男性のきもの(長着)

男性のきもの(長着)

スポンサーリンク

男性のきもの(長着)

長着

男性の着るきものは、女性用とはちがう特徴があります。

 

大きく違う点はおはしょりがないことと、

 

脇の開きとたもとの開きがないことです。

 

おはしょりがないため、着付けは女性と比べ、とても簡単です。

 

袖に開きがないので、袖口からこものを入れておくことができ、

 

ポケットのような役目をします。

 

 

男性の着付けは、長じゅばんを着た後に、

 

きもの、腰紐、帯をすれば、着付けが出来上がります。

 

腰紐はマジックテープで簡易なものがありますし、

 

帯も作り帯になったものがありますので、

 

初心者の方や、頻繁に着ない方は、利用すると便利だと思います。

 

男性のきものの帯結びは、

 

角帯なら、貝ノ口、片ばさみ、神田結び、一文字が、

 

一般的な結びです。

 

きもの(長着)と帯の姿を、着流しといいます。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方