履物(はきもの)の選び方

履物(はきもの)の選び方

スポンサーリンク

履物(はきもの)の選び方

履物の選び方

和装のときの履物には、大きくわけて「草履(ぞうり)」と「下駄(げた)」があります。

 

現代きものを着る女性は、ほとんどの人が草履をはくようになりましたので、まずは草履の選び方からみてみましょう。

 

 

草履の選び方

 

草履は浴衣以外でしたら合わせることができますが、用途に合ったものというものがやはりあります。

 

例えば留袖や振袖など礼装用の草履には、台と鼻緒は同色同素材で、かかとの高さは5センチ以上、振袖には台が何層にもなったかかとの高いものが適しています。

 

爬虫類の素材は避けて、布製や皮革に金銀が使われた華やかなデザインのものにします。

スポンサーリンク


 

礼装向きの草履・バッグとセット
(礼装向きの草履・バッグとセット)

 

 

付け下げや訪問着など準礼装には、礼装用よりもすこしお洒落感のあるものがよくあいます。

 

付け下げに向く草履
(付け下げや訪問着に向く草履)

 

それ以外のおしゃれ着や外出用には、好みの草履を選ぶことができます(ただし金銀が入った草履は合いません)

 

かかとの高低は決まりがありませんが、5センチ以内のものが歩きやすいです。

 

小紋や紬に向く草履
(おしゃれ着外出着に向く草履)

 

草履のサイズは靴より少し小さいものが、足がきれいに見える効果があります。かかとが1〜2センチ出るくらいのサイズが歩きやすいです。

 

色柄に迷ったら、着物と同系色ですらっとしたまとまりのある姿に、全く違う色を選んで粋な着こなしにもなります。

 

 

下駄の選び方

 

現代では下駄は主に素足に履くというイメージで、浴衣に合わせるのが主流です。

 

しかしながら足袋をはいて下駄をはいても全くかまいません。

 

フォーマルな席、式典などでは下駄はNGですが、それ以外なら下駄のおしゃれを楽しむのもいいものです。

 

下駄は木製で、表に竹や畳表が使用されているものなどあり、歯が二枚のものや草履とほとんど同じような形をしたものまで何種類かあります。

 

二枚歯の下駄
(二枚歯の下駄)

 

鼻緒は草履より太めのものが多く、模様も豊富にあります。鼻緒は目につきやすいので、どんな着物に合わせるのかをよく考えます。

 

紬やお召しなどのおしゃれ用着物であれば、どんな下駄でも無理なく合わせられるでしょう。

 

好みの台と鼻緒を選んで、足にあわせてすげてもらうのが一番しっくりできあがりますが、下駄を買えるお店が少ないので、通販などで適応サイズを確かめて購入します。

 

草履や下駄の手入れについてはこちらをご覧ください⇒「草履・下駄のお手入れ」

 


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方