七五三のお祝いと着物

七五三のお祝いと着物

スポンサーリンク

七五三のお祝いと着物

七五三は、三歳五歳七歳の子供の成長を祝う儀式です。

 

男子は五歳のみか三歳と五歳、女子は三歳と七歳をお祝いします。

 

もとは数え歳によって祝いましたが、満年齢による考えが一般化しています。

 

明治以降は、11月15日に氏神様に、子供の成長を感謝し加護を祈る年中行事として定着しています。

 

近年では11月15日の少し前の土曜、日曜に行なわれることが多く、11月は寒くなってくることから10月の中旬くらいからの土日に行なわれることもあります。

 

三歳は髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」という儀式から、

 

五歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」という儀式から、

 

七歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物を着るようになる「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の儀式がそのまま残って、七五三の儀式になっています。

 

近世までの日本では、貧困や栄養不足、健康への知識の欠如などで乳児の死亡率はとても高かった時代がありました。

 

そのころまでは七歳になるまではまだ人として生き延びていけるかどうか定かでないという考えから、七歳になってようやく生存を祝う儀式をするようになったようです。

 

男の子は家督を継ぐという考えから、女子よりも早くお祝いをするのが慣わしだったそうです。

 

七五三では女の子はお化粧をして、着物(和服)を着ることが多いです。

 

男の子は紋付羽織袴を着て、お祝いをすることが多いです。

 

氏神様に詣でるのが一般的ですが、都心部の大きな神社では、大勢の七五三の親子連れが訪れます。

 

七五三の準備の小さな助けになれますよう、以下のように、お参り全般のこと、七五三の着物のこと、写真撮りや食事会などについて、順次調べて追加していく予定です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

七五三のお祝いと着物記事一覧

七五三・三歳女の子の着物の用意と着付け方法(初めてでもできる写真つき)

七五三のお祝いで最初にお祝いするのが三歳の女の子。被布を着た愛らしい姿で成長をお祝いしたい、「でも着付けがむつかしそう」とご心配ですか?ここでは三歳の女の子のお祝いにどんな着物を用意するか、付属品はどんなものが必要なのか。そして着物の着付け方はどうするのかを、詳しくお伝えします。初めての方でも、三歳...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方