参拝の方法

参拝の方法

参拝の方法

七五三

七五三のお祝いで、神社に参拝する際は、参拝の作法をあらかじめ知っておきたいものです。

 

本殿で神職の方から、ご祈祷やお祓いを受けたりすることを、正式参拝・昇殿参拝ともいいます。

 

神社にあらかじめ祈祷(きとう)やお祓い(おはらい)の申し込み、予約の連絡をしておきます。

 

当日は「初穂料」を用意していきます。

 

当サイトの「初穂料」の項をご覧ください。

 

「初穂料」の設定がされている場合もありますので、予約のときに確認しておいてください。

スポンサーリンク


 

当日は相応しい服装で、時間に余裕をもって出向きます。

 

鳥居をくぐるときは軽く会釈し、神様に敬意をはらいます。

 

参道は中心をさけて歩きます。(参道の中心は神様が歩かれるところとされています)

 

参道を進むと手水舎(ちょうずや、てみずや)があります。

 

ここで手と口を清めます。

 

まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水を受けて左手を清めます。

 

柄杓を左手に持ち替えて右手を洗います。

 

再び柄杓を右手に持ち代え、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。

 

左の手のひらを清めます。

 

最後に柄杓を縦にして、柄の部分に水を流して清め、元の位置に柄杓を伏せて置きます。

 

予約をしてある場合は、社務所に声をかけます。

 

本殿に上がる際は、軽く会釈をして上がり、着席して静かに待ちます。

 

祝詞が終ると玉串が手渡されるので、祭壇の前に進みます。

 

右手に根左手に中央あたりを持ち、右に回転させて根を自分に向けてから、また右に回転させて根を祭壇に向けます。

 

そして玉串を祭壇にささげ、一歩さがって姿勢を正します。

 

次に二礼二拍手一礼の作法をします。

 

深く二回おじぎをし、胸の前で拍手を二回(拍手のことをかしわでともいいます)そして一回おじぎをします。

 

そして席にもどります。

 

本殿から出る際は、入るときと同様軽く会釈をします。

 

鳥居をくぐるときも、会釈をしてから出ます。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方