上質(高級)な着物にサビ・カビ・シミ・変色を発生させない方法

上質(高級)な着物にサビ・カビ・シミ・変色を発生させない方法

スポンサーリンク

上質(高級)な着物にサビ・カビ・シミ・変色を発生させない方法

上質(高級)着物・舞妓さん花見写真

お値段が高かった上質(高級)な着物は、永く愛用するために大切に保管されていることと思います。

 

保管状態がよければ、サビやシミ、カビの発生もなく、生地の変色もなく保管できるはずなのですが、うっかりして何らかのトラブルが起きてしまうことがあります。

 

トラブルの原因は「うっかり」のことなので、何がいけないのか特定の原因などもかわかりにくものです。

 

上質(高級)着物のトラブルは、少しのことなら修正や直しもしやすいですが、広範囲に及ぶと思わぬ出費になりかねません。

 

ここではサビ・カビ・シミ・変色などの着物のトラブルをできる限り避ける方法を紹介します。

 

またできてしまったらどうするかについても追記しました。

 

スポンサーリンク


 

上質(高級)着物のトラブル・サビ(錆)を避けるには

 

サビ(錆)は金属に湿気や汗が付着して発生します。

 

汗がつきやすい衿、脇などに、補正具の金属やスナップボタンの金属が反応してサビが出ることがあります。

 

あるいは羽織の留め具から発生することもあります。

 

そのためサビ(錆)を発生させない方法としては、

 

下着、補正道具、長じゅばん・着物のそれぞれに金属製のものの使用をできる限り避けます

 

金属のものがいっさいなければ、着物にサビ(錆)はでませんよね。

 

よくあるサビ(錆)は着物の広衿につけてあるフック(スナップボタン)です。

 

ここは手で触りますし、背中や首の汗が関係しやすいところですから、「しばらく保管しておいたら青いサビが浮き出ていた」なんてこともあります。

 

広衿につけてあるフック(スナップボタン)がある場合は、着用後に汗をとばすため、着物ハンガーにかけて陰干しをしてから収納しましょう。

 

フック(スナップボタン)が原因になるなら、やめたい!とお考えなら、代わりに糸をつけることで解決できます。

 

その際の糸は「引き糸」と呼ばれています。とても簡単に取り付けできますよ。

 

写真のように取り付ければ、スナップボタンの代わりになります着物の広衿の閉じ方・スナップボタンと引き糸のつけ方

 

 

上質(高級)着物のトラブル・サビ(錆)が発生してしまったら

 

それでもサビ(錆)が出てしまったら、着物の「クリーニング=丸洗い」をしましょう。

 

初期のサビはクリーニングでとれることが多いですが、それでもとれない場合は、「悉皆や」など専門の職人さんに任せて取ってもらうしかありません。

 

金加工にサビが出た場合には、クリーニングでサビといっしょに金も落ちてしまうことがあるので、サビだけ落とすのが困難になります。

 

サビは時間とともに重症化していくので早めに対処と覚えておいてください。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・カビを避けるには

 

上質(高級)着物・振袖のお嬢さん

 

上質(高級)な着物にカビ!なんていやですね。

 

カビは長期間保管しておくと発生することがあります。

 

なぜカビが発生するか・・・それは皮脂や飲食物がついたまま放置されたから。

 

皮脂がつきやすい袖口、衿、裾などの汚れを取り除くこと、シーズン終わりにはできるだけクリーニングをすることで、カビの菌がついても増殖しないようにしておくことで防げます。

 

もちろん保管場所には、ジメジメした湿気の多いところはカビが増殖しやすいのでNGです。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・カビが発生してしまったら

 

では着物にカビが発生してしまったらどうするか、「悉皆や」など専門の職人さんに任せるか、呉服屋さんなどで「洗い張り」でいけるかどうか相談します。

 

カビは菌の根が生地に深く入り込んでいることもあり、トラブルの場所、範囲などによって、修理のお値段も変わってきます。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・シミを避けるには

 

上質(高級)着物・女性二人着物姿

 

上質(高級)着物にシミというと、飲食物がついた、汗や雨がついてできることが多いですね。

 

食べ物をこぼしたり、汁物の汁がかかったりしないようにまずは気をつけます。

 

汗対策として、汗をかきやすい季節に着る着物は、下着に汗を吸い取らせるよう吸湿性のよい下着、長じゅばんを選ぶようにします。

 

雨の水もシミの原因になります、雨の日は雨コートでしずくが着物につかないようにし、歩くときの跳ね上げをしない、コートを脱ぐときにも着物に水分がつかないように気をつけてください。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・シミができてしまったら

 

うっかりシミができてしまったら、シミの原因が何かを伝えて、「悉皆や」など専門の職人さんに処置してもらいましょう。

 

シミは放置しておくと除去しにくくなったり、原因がわからなくなって処置に時間がかかるなどしますので、できるだけ早めに処置するのがよいです。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・変色を避けるには

 

上質(高級)着物の変色、絹は光によって褪色しやすい性質があります。

 

仕立ての際に半日太陽光の入る窓際で作業しただけでも、褪色することもあります。

 

単に保管していただけであっても、一番上になっていたたたんだ面だけ色がくすんでいたり、たたんだ折れ線の位置だけ褪色していたりすることがあります。

 

さほど気にならない柄ならよいですが、無地面が多いと色の違いがはっきりわかってしまいます。

 

こうした着物の変色を避けるには、光に当てないようにするしかありません

 

着用後の汗や湿気とばしに着物ハンガーに掛けて置くときは、風通しのよい室内の光の当たらない場所を選びます。

 

たたんで収納の際も、もちろん光が差し込まない環境にしてください。

 

 

上質(高級)着物のトラブル・変色してしまったら

 

いざ着ようとしてしまってあった着物を広げたら、一番上の面だけ色が変!

 

そんなことに気づいたら・・・やはり色をのせて元の色目にもどしたいですね。

 

処置の方法は専門家と相談の上決めることになります。

 

褪色した部分だけ色をのせればいいのか、いったん全体の色を抜いて元の色をのせるのか、全体の色を抜くことができれば、別の色で染め直せるのか。

 

染め方の技法はいくつもありますし、訪問着や留めそでなら模様に色止めをしなくてはなりませんし、褪色している位置によっても処置の仕方は変わってきます。

 

そのまま着ることはとてもできない場合は、詳しい加工方法を専門家と相談してください。

 

 

上質(高級)着物にサビ・カビ・シミ・変色を発生させない方法のまとめ

 

大切な上質(高級)な着物は、トラブルを最小限におさえれば出費も押さえて永く愛用できます。

 

サビの発生を防ぐために、金属性のものをできるだけ使わないようにする。

 

カビやシミの原因になるものを着物につけない。そのためにあらかじめガード加工を施しておくのも手です。

 

シーズンの終わりまたは、何年も着用しない予定であれば、クリーニングしてから保管が安心。

 

保管は光があたらず、湿気の少ないところに。

 

もし着物にトラブルが見つかったら、原因を伝え専門家に相談して対処するとよいです(早めの対処が費用も安く済みます)。

 

何年も着用しない留袖、振袖などは、たまには広げて点検してみてくだい。


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方