身幅のお直し

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫

スポンサーリンク

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫

太ってきたから若いころ誂えた着物が細くなっちゃった。。。

 

譲ってもらった着物、やっぱり幅が狭いなあ。。。

 

このまま我慢するにはちょっとつらい、直そうかな。。。と迷っていませんか?

 

着物の幅が狭いと前がはだけやすいですし、歩きにくいですね。

 

逆に痩せてしまって着物の幅が広すぎることで、困っている方があるかもしれません。

 

ここでは着物の幅のお直しについて、どうしようか迷っている方向けにお伝えします。

 

これからお伝えすることを了解しておくと、お直しの依頼がスムーズにできますよ。

 

最後に、お直しする前にできる工夫についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

着物の幅のお直しには二種類があります

 

着物の身頃の幅のことを「身幅」といいます。

 

身幅をお直しするには、「身幅を広くする」のと「身幅を狭くする」の二種類があります。

 

<着物の身頃のなりたち>

 

15センチほどの「おくみ」×2と「前身ごろ」×2、そして「後身ごろ」×2でできています。

 

まず身幅を広くするお直しについてその方法をお伝えします。

 

 

着物の身幅を広くする方法

 

身幅を広くする場合ですが、「前身ごろからだけ幅出しする場合」と、「前身ごろと後身ごろの両方から幅出しする場合」があります

 

どちらの方法にするかは幅を出す分量や体型により異なります。

 

いずれにしても身幅を広くするには、身ごろをほどく、脇をほどく、袖をとる、背縫いをほどくなどしなければなりません。

 

また幅出し後はそれを元にもどさねばなりませんので、かなり手間がかかります。

 

縫い代として隠れていた場所から布を出すので、表側の生地と縫い代の生地の色目に違いがでていることがあります。

 

縫い代の幅はあるのでよいのですが、色の退色などの理由で、幅出しできない場合があります

 

柄がつながている訪問着などは、幅出しすることで柄がずれてしまいます。

 

 

着物の身幅を狭くする方法

 

身幅を狭くする場合は、「前身ごろだけ」、あるいは「前身ごろと後身ごろの両方」から狭くする場合があります。

 

どちらの方法にするかは幅を狭くする分量や体型により異なります。

 

いずれにしても身幅を狭くするには、身ごろをほどく、脇をほどく、袖をとる、背縫いをほどくなどしなければなりません。

 

また幅を狭くした後はそれを元にもどさねばなりませんので、手間はかかります。

 

狭くする場合は、生地の退色などは気にする必要はありません。

 

柄がつながている訪問着などは、幅を狭くすることで柄がずれてしまいます。

 

 

着物の身幅を変えるにあたって注意したいこと

 

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点

 

身幅を広げる場合は、縫い代をとってみないと表生地との色の違いが分からないので、一部解いて確認が必要です。

 

裏地のある着物は、裏地の幅出し、幅を狭くするという作業が必要です。

 

胸囲を広くしたい、あるいは狭くしたいときは、衿をはずす・つけるの作業が加わるので、費用はかさむでしょう。

 

 

身幅のお直しを検討する前にできる工夫

 

着物の身幅は体にぴったり合うと、着心地は抜群によくなります。

 

ですから快適な着物ライフのためには、気にいった着物はお直しをおすすめします。

 

ただ少々身幅が大きいという程度、少々身幅が狭いという程度ならこんな工夫をして着用してみてください。

 

 

少々身幅が大きいときの工夫

 

少々身幅が大きいという場合は、こんな着付けの工夫で対処できることがあります。

 

  • 上前は普通に合わせて、下前を工夫します。下前は脇まで行ったら右方向に裏を向けて折り返します。

 

これで足さばきがよくなり、少々幅が余る程度なら着用できます。

 

 

少々身幅が狭いときの工夫

 

少々身幅が狭いという場合は、こんな着付けの工夫で対処できることがあります。

 

  • 下前も上前もやや浅めに合わせます。
  •  

  • 上前がはねないよう右手で押さえ、なるべく小股で歩くようにこころがけます。

 

これで少々幅が狭い程度なら、着用できることがあります。

 

 

着物の身幅のお直し方法・広くまたは狭くする依頼の前の注意点と工夫・まとめ

 

着物の身幅を広くする場合も狭くする場合も、身ごろや脇などの外しと取り付けの作業があるので、お直しとしては手間がかかります。

 

胸囲の幅を変更したい場合は、衿の付け替えもあり作業は増えます。

 

訪問着・留袖・振袖のように柄がつながっている着物は、柄がつながらなくなります。

 

自分の体にぴったりあったサイズに変更すると、非常に着心地はよくなります。

 

ただお直しを迷っているなら、まずは上記でお伝えした工夫をしてみてくださいね。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方