お正月の迎え方・年神様とは・お送りするまでの作法

お正月の迎え方・年神様とは・お送りするまでの作法

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

日本のお正月の迎え方・年神様とは・お送りするまでの作法

日本のお正月の迎え方・年神様とは

 

 

日本のお正月は「年神様」をお迎えして、新たな年の幸福を お祝いする行事です。

 

地域によってお祝いの仕方には特色がありますが、 一般的なお正月の迎え方をお伝えします。

 

 

年神様とは

 

「年神様」は実りと幸福を授けてくれる神様です。

 

毎年お正月に各家庭へ来られると言われています。

 

家族揃ってお迎えの準備をし、 年神様と共に新たな年の始まりをお祝いします。

 

スポンサーリンク


 

お正月を迎える準備

 

12月13日すすはらい

 

だいたい12月13日から はじめます 歳神様を迎えるために 家じゅうのすずや埃を払って 綺麗に掃除することを言います。

 

これが大掃除になったと言われています

 

また12月13日を「正月事始め」ともいいます。

 

 

年神様を迎える飾り物を飾ります

 

すすはらいがすんで清められた家に、年神様を迎える飾り物をします。

 

12月27日から始めます。

 

しめ飾り

 

しめ縄を玄関に飾り家を清めます 。

 

門松

 

お正月飾りの門松

 

木の幹や枝の先に神様が宿ると考えられて いるので、 年神様が迷わずにお家に来られるように 目印として飾るものです。

鏡餅

 

年神様へのお供え物です。 神の生命力が宿ると言われています。

 

 

大晦日12月31日・年越しそば

 

一年で最後の日のこの日を大晦日と言います。

 

「年越しそば」は正月の準備を 日没までに全て終えて、 家族全員が揃って食べるそばです。

 

 

おせち料理の準備

 

お正月のおせち料理

 

12月26日から31日にかけておせち料理の準備をします 。

 

おせち料理は お正月や五節供などに供える節句料理のことです。

 

現代ではお正月に用意する昔からの伝統的なご馳走のことを言います

 

おせち料理にはそれぞれに 意味が込められていますので、それを知っていただくと 美味しさもまた格別です。

 

正月の数日は、忙しい主婦が台所にたたなくても済むように、日持ちする調理がされています。

 

三重からなるおせち料理

 

一(壱)の重・・・ お屠蘇を酌み交わす時の肴を中心に 彩り豊かに盛り合わせた料理です。

 

二(弐)の重・・・ 焼き物やさっぱりとした酢の物を 盛り合わせます。

 

三(参)の重・・・ お煮しめを彩りよく盛り合わせます。

 

料理のそれぞれの意味

 

  • 伊達巻・・・ 江戸時代に「かすていら」を模した卵料理が伊達巻の原型です。 伊達者が来ていたどちらに似ていることから伊達巻と呼ばれるようになったそうです。
  •  

  • かまぼこ・・・ かまぼこは日の出を象徴しています。赤は慶び、白は神聖を意味しています。 おせち料理が庶民に 定着するようになった江戸時代には「鯛」で作られていました。
  •  

    お正月のおせち料理で昆布巻き

     

  • 昆布巻き・・・喜ぶにかけたお祝いの料理で おせちには欠かせません。 昆布は鏡餅の飾りにも使われます 健康長寿が得られると言われています。
  •  

  • 田作り・・・ 豊作を願い小魚を田に肥料としてまいたことから名付けられました。五穀豊穣の願いが込められている料理です。
  •  

  • 海老・・・ 腰が曲がっている姿から腰が曲がるまで共に長生きするようにという長寿のシンボルがエビです。 これもおせち料理に欠かせない料理です。
  •  

  • 数の子・・・ 卵の子の数が多いことから子孫繁栄を願っての縁起物として、おせち料理で出されます。
  •  

  • 紅白なます・・・ お祝いの 象徴したもので、 平安平和を願う縁起物です。
  •  

  • くわい・・・ 芽が出ることから「めでたい」にかけたもので出世を祈願した料理です。
  •  

  • 栗きんとん・・・ 「金団」と書いてきんとんと読みます。 黄金色に輝く財産に見立てて 今年も豊かな一年でありますようにとの願いが込められた料理です。
  •  

  • 黒豆・・・ 黒く日焼けするほどに まめに(元気で達者に) 働けるように、 また黒の邪気を払うといういわれから、 長寿と健康を願った料理です。
  •  

  • 里芋・・・ 子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれるようにと願っての食べ物です。
  •  

  • ごぼう・・・ ごぼうの明日に深く根を張り先祖代々 繁栄するようにという意味があります。

 

祝い酒(お屠蘇・おとそ)

 

お正月に飲む祝い酒で 邪気を払い長寿を願って飲むお酒です。

 

お雑煮

 

歳神様に供えた餅をおろして、 野菜などとともに煮て食べる椀物です。

 

具材味付けとも地方により様々です。

 

 

正月1月の行事

 

お正月神社やお寺に初詣

 

1月1日初詣・・・ としのはじめに 神社またはお寺に詣でて今年一年の健康を祈願します。

 

1月2日 初夢・・・ その年の最初に見る 夢で「 一富士 二鷹 三なすび」 を夢に見ると非常に縁起がよいとされています。

 

1月2日書き初め・・・ 元旦にくんだ若水で墨をすり、 おめでたい言葉を書いたお習字を神前に奉納して字の上達を 願います 。

 

1月3日  三日とろろ・・・ お正月にご馳走を食べて疲れた胃腸休め、 1年間お風邪をひかず健康に過ごせるようにと願って食べます。

 

1月7日 七草粥・・・ 1月7日の朝に春の七草でおかゆを炊いて無病息災を願っていただく 行事です。

 

1月7日飾りを片付ける・・・7日で松の内は終わり、飾りつけを片付けます。年神様がお帰りになるとされる日です。

 

1月1日から15日まで・・・ この間に「年明けうどん」を食べます。 太く長いうどんは昔から長寿の縁起物とされています。

 

赤い具材を乗せて紅白にしたうどんを幸せを願って食べます。

 

1月11日鏡開き・・・飾ってあった鏡餅を 下げて食べる日で、お正月に一区切りつける行事です。 食べ方はおしるこやお雑煮に。 歳神様の力を授かり1年の無病息災を願います。

 

1月15日どんど焼き・・・1月15日に行われる火祭りのことです。 お正月に飾った門松やしめ飾りなどを焼きます。 その火にあたっ たリ お餅を焼いて食べたりして、無病息災を願います。

 

 

日本のお正月の迎え方・年神様とは・お送りするまでの作法・まとめ

 

お正月を迎える準備、年神様をお迎えしてそしてお送りするまでの習わしをまとめました。

 

お正月にはこれからの一年の幸福を願って、家族で食卓を囲み神社に詣でるのが日本のならわしです。

 

地方によってお祝いの仕方には特色がありますし、産物の違いからおせちや雑煮の違いもあります。

 

それでも新しい年が実りの多い、健康で幸福に満ちた一年になるようにと願う心は同じです。

 

初詣は神社と思っていましたが、お寺へ行かれる人も多いですね。

 

現代ではどちらでも構わないようです。

 

作法の違いがあるので、それだけ間違わなければよいですね。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方