きもの物語

講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」

アンティーク着物を和装ボディにきせてあるところ

講座「着物着付け上級までの道のり」の3ページ目です。

 

今回から着物の着付けを始めます。

 

着物を取り巻くさまざまなアイテムをご紹介していきながら、取り扱い方、着方などを、お伝えしていきます。

 

着付けのはじめは、まず長じゅばんを着る講座です。

 

練習用の着物は何がいいかというと・・・

 

練習に向くのは、「木綿の着物」「ウールの着物」です。

 

どちらも裏地がなく滑りにくいので、着付けの練習に向いています。

 

もしそれらがなければ、できるだけ滑りにくい生地のものから選んでください。

 

 

長じゅばんと半衿はセット

 

ゆかたを着る際には、「下着とゆかた」という着方でよかったのですが、ゆかた以外の着物を着る時には、「下着」と「着物」の間に、「長じゅばん」という下着の一種を着用します

 

この「長じゅばん」は形は着物とそっくりで、着物を汚れや傷みから守る大切な存在です。

 

長じゅばんには衿に別布をかぶせて、着物の衿の汚れを防止し、着物の摩擦を減らして傷みにくくします。

 

また長じゅばんは、下着でありながら見せるおしゃれの役割もあります。

 

それは、着物の袖の「ふり」から長じゅばんの袖が少し見える作りになっているため、下着ですが目にとまります。

 

時々見えるだけなのですが、着物とのバランスも考えたおしゃれも必要になります。

 

 

長じゅばんの形は二種類あります

 

長じゅばんの形ですが、「着物とそっくり」ですが一緒ではありません。

 

大きな違いは、着物には「おくみ」がありますが、長じゅばんには「おくみ」がありません。

 

(「おくみ」は前の身ごろの衿側に付いている、幅が15センチくらいの部位をいいます。)

 

そのため、着物のようなたっぷりした前合わせにはなりません。

 

 

そして長じゅばんの形には二種類あります。

 

「前身頃につけた衿が、そのまま裾までつながったタイプの長じゅばん」と、「前身ごろがつまんであって、おくみが付いているように見えるタイプの長じゅばん」です。

 

 

半衿をつけて着るのが長じゅばん

 

長じゅばんの衿には、いつも「半衿(はんえり)」を取り付けて、首の汚れが着物についてしまわないようにします

 

そして半衿が汚れたら、洗って付け直します。

 

(半衿は長さが100センチほど、幅16センチほどの長方形の布です)

 

 

見えるのでおしゃれを取り入れたい長じゅばん

 

また、長じゅばんの袖の下の方の「ふり」と呼ばれるところは、着物の「ふり」から少し見えるつくりになっています。

 

自分ではほとんど見えませんが、人からは目にとまりやすいので、着物との色柄のバランスを考えて選びます。

 

最初は白の長じゅばんだけあればいいですが、着物の種類が増えたら、特に紬などおしゃれ着を着るようになったら、長じゅばんの色柄を意識してください。

 

 

長じゅばんは、半じゅばんと裾除けの組み合わせでも

 

長じゅばんは、上下に分かれた「半じゅばん」と「裾除け」でも同じことです。

 

「洗いやすい扱いやすい」という利用者も多いです。

 

 

半衿とその種類

 

中年の女性ひとり

 

着物姿には、首のすぐ続きに衿が見えていますね。

 

これは着物の下に着ている長じゅばんに、長さ約100〜110センチの衿を重ねて取りつけた「半衿(はんえり)」が見えている状態です。

 

この半衿、首に直接当たるので汚れがつきます。

 

白いものですと汚れがよく目立ちますから、汚れたら早めに付け替えをします。

 

半衿は、汚れの防止とともに、衿元を飾るものでもあります。

 

礼装には白、振袖には華やいだ刺繍の半衿を合わせるのが一般的です。

 

普段用やおしゃれ着に向くものは、色付き、細かい柄のものなど、さまざまあります。

 

半衿の詳しい例はこちらにまとめてあります⇒「半衿(はんえり)の種類と具体的な例を写真で解説しました

 

 

長じゅばんに半衿をつける方法

 

「着物は着たいけど、半衿をつけるのが面倒」そういって、なかなか着物を着なくなってしまう人があります。

 

針と糸で取り付けるのって、慣れるまでは面倒かもしれませんね。

 

半衿が見えるところは小さな面積しかありませんが、顔のすぐ下なので、けっこう目に留まります。

 

着物とのバランスや相性ががいいと、とってもおしゃれでいい感じです。

 

お出かけ当日につけるとあわただしいので、前日につけておくのがおすすめです。

 

現在多く用いられている方法は、 半衿を長じゅばんに付けて、プラスチックの芯を そこに差し込む方法です。

 

「ばち衿」の場合の半衿の付け方をまずマスターしてください⇒「女性の半襟のつけ方(バチ襟)・誰でもできる写真詳細付き

 

礼装などの長じゅばんに多い「広衿」の半衿の付け方は⇒「女性の半襟のつけ方(広襟) ・誰でもできる写真詳細付き

 

 

 

針と糸で縫い付ける以外の半衿も

 

あらかじめ半衿に、マジックテープやファスナーがついたものもあり、半衿を針と糸で縫い付けないタイプのものもあります。

 

短時間で取り付けられるところがよいのですが、あらかじめ細工がしてあるので、つける半衿が制限されるなどデメリットもあります。

 

 

三河芯(みかわしん)を取り付ける半衿の付け方

 

昔からの半衿の付け方で、三河芯を使う方法です。

 

「三河芯(みかわしん)」は、半衿をつけるのに芯にする厚い綿織物です。

 

長じゅばんに「三河芯」をいったん付けてしまえば、半衿だけを付け外しすることができ、 半衿だけを洗うのに便利です。

 

利用者は少なくなっていますが、根強い人気がある付け方なのでのせておきます。

 

<必要なもの>

 

 三河芯(幅10、長さ約110センチ) 針、木綿白糸、半衿 

 

ステップ1)

 

長じゅばんの表衿の方から三河芯を付ける。

 

三河芯(以下芯という)の中央を決め、左右対象の長さになるように、長じゅばんの表衿に芯を置き、端から2.5センチのところを、木綿白糸でざっくりと大きい針目でとじつける。

 

ステップ2)

 

半衿を表衿に取り付ける。

 

半衿の中央を決め、左右対象の長さになるように、1)の芯に1センチくるむようにして、マチ針で止め、糸目が表に出ないように表衿の0.2センチ内側を縫いとめていく。

 

(難しい場合は、半衿を1センチ折ってアイロンで折りあとを付け、芯にくるみ、ごく端の方をまつっていく。)

 

ステップ3)

 

半衿と芯を重ねて内側に折り、余分の半衿布を内側に折り衿肩あきをまつる。

 

半衿と芯をぴったり合わせて衿の内側に倒す。

 

余分の半衿布は芯の内側に倒してしまい、中央から左右10センチくらいの、肩山につながるところまでを糸が表面にわからないように細かくまつる。

 

肩山にかかるところは、0.5〜1センチくらい衿先にむかって、引っ張るようにしてまつる。

 

※バイアスに断った半衿を用いると、しわやよれがなくさらに美しく付けられます。

 

 

それでは次に、この半衿の付いた長じゅばんを着ます。⇒講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方