初穂料

初穂料

スポンサーリンク

初穂料

七五三

初穂料は神社への謝礼のことで、七五三のおはらいを受け、
祝詞をあげてもらうお礼金として支払います。

 

神様に奉納する金銭の意味なので、御玉串料ともいいます。

 

初穂料をいれる袋は、白赤の蝶結びの熨斗袋にします。

 

なければ白封筒でも大丈夫です。

スポンサーリンク


 

上段には「御初穂料」「御玉串料」とし、下段には子供本人の名前をかきます。

 

子供の年齢をいれるところもあります。

 

初穂料はあらかじめ金額が決められていることが多く、
事前の予約をするのが一般的です。

 

金額の相場は5千円くらいからです。

 

金額がわからにときは三千円〜1万円の範囲で用意するのが一般的です。

 

七五三参りは10月の中旬くらいから11月中旬までの期間ですので、
大きい神社ですと込み合う事が予想されます。

 

おはらい、祝詞の時間についても、時間の設定がありますので、
早めに予約をしておきましょう。

 

また神社への道順や車のときは駐車場を確保できるかどうかも、
あらかじめ確認しておくとよいでしょう。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方