浴衣(ゆかた)最初の一枚の選び方

浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店〜量販店の特徴はこうです

スポンサーリンク

浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店〜量販店の特徴はこうです

浴衣選び方

「今年の夏は浴衣でお出かけしたい!」と思っているあなた、ゆとりをもって気にいった一枚をお求めくださいね。

 

浴衣商戦は5月の連休明けともなれば、デパートをはじめ着物を扱うお店で、早くもPRが始まります。

 

もう7月になりましたが、急に浴衣でお出かけの予定が入ったという方も、参考になると思いますから読み進めてくださいね。

 

今年の新作やらトレンドやら、気になることと思います。

 

ゆかたは夏のファッションとして欠かせませんが、人によっては「勝負服」。失敗したくないですね。

 

お店による特徴、品ぞろえ、価格帯などあらかじめ予備知識があると決めやすくなりますよ。

 

浴衣(ゆかた)をどう選べばいいのか?とお考えのあなたに、ヒントにしていただきたいページです。

 

スポンサーリンク


 

浴衣を買えるお店とその特徴

 

できればたくさんのお店を見て回って、品揃えや価格などを把握して、自分の求めるものを決めたいですね。

 

また事前に浴衣の知識をある程度つけておいて、それから下見をするとなおよいです。

 

実際にお買い物に出かけるときは、できればきものに詳しい人と一緒にいくと、間違いのない一枚が手に入るはずです。

 

では浴衣を扱うお店ごとの特徴をざっくり把握しておきましょう。

 

呉服店の特徴

 

単独の店構えの呉服店では、既製品の品数は多くはないですが、反物の状態では呉服店にしかない品質のよいものが用意されています。

 

高品質のものや、日本古来の柄ゆきのものなどが得意です。

 

呉服店で選ぶなら、「反物を選んで誂(あつら)える」のがやはりいいです。

 

誂えるとは、自分にぴったりのサイズのものを仕立ててもらうことです。

 

自分の体にぴったりのものであれば、着るときとてもラクですし着心地もとてもよいものです。

 

既成品サイズでは、大きすぎるとか小さすぎるなど何らかの不満がある方は、お誂えすると後々ずっと重宝するでしょう。

 

最初の一枚としては、高価で抵抗感もあるかもですが、時間と予算に余裕があればぜひ誂えましょう。

 

お仕立てにかかる時間は3週間ほどですが、込み具合もありますので確認してください。

 

仕立ても全部手縫いかミシンと併用するかで金額は変わりますので、最初に確認しておいてください。

 

呉服店でよいものを選択すると、他のお店より価格は高くなります。

 

今後着物を着ようかなと考えている人なら、着物の知識を教えてもらえ、手入れもお任せできるため長いお付き合いができると思います。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

デパート(百貨店)の浴衣売り場の特徴

浴衣選び方

デパートの特徴は、なんといっても既製品の浴衣の品数が多いことでしょう。

 

広い売り場には、古典的な柄からデザイナーズもの、最近はアーティストさんのものまでとり揃っています。

 

ブランド浴衣がお好きなら、心ゆくまで検討できるのがデパートの浴衣売り場です。

 

デパートは昔から浴衣を扱っていますから、よい仕入れ先を確保できるため品質のよいものを多数用意できます。

 

浴衣シーズンの前には、イベントを開催して有名人やデザイナーさんとトークショーがあったりして、その年のトレンドを知ることもできます。

 

品揃えの多いのは既成品の浴衣ばかりではありません。

 

浴衣帯はもちろん、和装下着や着付けの小物類、バッグや下駄、帯留めや扇子なども豊富にそろっています。

 

階を移動すれば、メイク用品や髪飾りなどあらゆる小物商品がそろうのがデパートの強みです。

 

初めてであってもお出かけに必要なすべてのものがそろいます。

 

初心者さんなら、コーディネートのアドバイスも受けられ買い忘れすることがないので、デパートはとても便利でしょう。

 

 

大手スーパーに店舗のある呉服屋さんの特徴

 

大手スーパーには呉服店が入店していますね。

 

浴衣のシーズンには、浴衣やゆかた用の帯の品揃えがお店の半分ほどのスペースをとって、力を入れているかと思います。

 

デパートほどの品揃えはないですが、デパートと同じように浴衣のときに必要なものは、すべてそろっています。

 

浴衣の反物多く用意されているので、既製品だけでなく反物から選び誂えることもできます。

 

また単品だけでなく、浴衣・帯・下駄の三点セットものの品揃えも、量販店より質のよいものがそろっています。

 

デパートが遠くてなかなか行けない人や、個人の呉服店にはちょっと・・・という人は入りやすいお店です。

 

価格の面でも低価格のものから、高級浴衣まで幅広く扱っています。

 

 

量販店(きものスーパー・大手スーパーの浴衣売り場)の特徴

浴衣選び方

量販店の一番の特徴は「安さ」でしょう。

 

「浴衣・帯・下駄の三点セット」や、「浴衣・帯・下駄・巾着・腰ひもの五点セット」などセットものが多く、5,000円程度から用意されています。

 

デザイナーものなども扱っていますが、価格を抑えるとを軸にしているため、単品ものは少ないようです。

 

店員さんの数は少ないですし、試着がどれくらいできるかはちょっとわかりません。

 

お出かけに必要なものはちゃんとそろっているので、心配はいりません。

 

最近の流行りを中心とした品ぞろえ、そして主に若い人向きの品ぞろえになっています。

 

 

インターネットショップの特徴

 

一年中浴衣が販売されています。冬には売り尽くしのためか安く販売しています。

 

ネットでのお買い物になれていれば問題はないかもしれませんが、実際届いてみると画像の色と違っていると感じることも多いようです。

 

実際に自分にあててみて、あまり気にいらないということもあり得ます。

 

返品できるかどうかなども確認してから購入してください。

 

ネットショップはたくさんありますから、気にいったお店と商品を見つける探す楽しみがあります。

 

 

浴衣選び最初の一枚で注意したいこと

 

浴衣を初めて購入するのであれば、浴衣と帯だけでなく着つけるのに必要な小物も用意してください。

 

浴衣を着るのに必要なものは、最低、腰ひも2本と伊達締めと下駄です。

 

(腰ひもや伊達締めの代わりにベルト式になったものもあります。)

 

本番のお出かけ前に、着てみて練習をしておいてください。

 

仕立ててもらう場合は、1か月ほどの余裕をもって注文しましょう。

 

着付けをこれから覚えるのであれば、その習得の日程も入れておかなくてはなりませんね。

 

 

浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店〜量販店の特徴はこうです・まとめ

 

時間に余裕をもって、色々なお店を見て下調べをしてから、購入するお店を決めるといいです。

 

浴衣を販売しているお店は、個人の呉服店、デパート、大手スーパーに店舗のある呉服屋さん、量販店、インターネットショップなどがあり、それぞれの特徴があります。

 

以上の中から初心者さんに一番買い回りしやすいお店は、デパートでしょう。

 

ある程度浴衣の知識を得てからお店に行った方が、決めやすいです。

 

購入するときはできれば着物(和装)を良く知っている人と一緒に行くと、納得したお買い物ができるでしょう。

 

お出かけまでに時間的に余裕を持って、誂え・購入をして、着付けに不安のないようにしてお出かけください。

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで
浴衣のたたみ方(男女)順をおって解説しています見ながらやってください
浴衣のときの半幅帯・名古屋帯・兵児帯・合わせ方も紹介してます
プチ兵児帯のごく簡単なアレンジ5選・浴衣姿をキュートに華やかに!
旅館の温泉浴衣の着方(男女)を解説しています・そのとき気をつけたいことも
子供の浴衣の「腰あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています
男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を写真とともに解説しています
伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひも利用で対処の方法も
子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)
子供(女の子)の浴衣と可愛いい帯結び(蝶結びアレンジ)
子供(男の子女の子両方)の浴衣(ゆかた)のたたみ方を写真とともに解説してます
2017年浴衣で遊ぶ夏祭りや花火大会、気をつけることは?東海と東京の大花火大会
下駄で痛い!鼻緒ずれの予防や防止方法はこれ・安心なお出かけを
東海エリアの花火大会2017年・長良川・岡崎・豊田・三重県熊野市
粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代所作にも配慮
浴衣(ゆかた)の洗濯・洗い方・自分でできる簡単なお手入れ方法です
浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)
男性の浴衣の着方・着付け方と「片ばさみ」帯結びを写真つきで説明中
メンズ(男性)の浴衣帯結び「貝の口」「浪人結び」を写真付きで説明中・浴衣の着方も
浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?
浴衣を反物から仕立てるにあたってそのメリットや費用のことを考えてみる
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法
浴衣を通販で買うとき迷ったら・選び方は好みのキーワードを
浴衣のレンタル・有名観光地で借りるイベント利用に便利に活用
浴衣のときの下着や肌着・何を着るといいか詳しくお話します
浴衣でデート・お出かけの前の準備はこれで安心・初心者向け
浴衣でお出かけデート・薄化粧・利用したい和の小物などまとめました
浴衣(ゆかた)の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方
着物と浴衣の違いは何ですか?よくいただく質問です
「浴衣3点・5点セット」などセット販売で気をつけたいことをまとめました
体型をカバーする大人の浴衣と帯結び・40代50代60代
浴衣(ゆかた)のときにする帯締めとそのアレンジおすすめ集
浴衣で犬山・お得がいっぱいのワケ・納涼スィーツだけじゃない!
兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ
京のはんなり浴衣姿・京女に憧れて
浴衣のツンとした臭い(におい)の消し方おすすめ方法・シーズン初めに気をつけて
浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ・仕立てが向く人メリットは
「京の浴衣(ゆかた)」はんなり大人の最高級浴衣の魅力
2015年浴衣トレンドは?新しく買うならどんな柄ゆかた?
京都で磨くゆかた美人「さんずいの涼を楽しむ」第9回(最終回)NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「浴衣に愛を」第8回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「めざせ!イケメンゆかた」第7回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「手作り小物で遊ぶ」第6回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「自分でできる ゆかたのヘア&メイク」第5回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」第4回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「TPO別マナー」第3回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「すっきり見える浴衣の着付け」第2回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「似合うゆかたはこう選ぶ」第1回NHK趣味Do楽
2014浴衣トレンドはレトロ・古典柄ってどんな柄?
浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方