きもの物語

講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」

アンティークの帯

講座「着物着付け上級までの道のり」12ページ目です。

 

ここでは「着物や長じゅばん、帯のたたみ方」をお伝えします。

 

着物を着たあとには、必ず片付けをしなくてはなりませんね。

 

しばらくは着物ハンガーにかけておくのもかまいませんが、上等な着物なら着物ハンガーといえども吊るしっぱなしはよくないです。

 

なので着物に親しむためには、たたみ方を身につけておきましょう。

 

 

着物のたたみ方・本だたみのやり方

 

紋のついているものや、裾模様に金・銀箔等がつかってあるもの以外は、この「本だたみ」にして収納します。

 

たたむ場所はどこでもよいですが、最初は着物の丈くらいのスペースがあるところで行いましょう。

 

慣れてくれば、その半分のスペースでも十分たためるようになります。

 

左方向を衿、右方向を裾にして広げてから始めます。

 

写真付きでの解説はこちらです(浴衣のたたみ方と同じなので浴衣で説明しています)⇒「浴衣のたたみ方(男女)順をおって解説しています

 

スポンサーリンク


 

長じゅばんのたたみ方

 

長じゅばんは、着物ハンガーにかけておけば型崩れせずに長期間吊るしておくことができます。

 

スペースあえあれば、シーズン中はそのままでもOKです。

 

収納のためには、洗い、クリーニングを済ませて、たたみましょう。

 

半衿は次に着ることを考えてつけておく方がよいでしょう。

 

長じゅばんのたたみ方は、「じゅばんだたみ」とよばれ、着物より簡単です。写真つきで解説していますのでご覧ください⇒「長じゅばんのたたみ方はここをご覧ください

 

 

帯のたたみ方

 

帯も正しくたたむことで、余分なシワをつけずに済みます。

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

この折り方をすれば、お太鼓として表に出るところに、シワがつくことはありません。

 

名古屋帯をたたむときは、右にたれ先を置いて、お太鼓の始まりを左に置きます。

 

お太鼓の始まりのところが三角になっているので、そこを左の端にして、胴に巻く部分をたれ先に向けて置いていきます。

 

たれ先のところで折り返して、左端の三角部分の手前で折り返します。

 

この後、三角部分だけを折って、たれ先を持って左端に重ねます。

 

写真つきでの解説はこちら⇒「帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

赤い名古屋帯で説明しています。

 

袋状になった名古屋帯(袋名古屋帯)は胴に巻く部分を開いてたたむようにします。

 

京袋帯(新名古屋帯)は、長さを半分に折ってまたその半分に折って、たたんでいきます。

 

 

半幅帯のたたみ方

 

普段使いの半幅帯のたたみ方をふたつ紹介します。

 

1)たてて収納する場合は、表側を内側にして、端を10センチほどずらせて合わせます。

 

内側になる方の端を、控えるようにします。

 

端でない方から、緩く巻きはじめ、くるくるっと巻いていきます。

 

2)4分の1か8分の1の長さにして、折り目がつぶれない様、たてかけるか積みます。

 

半幅帯のたたみ方も名古屋帯のたたみ方とおなじページにのっています⇒「帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

 

袋帯のたたみ方

 

帯の表が内側になるように(中表)、丈を左から右へ二つ折りにし、輪を持って右に折り、さらに左へ折り返して、三つ折りのびょうぶだたみにします。

 

この状態で収納します。

 

着用するときは、下からニ枚目の帯端を引き出します。

 

このとき、左側の輪がずれないように、押さえておきます。

 

引き出した帯を下側の長さにそろえて、左へ折り、さらに右へ折り返して、六つ折りのびょうぶだたみにします。

 

こうすると、一番上から体に巻いていけます。

 

 

男性の角帯は半幅帯と同じです

 

男性の角帯をたたむときは、半幅帯と同じ方法でたたみます。

 

 

兵児帯(へこおび)のたたみ方

 

兵児帯の場合は特にお伝えするほどのことはありません。

 

表側をできるだけキレイに保ちたいので、中表にして端と端を合わせます。

 

その後半分の長さに折って、さらに半分に折ります。

 

これで最初の長さの八分の一になりました。

 

大人用兵児帯は、幅が広いので、このあと幅を半分か三分の一に折って収納します。

 

兵児帯は絞りのものが多いので、絞りの部分にアイロンを強く当てないようにしましょう

 

着物の着付けができて、たたむことができるようになりました。

 

この先の講座は、着物着付け上級者にふさわしいよう、さらに細部に入った知識をお伝えします。

 

 

では次にお進みください⇒講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方