
  • 草履とおそろいのバッグ

 

さらに華美になる近年の振袖小物

 

近年では、小物類はさらに華美になっています。

 

伊達衿にパールを並べたり立体的な装飾のあるもの

 

帯揚げにはレースやスパンコールをあしらった華やかなもの

 

帯締めには宝飾を取り付けたものなどもあります。

 

特に成人式の振袖の装いが最も派手になっているようです。

 

 

振袖の変わり結び・例

 

振袖に結び袋帯の変わり結びの例

 

着物が最高に豪華なので、帯も金銀の華やぎのあるものや、錦織や唐織の多色の織り帯を合わせます

 

そして若いお嬢さんに似合う華麗な帯結びをし、その帯結びを「変わり結び」と呼んでいます。

 

袋帯の変わり結びは、数々の結び方が考案されています。

 

古典的なものから現代的なモダンなものまであるので、着物に合わせて結びます。

 

ここで結んでいるのは流れる線を優美に表現した「千の流れ」と題されたもの。

 

イメージを表現する、ひとつの美術品のようなものです。

 

 

変わり結び・例2

 

振袖に結び袋帯の変わり結びの例・ピンクの帯で

 

変わり結びがしやすいよう、近年では軽く柔らかい袋帯も使われます。

 

 

振袖は女性の晴れ姿

 

若い女性の美しさを引き立てるのに、これ以上の衣装はないでしょう。

 

近年では外国人との交流パーティーなどで、既婚の女性も振袖を着るようです。

 

華やかな振袖は特に外国人には人気のようです。

 

「日本の伝統技術の結晶」ともいえる和装の美を結集させたものが振袖です。

 

 

振袖(ふりそで)とその装い方・振袖の種類や変わり結びの例も・まとめ

 

未婚女性の最高の装いの振袖。

 

振袖は日本で培われてきた染色や織り、装飾の技術の結晶です。

 

合わせる帯、小物類も最高のものを合わせます。

 

ヘアメイクや髪飾りも華やかにして、お嬢さんの若々しさ美しさを際立たせます。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方