自分に合う名古屋帯って?「部分」の長さは重要

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?

「お太鼓結び、やりにくいなあ」「帯が長すぎる〜」など、名古屋帯が扱いにくいと感じていませんか?

 

名古屋帯の長さが自分に合っていると、体に巻いて締めてできあがる動作すべてでストレスなく扱えます。

 

ですから、ムリなく素早く着物姿が完成します。

 

でもそうでないというなら、あなたの名古屋帯の長さが合っていないのかもしれません

 

もし「うまく結べない」と感じているのであれば、一度「お太鼓の長さ」や「手」「胴」のそれぞれの部分を測ってみてください。

 

自分にあったそれらの「部分ごとの長さ」がわかると、これから購入するのにぴったりのものを見つけやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク


 

自分にあった長さの名古屋帯を知るために

 

名古屋帯解説

 

「自分に合う名古屋帯」とはどういう帯か考えたことはありますか?

 

自分に合う名古屋帯というのは、「お太鼓部分の長さ、手と胴の部分の長さが、自分にちょうどよい!」と感じられる帯なんです。

 

まずは名古屋帯の「それぞれの部分」を確認してみますね。

 

名古屋帯はご存知の通り、「お太鼓部分」「手と胴部分」に大きく分けることができます。

 

名古屋帯としての全体の長さは、340〜370センチほどですが、どの名古屋帯全く同じ作りになっているわけではありません。

 

帯によって「お太鼓部分」と「手と胴部分」の長さが様々なのです。

 

それぞれが自分にとって「長すぎず、短すぎない」ことが大切です。

 

長すぎるとどこかで隠さなければならず、短すぎると形が悪くなるなどどこかを我慢するこになります。

 

 

補正後の胴回りサイズで必要な帯の長さを知る

 

私の例で恐縮ですが、私は中肉タイプ、補正をすると帯を巻く直前の胴回りが85センチくらいになります

 

ここに名古屋帯を巻いていくと、全長で350センチくらいの帯が一番巻きやすいと感じます

 

それも、お太鼓部分があまり長くないものがいいと感じます

 

現代の名古屋帯は、長さが長いものが多くて370〜380センチほどで仕立てることが多いようです

 

確かにお太鼓以外にも応用がきき、誰にでも対応できる長さとして良いとは思います。

 

でもお太鼓をするだけなら、この長さは長すぎると感じる方が多いのではないでしょうか。

 

 

ぴったりくる名古屋帯を測ってみると

 

先ほどいったように全体の長さだけで、合う合わないは判断しにくいのが名古屋帯です。

 

そこで次の段階です、自分にぴったり合うと感じている名古屋帯を実際に測ってみました。

 

全体の長さだけでなく、「お太鼓部分」と「手と胴部分」をそれぞれ測ってみます

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

この袋名古屋帯が今のお気に入りです。

 

この帯は「お太鼓部分が105センチ、手と胴部分が240センチ、全体の長さが345センチ」でした。

 

3メートル45センチ・・・案外短い?・・・のです。

 

この長さだと、余分なことを考える必要がなく、お太鼓の出来上がりがいつもすっきりします。

 

自分に合っている袋名古屋全通柄を締めている私

 

 

長さが合っていない帯=締めにくい帯

 

これより短い帯だと、どこかで工夫を加えなければならないので使いにくくなります。

 

例えば補正を減らす、手先を短くとるなどですね。

 

またこれより数センチ長い分には困ることはありませんが、10センチ以上長いとどこかで折りこんだりしなくてはならず、けっこう気を使います

 

以上のことから、私に合った名古屋帯は、全長で345センチから355センチまでということになります。

 

中肉で補正をしますが、現代の帯(3メートル70センチほど)をそのまま使うと長すぎると感じるわけです。

 

ほっそりした方はもっと短くてもよいはずなので、今の帯が長すぎると感じている人が多いかと思います。

 

扱いやすい名古屋帯の長さを、あなたも一度測ってみてくださいね。

 

 

自分に最適の長さを知ると帯選びに失敗がなくなる

 

体にぴったりの帯の長さが分かれば、購入するときに迷ったり失敗したりすることがなくなります

 

リサイクルのものなら、「お太鼓部分」と「手と胴部分」のそれぞれの長さを測って、自分好みのサイズに近いものを選びましょう。

 

全体に柄のある「全通柄」なら、その二種類の長さがわかれば扱いやすく結びやすくなります。

 

 

お太鼓柄は要注意

 

お太鼓と胴の前だけに柄のある「お太鼓柄」または「ポイント柄」と呼ばれるものは、ちょっと注意が必要です。

 

「柄がちょうどよいところに出るかどうか」ということも、チェックポイントです。

 

胴の前にでる絵柄の位置がちょうどよくても、お太鼓の柄の位置が上すぎてきれいに出ないとなると困ります。

 

胴の前にでる絵柄の位置がちょうどよい、そしてお太鼓の柄の位置がちょうどよいか下の方なら調整できるのでOKです。

 

 

「お太鼓部分」と「手と胴部分」の長さの例・測ってみました

 

帯の長さはこれまでも何十本も測ってみましたが、現代のものを除けば、全長が340センチから360センチほどのものがほとんどです。

 

手持ちの袋名古屋の長さを測ってみましたので、比べてみてくださいね。全長が短いものから並べています

 

紺地椿模様のお太鼓柄

 

お太鼓部分の長さ:97センチ 手と胴部分の長さ:238センチ 全長335センチ

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

薄紫地洋花のお太鼓柄

 

お太鼓部分の長さ:107センチ 手と胴部分の長さ:234センチ 全長341センチ

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

白地紅型全通柄

 

お太鼓部分の長さ:113センチ 手と胴部分の長さ:241センチ 全長354センチ

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

黒地葉の模様お太鼓柄

 

お太鼓部分の長さ:116センチ 手と胴部分の長さ:242センチ 全長358センチ

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

紺地紅型全通柄

 

お太鼓部分の長さ:105センチ 手と胴部分の長さ:260センチ 全長365センチ

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

 

上のものの中では、「お太鼓部分」が100センチに満たないものや「手と胴部分」が260センチある長いものもあります。

 

・「お太鼓部分」の長さは、100センチから110センチくらいが多い。

 

・「手と胴部分」の長さは、240センチから255センチくらいが多い。

 

お母様やお婆様から譲られた名古屋帯、長さが一定のこともあると思いますが、バラバラということもあるはずです。

 

骨董市やリサイクルショップにある名古屋帯も、いろんなサイズがあります。

 

 

見た目プラス長さを測って購入

 

名古屋帯を買うとき、柄や質感を考えることや、どの着物に合わせるかはもちろん大切です。

 

そのうえで、自分に合った長さの「お太鼓部分」「手と胴部分」を確認してから購入すれば、使い心地がとてもよくなります。

 

補正をたくさんする、しないでも胴にまく帯の長さはずいぶん変わってきます。

 

 

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要ですのまとめ

 

お太鼓結びで苦戦している方は、名古屋帯の「部分」の長さが合っていないのかもしれません。

 

私の場合は、「お太鼓部分」が105センチ、「手と胴部分」が240センチで、全長345センチがベストの名古屋帯。

 

名古屋帯の全長が同じでも、それぞれの部分の長さには違いがあります。

 

ぴったりの長さで扱いやすい帯は人それぞれなので、自分にあった帯の「部分の長さ」を知っておきましょう。

 

購入の目安になるので、リサイクル品でも快適な名古屋帯を手に入れられます。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

着物(浴衣)の帯がゆるむ・下がる・ずれるときの解決策(ゆるまない結び方も)
袋帯から名古屋帯へ・着物帯の合理化は今も続く
作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介
「作り帯」「付け帯」の紹介・名古屋帯を加工する・デメリットは
昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ
「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯・形状や利点について
名古屋帯の構造・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます
名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています
帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ・名古屋帯でお太鼓結びがうまくできないときの解決策
袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています
帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です
丸帯とは
半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています
着物のときのへこおび(兵児帯)とは男性女性用・子供用の特徴・大人の女性向結び方
「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方