着付けベルトとコーリンベルトは着付けに必要?

着付けベルトとコーリンベルトは着付けに必要?

スポンサーリンク

着付けベルトとコーリンベルトは着付けに必要?

着物を着る時に「コーリンベルト」は必要ですか?

 

また和装小物を販売しているお店では「コーリンベルト」と同じようなものが「着付けベルト」として販売されています。

 

これらは同じものなのでしょうか?用途に違いはあるのでしょうか?

 

 

「コーリンベルト」も「着付けベルト」も同じ用途で使います。

 

コーリンベルトはコーリン株式会社が「登録商標」している商品のため、他の会社ではこの名称をつけることができません。

 

そのため同様の商品で違う名称をつけて販売している商品があり、それが「着付けベルト」です。

 

用途は和装の衿元のずれを防止するものです。

 

両端に衿に留めるクリップがついていて、ゴムでつながれています。もちろんゴムの長さは調整できます。

 

サイズはLとМの二種類があり、Mサイズで最短約30センチ〜最長58センチ(あるメーカーの適応表示)に対応しています。

 

色はカラフルなものがそろっており、礼装用の白、弔事用の黒などもあります。

 

 

着物着付けにはあってもなくてもOK

 

コーリンベルト着付けベルト

 

「コーリンベルト」または「着付けベルト」は衿元のずれを防止してくれる優れた商品ですが、これがないと着物の着付けができないかというとそうでもありません。

 

以下「コーリンベルト」または「着付けベルト」を合わせて「衿合わせベルト」ということにしておきます。

 

「衿合わせベルト」のよいところ

 

◆衿元のずれを防止して、長時間着物の衿を安定させておくことができる。

 

◆着物の初心者に、あるいは柔らかい滑りやすい礼装の着物のときにあると重宝する。

 

という利点があります。

 

衿元のずれが気になる方は、「衿合わせベルト」を利用するのが安心できるかと思います。

 

とはいえ絶対に衿元がずれないと保証するものではありません。

 

 

「衿合わせベルト」がないと着付けができないか?

 

「着付けに必要な衿合わせベルト」と言われているため、必ず必要なのか?疑問になってしまう方もありますね。

 

結論をいえば、「衿合わせベルト」がなくても、礼装の着物でもなんでも着ることはできます。

 

私は「衿合わせベルト」をせずに「腰ひも」を利用して衿元を安定させています。

 

これでも衿元がずれるということはほとんどありません。

 

そのために身体をできるだけずん胴になるよう補正したりはしています。

 

というのも衿元がずれるのは、平面の着物を曲線のある体にまとっているため、身体の動きにつれて少しずつずれることがあるからです。

 

そのずれ(着くずれともいう)を防ぐには、身体を着物に合わせて平面にするのが手っ取り早い方法です。

 

もちろん身体を平面(ずん胴)にすることで、着物にシワができにくく、帯の締りがよく、見た目が美しく仕上がりますので、大切なことでしょう。

 

他にも少しだけ心がけることで、「衿合わせベルト」を使わなくても長時間衿元がずれることなく着付けることは可能です。

 

コーリンベルト着付けベルト

 

 

「衿合わせベルト」はいくつ使う?

 

「衿合わせベルト」を使う方は、たいてい着物の衿元合わせのみに一個お使いになるでしょう。

 

衿元のずれを防ぐものですので、考えようによっては長じゅばんの衿もずれやすいので、長じゅばんにも「衿合わせベルト」が必要なのではないか?(あった方がいいのではないか?)との疑問です。

 

そういわれてみれば、長じゅばんにも取り付けた方がより衿元のずれは防げるかと思えます。

 

やってみたことがないのでなんとも申し上げにくいですが、「衿合わせベルト」を販売しているお店によっては、「長じゅばんと着物の両方に使った方がいいですよ」と勧めるお店もあるかもしれません。

 

そこまで念入りに衿元を合わせておけば安心は安心でしょうね。

 

着物の着方は、指導する先生によって、また学校によって違いがありますので、「衿合わせベルト」については指導を受けるところにまずは従ってみましょう。

 

 

「衿合わせベルト」を考える・まとめにかえて

 

ここからは個人的な考えでバンバン書いていきます。

 

結論!「衿合わせベルト」がなくても着物は着ることができます。

 

「持っている」または「衿元のくずれを心配したくない」という方は、利用しての着付けから入られるといいですね。

 

持っていても、着付けの道具を減らしたいとお考えなら、使わずに着付けてみましょう。

 

着物を着る時の道具には色々とあって、「専用の器具がないと着物姿になれない」とお考えの方もあります。

 

着付け道具はそれぞれが着付けが便利になるよう工夫されていますので、一概によくないともいえません。

 

でも道具がなくても着物を着るのに不便は特にありません。昔からある紐とだて締め(だて巻き)で十分用をなします。

 

着付け道具には、ゴム、金具、プラスチックのホック、バネなどが施してあり、見えないところに収まるとはいえ、その上から帯、帯揚げなどが加わります。

 

そのため身体には少しばかり負担がかかっているのでは?と思えるのです。

 

着物であっても「着ていて楽で心地よい」と感じられる着方が理想的だと思いますから、身体への負担は最小限に留めたいと思います。

 

 

道具や手間を省いた簡潔な着方をお伝えしています
↓↓
「きらこよしえの きらきら着物教室」

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方