ウールの着物

ウールの着物

スポンサーリンク

ウールの着物

ウールの着物の一例・絹混織
(ウールの着物の一例・絹混織)

 

ウールの着物は、羊の毛で織られた着物です。

 

着用範囲は、日常生活〜近所への買い物・散歩など日常生活の延長上に主に着用します。

 

柄によっては外出着に相当するものもあり、絹が混織されているものなどは、やや光沢があって主におしゃれな外出着として利用します。

スポンサーリンク


 

ウールの着物の一例・絹混織
(ウールの着物の一例・絹混織)

 

着用シーズンは春秋冬の三シーズンですが、夏用の薄手のウールもあります。

 

夏用ウールの着物の一例・
(夏用ウールの着物の一例)

 

ウールですので、ややざらっとした質感のものが主流ですが、洋服地で仕立てた毛羽立ちの多いふんわりしたタイプのものもあります。

 

昔ながらのウールの反物はほとんど生産されていないと聞きます。そのかわり洋服生地にするウールを、着物用の反物にして仕立てていくウール着物もあります。

 

近年そうしたウール着物が増えているような気がしますが、着物を気軽に着たいという要望が増えているからかもしれません。

 

洋服用の生地にするためのウールは、柄も風合いも現代の感覚が取り入れられていて、無地や無地に近いもの、千鳥格子、洋服感覚の色目など、昔の着物の面影がない、新しいタイプの着物になっています。

 

こうした現代のウール着物は、現代の生活から見ても違和感なく溶け込めそうです。モノトーンに近いものなら帯あわせも難しくないでしょう。

 

ウールの着物は、裏地を付けずに仕立てるのが一般的ですが、八掛(はっかけ)に木綿や化繊を用いた「胴抜き(胴裏は付けない)」で仕立てられるものもあります。

 

昭和30〜40年代には、羽織とセット(ウールのアンサンブル)で仕立てることが多く、普段着着物の代表といってよかったでしょう。

 

裏地がないので動きやすく、お手入れもしやすいのですが、冬はやはり寒いと感じますので、保温力のある下着や下ばきを活用して、着用してみてください。

 

またハイネックの薄手のセーターなどを重ね着しても、温かくおしゃれに着こなせます。

 

手袋、マフラーなどの洋服に合わせる防寒具も、無地やそれに近い模様のものなら違和感なくマッチするはずですので、合わせてみてください。

 

ウールの着物の一例
(ウールの着物の一例)

 

その他のおしゃれ着物については、下記の項目を紹介していますので、ご覧くださいね。

 

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方