半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

スポンサーリンク

半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

半幅帯の帯結び例

半幅帯という名称は、帯の通常の幅を「並幅」(約30センチ)と呼ぶことから、その半分の幅の帯の帯という意味です。

 

ですから基本的に幅15センチほどの帯を半幅帯と呼んでいますが、浴衣のとき締める帯もほぼ同じ幅であることから、混同されやすいです。

 

浴衣売り場で浴衣のみに合わせる帯として、一枚仕立てのしっかりとした帯が浴衣用として並んでいます。カラフルな色合いが多いと思います。

 

半幅帯は、表生地と裏生地を縫い合わせてあるものが主流で、一年中利用できるものです。

 

半幅帯より細い細帯という帯も、着物を着るのが当たり前の時代にはよく利用されていたのですが、現代ではほとんど使われていません。

 

では半幅帯の構造や扱い方などをお話していきます。

スポンサーリンク


 

 

半幅帯の構造と名称

 

浴衣帯と半幅帯の形状は同じで、部位の名称も同じなので、ここでは半幅帯で説明しますね。

 

半幅帯の構造・各部の名称や扱い方

 

体に巻き始める方の数十センチを「手」と呼び、胴に二巻きした後の結びの形を変化させるところを「たれ」と呼んでいます。

 

同じ幅で「手先」から「たれ先」まで続く形状で、長さは3メートル20センチ〜60センチほど、3メートル80〜4メートルくらいのものもあります。

 

手の方とたれの方の区別がないものは、どちらを手にしてもたれにしてもよいですが、手の方は半分のj幅に折るので折り目がつきます。

 

そのためいったん手の方を決めたら、その後はめったに変更しません。

 

長い半幅帯は上質の生地を使って、華やかな変化結びができるようになっているものもあります。

 

生地の厚さによって、芯を入れる場合と入れない場合がありますが、現代では芯のないタイプが主流のような気がします。

 

一般的に半幅帯は、日常着から軽いお出かけ着に合わせる帯で、軽快な雰囲気とカジュアル感が持ち味です。

 

しかしながら、絹で上質の織り生地を用いた長い半幅帯は、小紋や紬着物に合わせて、帯結びを豪華にまた変化させて、軽いパーティーやおしゃれな外出用として利用されます。

 

半幅帯の幅は15センチほどとはいえ、現代でよく見かけるのは17センチくらいのものが主流となりました。

 

裏表利用できるものは、この半幅帯に多く、結び方も様々考案されています。

 

帯結びを覚える楽しさを味わったり、帯周りに遊び心のあるアクセサリーを付け加えたりと、変化を楽しめるのも半幅帯の特徴です。

 

あとでいくつか帯結びの例を紹介しますね。

 

 

半幅帯の使い方

 

名古屋帯でのお太鼓のように帯枕を利用しないので、帯締め、帯揚げは必要ありません。

 

半幅帯をするときは、帯板を利用するくらいなので帯の周りはすっきりとしています。

 

帯締め帯揚げ帯枕を利用しないことで、短時間に帯を締められる利点があり、また体も楽です。

 

そのため半幅帯は、日常着る着物に合わせるのが一般的な利用法です。

 

手先を数十センチ残して、体に二巻きしてから、体の前で結びを決めて、最後に背中に回して完成です。

 

半幅帯の結び方は、こちらを参考にしてください、いくつか紹介してあります⇒半幅帯の結び方・詳細解説記事一覧

 

 

半幅帯(浴衣帯)のたたみ方

 

半幅帯(浴衣帯)は細長い形状ですので、たたみ方もいたって簡単です。

 

たたんで収納する場合は、帯の表側を内側にして半分に折り、その後また半分の長さに、そしてさらに半分に折りたたみます。

 

これで最初の八分の一の長さになり、45センチ前後の長さになります。

 

半幅帯は立てて収納することもできます。立てることができるのは半幅帯だけです。

 

たてて収納するには、表側を内側にして、端を10センチほどずらせて合わせます。

 

控えた方が内側になるよう、端でない方から緩く巻きはじめ、そのまま巻いていきます。

 

こんな風になります。

 

半幅帯のたたみ方収納の仕方

 

半幅帯の幅は15〜7センチなので、収納スペースがあるなら、立てておくことでどの帯がどこにあるかよくわかります。

 

たたんでしまうと下になった帯が分かりづらく、取り出すときも出しにくく感じます。

 

そのため私は、半幅帯は巻いて立てておくようにしています。

 

 

半幅帯の帯結びいろいろ

 

半幅帯には帯結びがいくつも考案されています。

 

昔からよく用いられてきた「貝ノ口」「文庫」といった代表的な結び方以外にも、着物姿を華やかにしたり、個性を出すのにいくつか覚えておくと便利です。

 

中でも、この結びはとても簡単なのに、どんな年代の方でも似合う(と私が思う)帯結びです。

 

半幅帯の帯結び例

 

この結び方はここに詳しく説明しています⇒花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

 

この結び方をさらにアレンジしてこんな風にも

 

半幅帯の帯結び例

 

私の帯は地味なものが多いので見栄え的にはよくないかもしれませんが、同じ結び方でも帯がもっと明るい色だと華やいだ雰囲気になりますよ。

 

色の明るい浴衣帯を使うと、同じ幅、同じ長さの帯でもグッと明るい印象にもなります。

 

半幅帯の帯結び例

 

半幅帯の帯結び例

 

若い方なら明るい色の半幅帯で、帯結びを楽しんでくださいね。

 

 

半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方のまとめ

 

半幅帯と浴衣帯の形状は同じで、細長い長方形です。

 

幅が15〜17センチ、長さが3メートル20センチ〜4メートルほどです。

 

半幅帯は帯枕、帯締め、帯揚げが必要なく、帯板を使うだけなので、締めるのに時間がかからず、体も楽な帯です。

 

半幅帯は日常着にもっぱら利用し、軽いお出かけのシーンまで合わせますが、時には豪華な長い半幅帯で、外出着にも合わせることがあります。

 

半幅帯には帯結びのバリエーションが豊富です。普段使いにはあまり凝った結びはしませんが、浴衣のときには、変わり結びをして帯結びで楽しむこともあります。

 

浴衣帯との違いですが、浴衣帯は薄くて光沢のあるものが多く、一枚になったハリのある生地がほとんどです。

 

一方半幅帯は、表生地と裏生地を使った、形状としては袋帯の幅を細くしたようなものが主流です。

 

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方