教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方

教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方

スポンサーリンク

教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方

女袴・卒業式教員(先生)向き着物色無地と訪問着

最近では先生が卒業式に袴をお召になることも多いようです。

 

先生の袴姿は、厳かな雰囲気が醸しだされとても印象的です。

 

一年間またはそれ以上に長く成長を見守ってきた生徒たちが、新たな門出を迎えたはなむけに、お祝いの気持ちを込めるのにも、袴姿で最後を見送る・・・ステキなことですね。

 

小学校の卒業式も中学校の卒業式も、どれも一回だけ、そんな大切な一日に、身を引き締めて準備をなさっていることでしょう。

 

でも教員(先生)の袴って、学生の袴姿と一緒でいいの?と気がかりな方からのお問い合わせもあります。

 

女性の袴姿とは言え、先生の袴姿は学生さんとは一線を画します。

 

温かく見送る立場の先生は、やはり稟とした潔いいでたちであって欲しいものです。

 

それは父兄をはじめ誰もが望んで、安心できる袴姿ではないでしょうか。

 

先生お一人お一人の個性を活かしながら、先生に期待される袴姿はどんなものなのか考えていきますね。

 

「教員の袴ってどんな風に選べばいいの?」思っていらっしゃ方に。

 

 

スポンサーリンク


 

先生として評判のよい袴と着物は?

 

先生(教員)に望まれている袴姿とは、いったいどんな姿でしょう。

 

「凛としている」「カッコいい」「清楚である」「潔さを感じる」

 

といった雰囲気のする袴姿が、父兄や生徒からの評判がいいようです。

 

 

袴の色

女袴・卒業式教員(先生)向き

 

先生が着る袴としては、落ち着きのある色がよいです。

 

緑色、紺色、紫色、茶色がおすすめする色です(上記写真は左が赤みのある紫、右が深い緑色)。

 

これらの色には、明るい色の着物も落ち着きのある色の着物も合わせやすいです。

 

袴は単色のシンプルなものがよいと思います。

 

刺繍やぼかしなどのないものの方が、引き締まった印象になります。

 

 

着物の種類

女袴・卒業式教員(先生)向き着物色無地と訪問着

 

着物は「単色の中振り袖」「落ち着きのある柄の訪問着」「色無地」が適しています。

 

絣柄の着物も悪くはないですが、学生のような幼さを感じさせていまうかもしれないのであまりおすすめできません。

 

また「小紋の着物」という柄が全体に入ったものも、稟とした印象になりにくいのでおすすめできません。

 

 

着物の色

 

着物は明るい色でも渋い色でもかまいません。

 

袴の色とのバランスを考えて選べば大丈夫です。

 

訪問着は柄が少なめのものがよく、地の色で袴とのコーディネートを考えてください。

 

 

袴と着物の選び方

女袴ピンクの訪問着と紫の袴

 

まず袴か着物のどちらかを一つ決めます。

 

それから色のバランスのよいもう一方を選びます。

 

例えば持っている着物「若草色の色無地の着物」を着るとします。

 

その着物に合う袴を考え「緑色の袴」を組み合わせて、実際バランスがよいかどうか試着してみましょう。

 

着物も袴も持っていなければ、セットになっている組み合わせで気にいるものを選びます。

 

セットで販売しているもの(あるいはレンタルしているもの)は、たいていバランスよく組み合わせてあります。

 

 

教員(先生)の袴姿のときのヘアスタイル

 

先生の袴姿のときは、ヘアスタイルもできるだけ自然で清楚な髪型がいいと思います。

 

自分のお祝いではないので、派手な髪型は避けるべきです。

 

長い髪ならアップにして、襟足がすっきりしているとバランスよく袴姿が引き立ちます。

 

着物の襟が見え、あごのラインが見える方が、袴姿はすっきりと見えます

 

下ろす髪型のときも、一箇所で束ねる方が凛々しく見えます。

 

卒業式は式典ですので、お辞儀も多いはず。お辞儀をするたびに髪をかきあげるのは見ていてよい印象ではありませんしね。

 

髪飾りはつけないか、つけても一つを控えめに飾るのがよいでしょう。

 

 

教員(先生)の袴姿で好印象なのは

 

先生が袴姿なのは、父兄にとっても生徒にとっても目新しく印象的です。

 

そのうえさらに好印象な先生であるためには、こんなこともチェックしておくといいですね。

 

・お化粧はいつもの通りか少しだけ華やかにする程度。

 

・袴はちょうどよい丈のものを選ぶ(足首が隠れるほど長いのはだらしなくみえる)。

 

・講堂など列の前で歩く時は、手のひらを脚の付け根あたりに添え、背筋を伸ばして姿勢よく歩く。

 

・たもとに白いハンカチを一枚入れておく。

 

・記念撮影を生徒たちと取る時、袴が開かないようにしゃがむ。

 

 

先生の袴姿のときの帯について

 

女袴・卒業式教員(先生)向きコーディネート例

 

袴姿になるには帯が必要です。

 

袴のときの帯は、半幅帯といって15センチほどの幅の帯を締めて袴を着用します。

 

先生の袴姿では、着物と帯が無地でシンプルな組み合わせが多いので、袴の上に少しだけ見える帯は、柄のものを選んでもかまいません。

 

アクセントになるような色、全体的に暗くなってしまいそうなら明るい赤や黄などを用いてもOkです。

 

金銀の模様が入っていないものであれば、大丈夫です。

 

上の写真は「若草色の色無地の着物」に「緑色の袴」、帯を黄色にしてアクセントにしました。

 

 

教員(先生)の袴姿・送る立場での装い方のまとめ

 

先生が袴姿で卒業式に来てくれたことを、生徒たちはよく覚えているものです。

 

生徒たちの写真にも残りますし、旅立ちをお祝いする気持ちが表現できて心に残ります。

 

先生が袴を着るかどうかは、好みでというよりその学校や地域の風習によるところが大きいと思います。

 

そのため袴をお召になるにあたっては、先輩の先生方のご意見や過去の卒業写真などもご覧になって、どんな袴姿がよいのかをご自身でもお考えください。

 

初めて袴をお召になる先生は、ご自身の身長にあったサイズの着物と袴丈をご確認なさってください。

 

また草履をお忘れになりませんよう。

 

 

女性の袴の着付け方を写真付きで詳しく説明していますので、着方がわからない方は参考にしてください。
 ↓↓
◆袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法

 

 


スポンサーリンク




関連ページ

絶対自分で!華やかな訪問着の着付けをマスター・お友達と一緒に
真冬に浴衣のけいこ・その日におさらいで着実に上達のFさん
お茶のお稽古に着物でTさんの二重太鼓の練習風景
お嬢様の成人式に参列・訪問着の自装練習中のSさん
春秋冬の三シーズンに着られる着物や帯で着回し自在
七五三詣り二児のお母様として訪問着の練習中の知世さん
秋の始まりの着物姿・紅葉の柄の帯をいつもの着物に
訪問着に二重太鼓・品のよい色気を考えながら着こなす梨紗さん
芯なし昼夜帯(腹合わせ帯)のアレンジ結び・春秋冬のプライベート着物に
麻着物と絽袋名古屋で装う夏のコーディネート例(40代50代)
おろしたての麻名古屋帯で装う涼やかな夏のお出かけ着の恵さん
他装(浴衣を着せてあげる)の基本をマスター・浴衣姿がお手本になるゆき子さん
一度の練習で浴衣モデルに・祐子さんの選んだコーディネート
入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備
絽の紅型着物に麻の帯で誰にも負けない上質なおしゃれのKさん
初夏に楽しみたい縞木綿の着物
季節を問わない着物姿(普段着〜お出かけ着)40代以降
夏のおしゃれ着物コーディネート例(薄物カジュアル)
歌手坂本冬美さんの紅白歌合戦の衣装・着物でブーツ姿がステキでした
着物コーディネート紬・40代以降のおしゃれ着の例
袴姿(女性の卒業袴)と着付け方法





  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方