きもの物語

講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ピンク色の振袖姿風呂敷包みをもって

講座「上級までの道のり」の補足説明です。

 

着物の着付けには、「体型を補正する」必要があるということです。

 

「体型の補正」は、着物にあった寸胴(ずんどう・メリハリのない)体型にするために行うものです。

 

着物が日常着だったころは、「補正する」という考え方はなかったはずです。

 

それが現代では「補正しなければならない」ことになっています。

 

そのように変化したのは、着物を着ていた寸胴の体型から、洋服に合うメリハリのある体型になったからにほかなりません。

 

 

着付けの時補正が必要な人とそうでない人

 

いくら着物を日常着にしなくなった現代といっても、着付けのとき補正が必要な人とそうでない人があります。

 

補正が必要な人⇒「バスト・ヒップとウエストの差が大きい人」

 

補正が必要でない人⇒「バスト・ヒップとウエストの差があまりない人」

 

ということです。

 

細身の人もふくよかな人も、これはあてはまります。

 

ただしよほどウエストの太い人でない限り、薄いタオルをウエストに一枚巻くのはおすすめです

 

それは腰ひもや胸ひもが、ウエスト付近での引き締めを緩和するからです。

 

 

着物姿が映える補正とは

 

青い振袖前姿

 

着物を着つけするときに「ウエストに補正する」のは、街着やおしゃれ着程度です。

 

礼装や正装をするときで、「着映えしたい」、「もっと華やかに演出いしたい」という場合には、バスト周りにも補正を加えるとよいです。

 

いわゆる「鳩胸」にして着つけるわけです。

 

また鎖骨のすぐ下あたりが貧弱なかたは、ここにコットンやタオルで厚みを持たせると、貧弱さが緩和され着姿がよくなります。

 

 

補正をする理由・おさらい

 

補正をする理由についておさらいしておきます。

 

着物着付けのとき補正をするのは、体のくぼみを平面に近づけるためです。

 

それは、着物も帯も平面で作られているので、ウエストがぎゅっとくびれた人が着物をまとうと、着物にも帯にもゆがみがでます。

 

ゆがみは、シワをつくり着崩れの原因になります。

 

ですから身体のメリハリをわざわざ無くして、体を平面にしているわけです。

 

寸胴体型になればなるほど、ゆがみや着崩れはおこりませんから、礼装正装には補正がたくさん行われます。

 

 

バストの大きい人の補正・修正

 

バストの大きい人は、着物に合う修正を行った方がよいです。

 

洋服のときの、パット入りやワイヤー入りは避けましょう。

 

ブラなしで着物を着ると、帯の上にバストがのって老けた印象になってしまいます。

 

バストの大きい人は「和装用のブラジャー」をして、胸を平たくすると着姿がすっきりとします

 

 

ウエスト補正のための補正用品は、「補正下着」「着物ファンデーション」「補正ファンデーション」「下着パット」「着物補正着」「着物補正下着」などの名称で販売されています。

 

厚みを調整できるものもあるので、ご自身に合ったものをえらんでください。

 

通気性がよく、吸湿性のよいものが、着心地手入れともによいですよ。

 

私は「フェイスタオルと腰ひもで手作り」したものをいくつか作って利用しています。

 

こちらに写真つきで手順を解説しておきましたから、お試しくださいね⇒補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

 

きらこ よしえ

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方