名古屋帯とは・特徴や種類の解説

名古屋帯とは・特徴や種類の解説

スポンサーリンク

名古屋帯とは・特徴や種類の解説

名古屋帯・六通柄・アンティーク調
(名古屋帯・六通柄・アンティーク調)

 

街で見かける着物姿といえば名古屋帯といっていいくらい、名古屋帯は着物のときによく用いられる帯です。

 

長さが3m40cm〜60cmくらいの、胴に巻く部分がお太鼓の部分の半分の幅になっている帯です。

 

お太鼓に結ぶときに一番結びやすい形状になって、胴に巻く部分は半幅に仕立て胴に巻き付けやすくなっています。

スポンサーリンク


 

胴に二重巻きつけたあと、背中でお太鼓が素早くつくれるようになっています。

 

大正7〜8年ごろ服装改良運動がおこり、当時の名古屋女学校の創始者が考案したことから名古屋帯という名称になり、昭和にはいって全国にひろまりました。

 

この帯が考案されるまでは、帯の幅は一定のものしかなかったので、帯を締める時間の短縮にもなり生地も少なくて済むようになりました。

 

一般的な名古屋帯は染め帯も織り帯もあり、芯を入れて仕立てます。

 

帯の全体に柄のあるタイプを、全通柄、6割くらいに柄のあるタイプを六通柄、お太鼓と前の胴帯部分のみに柄のあるのを、ポイント柄またはお太鼓柄と呼び分けています。

 

 

袋名古屋帯

 

芯を入れない名古屋帯もあり、「袋名古屋」といいます。

 

厚手の生地を用いているので芯をいれずに仕立てあり、お太鼓になる部分は生地を折り返してある仕立て方です。

 

袋名古屋帯・全通柄
(これは袋名古屋帯の全通柄で、お太鼓の袋状がわかるよう衿芯をはさんでいます)

 

名古屋帯とはいえカジュアルな雰囲気の帯で、軽く締めやすいのが特徴です。

 

袋名古屋帯は、普段用〜おしゃれ着用に用いられます。

 

 

新名古屋帯

 

名古屋帯の仲間にはその他に「新名古屋帯」と呼ばれるものがあります。

 

新名古屋帯は、表裏が別布で、帯の長さが名古屋帯と同じで胴に巻く部分も同じ幅です。

 

現代では利用する人が少ないためか、製造数は少ないと思います。

 

新名古屋帯は、「昼夜帯」「京袋帯」とも呼ばれています。

 

表も裏も両方使えるものは昼夜帯といい、今でいうリバーシブルということですね。

 

また表は表、裏は裏として使用するものもあって、京袋帯と呼ばれています。

 

新名古屋帯は、やや厚手の生地で芯なし、普段着〜おしゃれ着として着まわせる色柄の生地が多いようです。

 

表裏使えるものは、一本の帯で四通りの帯姿になることができるので、生地の用い方でセンスアップできると思います。(表生地と裏生地で、胴の部分とお太鼓の部分を使い分けることができるので)

 

好みの生地があれば仕立てを依頼するのもいいと思いますし、同じ幅で作るので器用な方なら手作りもできるでしょう。

 

生地の厚さによって、芯をいれるかどうかは判断します。

 

 

袋名古屋帯・夏用・お太鼓柄

(袋名古屋帯・夏用・お太鼓柄)

 

これは夏用の袋名古屋帯です。できるだけ涼しく装えるよう隙間のある生地です。柄はお太鼓部分にのみ柄があります。

 

 

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方