作り帯・付け帯

「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点など

スポンサーリンク

「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点など

赤い傘をさした和服着物のきれいな女性

「作り帯」または「付け帯」と呼ばれるものは、通常はお太鼓姿になるのに簡単にできるよう、「胴帯の部分」と「お太鼓の部分」を別にしてあるものです。

 

名古屋帯を二分割または三分割してお太鼓姿を作るもの、お太鼓の形が最初からできあがって変更のできないもの、お太鼓を好きな形につくるものなど、作り帯の形状はさまざまです。

 

すべりやすい帯で柄だしがうまくいかないとき、お太鼓の形が作りにく苦労している場合などに、こうした「作り帯」はとても重宝します。

 

代表的な「作り帯」を紹介します。利用や制作の参考にしてください。

 

スポンサーリンク


 

名古屋帯の「作り帯」のいろいろ

 

何種類もの作り帯がありますが、いずれもお太鼓結びを簡便にするために考案されているものなので、出来上がりの見た目は、作り帯だとはわからないようになっています。

 

ですから安心して装着(付ける・締める)ことができます。

 

名古屋帯を作り帯に作り変えるものもありますし、最初から作り帯の形にしたまま販売されているものもあります。

 

 

名古屋帯を作り帯に作り替えたものの例

 

作り帯・お太鼓形成型・紅葉赤
(作り帯・お太鼓形成型・紅葉赤)

 

この赤い名古屋帯は、三分割して手先をお太鼓に取り付けています。

 

胴に巻く帯の端には、紐を取り付けています。

 

 

生地から「作り帯」を制作した例

 

作り帯・三分割・リバーシブル作り帯・三分割・リバーシブル作り帯・三分割・リバーシブル
(作り帯・三分割・リバーシブル)

 

生地を二種類用いてリバーシブルにした「作り帯」です。

 

お太鼓部分、胴に巻く部分、手先部分の三つのパーツを作って「作り帯」にしています。

 

作り方は長方形なので、気に入った生地で制作すると、個性的な帯が出来上がりますよ。

 

作り方はこちらに説明しています⇒「三分割作り帯」の作り方と装い方・誰でもできる手順書付き

 

 

市販の名古屋帯の作り帯の例

 

作り帯・お太鼓形成型作り帯・お太鼓形成型作り帯・お太鼓形成型
(作り帯・お太鼓形成型)

 

市販の「作り帯」なら、いっそう装着しやすい工夫がしてあるものもあります。

 

この市販品は、お太鼓が形作ってあり、それもお太鼓の底の一方が少し上がって、「自分でお太鼓を作ったため少しずれている」ように見えるようにしてあります。

 

またお太鼓の山に丸みが出るように、お太鼓の山の立体感を出すためのタックが内側にとってあります。

 

こうした作り帯なら、自然な出来栄えでいつも自分でお太鼓を装着しているよう雰囲気が醸し出せます。

 

市販品の作り帯を購入するならこうしたタイプがいいでしょう。

 

お太鼓の山に線がつかないように、お太鼓の内側にはカーブを描いた厚紙や空間を確保できる立体的なものを入れておくのがよいです。

 

 

袋帯から二重太鼓の作り帯へ

 

作り帯・袋帯・二重太鼓

(作り帯の袋帯・二重太鼓・自作したものです)

 

これは袋帯を二重太鼓の作り帯にしたものです。

 

袋帯を作り帯に加工してくれるお店もありますし、名古屋帯の例にならって自分で加工してしまうのもおすすめです。

 

二重太鼓にする作り帯は、胴に巻く部分とお太鼓の部分に分かれていて、留め具や引っ掛ける道具を用いて背中に固定するようになっています。

 

袋帯での作り帯への加工は、二重太鼓にするものと、華やかな変わり結びにするものとがあります。

 

華やかな変わり結びの「作り帯」も同様の形状になっています。

 

このような加工をすれば、最初から出来上がっているので、誰かに頼ることなく振袖姿が完成します。

 

頻繁に訪問着や振袖を着る機会のある方や、海外で振袖を着る必要のある方などは、こういったものを利用すると便利だと思います。

 

そのほかの作り帯

 

近年作り帯でも、帯を分割することなく形を作ってあるものも出ています

 

実用新案特許をとって販売していたり、手持ちの帯で製作してくれるお店もあります。

 

分割しないので、もちろん元の一本の帯の形に戻すことができます。

 

他に男性の角帯(かくおび)を作り帯にしたものも出回っています。

 

これは胴の部分と貝の口の形に結んだものとに分けて装着するものです。

 

これはマジックテープなどを用いて扱いやすくしていて、浴衣のシーズンによく販売されるようになりました。

 

着物を頻繁に着なくなっていますので、女性も男性も、現代はこうした作り帯を利用する人が増えているのではと思います。

 

 

「作り帯」「付け帯」の注意点

 

短時間で帯の装着ができ、 決まった形で安心して出来上がる作り帯ですが、少しだけ注意する点もあります。

 

それはいつも決まった形になる ことが、自分らしさを表現できないこともあるということです。

 

前の帯幅を広くしたり、お太鼓の形を大きくしたり小さくしたり、 そうした気分や個性の変化に対応できないということです。

 

そういうことを望まない限りは、お太鼓の作り帯は非常に便利で良いと思います。

 

他に注意したい点は収納についてです。

 

お太鼓の形が形作られているものは、お太鼓の山の丸みを変形させないように工夫が必要です。

 

丸みの形状を崩さないようにして上に積み上げない、または箱に入れるなど、独立させた収納が必要になると思うので、普通の帯よりも場所をとります。

 

 

「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点のまとめ

 

あまり着物を着ない方、お太鼓結びがうまく仕上がらない方には、「作り帯」「付け帯」にすると便利。

 

手持ちの名古屋帯を2分割または3分割にして、作り帯として利用する。

 

生地を自分で用意して手作りするのも、個性が出て面白い( 名古屋帯を普通に仕立てるととても大変ですが分割した自作帯は簡単に作れます) 。

 

市販のものは金具が付いているなど工夫がされていて、形状も自然な形に見えるように工夫されています。

 

収納に際しては、お太鼓の山の形が崩れないように工夫が必要です。

 

作り帯は袋帯の二重太鼓や袋帯の変わり結び、男性の浴衣の帯結びなどにもあって、着物を気軽に着きたいという要望に応えられるようになっています。

 

活用すれば、着物ライフがもっと身近に気軽になると思います。

 

帯は本来「締める」ものですが、「作り帯」にすると長い一本の帯を締めるものではなくなります。

 

それで作り帯の場合は帯を「付ける」と表現することになります。

 

それで「作り帯」といったり同じものを「付け帯」といったりしています。

 

きらこ よしえ

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方