出来上がって届いたら

着物が仕立てあがり届いたら、確認したいこと・飾りじつけはとらないで

着物が仕立てあがり届いたら、確認したいこと・飾りじつけはとらないで

着物が仕立てあがり届いたら、確認したいこと・飾りじつけはとらないで

着物のあつらえを頼んでから、数か月後ようやく出来上がった着物がとどきました。

 

たとう紙を開けるときは、とてもワクワクした気持ちになります。

 

そおっとあけてのぞき見するような心境ですね。

 

さて出来上がった着物は、希望通りかどうかを確かめましょう

 

取り出して、明るい部屋で着物ハンガーにかけます。

 

スポンサーリンク


 

仕立てあがった着物の確認・チェック

 

仕立てに間違いはないのですが、一応念のために確認しましょう。

 

確認したいことは、以下のことです。

 

 

サイズ確認

 

薄着の服の上からでいいので、着用してみます。

 

丈は20センチほどひきずる程度。

 

おはしょりをとって前を合わせ、身幅がよいかどうか確かめます。

 

袖の長さも一応確認。

 

きちんと着付けをしてみてももちろんOKですよ。

 

 

模様の入り方、柄つけ

 

絵羽模様の着物は、模様の入り方をみてみましょう。

 

鏡にうつして着姿を確認しておくと安心です。

 

 

染め色の様子

 

染めものは、色使いを見ておきましょう。

 

にじみや、染料がとんでいないかを確認しましょう。

 

 

不都合がもしあれば、早く修正してもらうようにします。

 

何か月も何年もたつと、言いにくくなってしまいますからね。

 

 

しつけ糸はすぐ取るのか?

 

出来あがったばかりの着物には、形がくずれないよう細い仕付け糸がついています。

 

すぐに仕付け糸をとってもいいのですが、着る直前にとるのでいいと思います

 

 

「飾りじつけ」はとらない

 

留袖などにある「飾りじつけ」は、細かい均等な針目で縫われています。

 

「飾りじつけ」は、飾りとしてわざわざ見せている糸です

 

ですからとってはいけません

 

留袖の衿の飾りじつけ

 

上の写真は、留袖の衿の「飾りじつけ」です。

 

 

留袖の後ろ身頃にある「飾りじつけ」

 

これは留袖の後ろ身頃にある「飾りじつけ」です。

 

↓↓↓アップでみると

 

留袖の後ろの身頃にある飾りじつけ

 

留袖の後ろの身頃にある「飾りじつけ」を間近で見ています。

 

 

残布は残しておきたい

 

残り布が入っていれば、とっておきましょう。

 

ものによっては長く残ることがあります。

 

和装の小物で何か作るときに役立ちます。

 

 

着物が仕立てあがり届いたら、確認したいこと・飾りじつけはとらないで・まとめ

 

出来上がりを待ちに待った着物が届きました。

 

念のためお願いした通りであることを確認しましょう。

 

薄着の状態で、おはしょりをとって軽く着つけるのがおすすめです。

 

サイズ、染色など確かめて、気になることがあれば早く解決しましょう。

 

「飾りじつけ」はとらないように。

 

 

<こんなエピソードがありました>

 

管理人の知人で、以前にも頼んだことのある呉服屋さんに仕立てを依頼。

 

着てみたら、身丈が20センチちかく長く仕立ててありました。

 

そのことに気がついたのが、誂え後1年ほど経過してからです。

 

時間がたっていたので、直してもらうのをためらっていました。

 

なんとか着られるものの、困ってしまいますね。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方