振袖に結ぶ変わり結び(飾り結び)簡単なのに豪華で華やかな袋帯の結び方

振袖に結ぶ変わり結び(飾り結び)簡単なのに豪華で華やかな袋帯の結び方

スポンサーリンク

振袖に結ぶ変わり結び(飾り結び)簡単なのに豪華で華やかな袋帯の結び方

振袖に結び変わり結び、簡単豪華華やか

娘さんに振袖を着せてあげたいというお母様が、教室にお越しになるときにおすすめしたいのがこの袋帯の変わり結びです。

 

最近では、ご自分の若いころの振袖と帯を、娘んさんが成人式のときご利用になるというステキなご家族が多くなっているような気がします。

 

レンタルの振袖もいいのですが、今から20〜30年前までのお着物、お母様世代の若いころにお求めになったお着物や帯は、とても上質のものが多かったのは間違いありません。

 

化繊のものや薄手のものはあまりなく、レンタル事情も現代ほどではなかった当時は、成人式に振袖を誂える女性は多かったですし、生地の質がよいものが多かったのです。

 

柄も古典的で見栄えのよいものが多かったのも特徴でしょう。

 

そうしたお母様の振袖と帯を、娘さんが成人なさるときに再びご利用になるということは、それこそご家族にとって感慨深いものがあると思います。

 

そんなとき、お母様がご自身で着付けを娘さんにしてあげたいとお考えになるのも当然の流れかと思います。

 

特に前撮りなどでは、持ち込み不可になっている写真館などもあるようで、持ち込みの場合は「前撮り後撮りの特典とプラス着付けヘアメイク」が、セットされないという昨今の事情もあるようです。

スポンサーリンク


 

 

お母様が着せてあげることのメリット

 

せっかく娘さんも気にいっているご自身の振袖や袋帯を活かすには、お母様が着付けてあげることが一番の早道です。

 

お母様がお家で着せてあげれば、早朝に起きて美容院やサロンにいかなくても済みますので、晴れの日体調もくずれることがありません

 

またお友達の結婚式をはじめ、振袖を着る機会があるたびにお母様が着付けてあげることができれば、着付けを依頼する費用もかかりませんし、娘さんも気兼ねなく「こうしてほしい」「ちょっとキツイから」などの要望も言いやすいはずです。

 

それに親子の絆も深まる・・・はずですね。

 

前置きが長くなりましたが、そんなお母様が娘さんへの振袖着付けをしてあげるお手伝いすることがあります。

 

そのとき、難しいことを覚えるのでなく、慣れない手でもできる限り簡単に帯が結べるようにと、こんな帯結び(変わり結び)をお伝えしています。

 

帯結びは簡単でも、現代的で華やかさがある変わり結びです。

 

 

三重紐を使って結ぶ簡単変わり結びその一

 

両方に羽根を大きく出した、可愛らしさのある帯結びです。

 

ふくら雀のアレンジのようにも見えますね。

 

振袖に結び変わり結び、簡単豪華華やか

 

<結び方の説明>

 

柄止まりを左にして手先を下にしてひと結びしたら、たれ元に三山ひだをとって元をゴムで留めます。

 

その羽根を手前の三重紐に挟みます。

 

その続きのたれ元で同じく三山ひだをとって元をゴムで留めます。

 

その羽根を真ん中の紐に挟みます。

 

のこりのたれを屏風だたみにして、手前の紐に真ん中で挟んで、左にだします。

 

手先に追いひだ二本をとってから一番奥の紐に挟みます。

 

帯枕と帯揚げをします。

 

手先の続きを整えて、帯締めかけます。

 

全体をととのえて完成です。

 

三山ひだを作るのがむつかしいときは、追いひだ二本でもOKです。

 

帯が短めでしたが、たれの部分が短くても大丈夫です。

 

たれの最後のところをクロスさせたり、開いたりすると変化させられます。

 

こんな風にもなりますよ。

 

振袖に結び変わり結び、簡単豪華華やか

 

これひとつ覚えておくだけでも、見た目を変化させることができます。

 

 

三重紐を使って結ぶ簡単変わり結びその二

振袖に結び変わり結び、簡単豪華華やか

 

<結び方の説明>

 

柄止まりを左にして手先を下にしてひと結びしたら、たれ元に追いひだを一本いれ最初の羽根をつくります。

 

羽根の元をゴムで留めて、三重紐の手前に挟みます。

 

たれの先から屏風のひだをとって、真ん中のゴムに下から右上に向かって挟みます。

 

手先の表を向けて左から斜めに右上方向にむかってたたんでひだをとり、一番奥のゴムに挟みます。

 

帯枕と帯揚げをかけます。

 

手先の続きを整えて帯揚げをかけます。

 

全体のひだをととのえて完成です。

 

この変わり結びは、ひだをとるのは三ケ所だけです。

 

最初のものより少し大人びた、シックな感じになっています。

 

この帯は少し短い帯だったので、使える長さが少な目でしたが、華やかな印象にできあがります。

 

また体格のいいかただとやはり飾れる帯が短くなりますが、そういう方にも適しています。

 

二つとも同じ帯ですが、明るい柄がでるかどうかで雰囲気が少し変わります。

 

長さに余裕があれば、お好きな位置で柄を出せるのでもっと見栄えがよくなることでしょう。

 

 

以上の二種類の結び方は、帯結びに慣れない初心者の方でも、飾りやすい結び方です。

 

娘さんにぜひ結んであげてくださいね。

 

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方