帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました

帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました

スポンサーリンク

帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました

帯揚げの結び方・絞り結び

「帯締め」と「帯揚げ」の結び方を詳しく説明します。基本は両方とも同じです。

 

「本結び」と呼ばれる結び方をすれば、帯締めはしっかりと引き締まり、帯揚げはバランスよく飾ることができます。

 

本結びというとなんだか難しく感じるかもしれませんが、普通に結ぶ結び方です。

 

本結びのことを「真結び」とか「固結び」ともいい、結び目が固くほどけない結び方です。

 

帯締めはしっかりと結ぶ必要があるのですが、帯揚げは本結びでなければならないというわけでもないので、もう一つの「絞り結び」も付け加えておきますね。

 

この方が簡単ではありますが、慣れれば本結びの方が安心感があると思います。

 

では、まずは帯締めの本結びからです。

スポンサーリンク


 

 

帯締めの本結び・写真で順をおっていきます

帯締めの結び方

 

帯締めを前に回し、両手で左右同じ長さの位置で持ちます。

 

 

 

 

 

 

帯締めの結び方

 

右に持っている方を下にして交差させます(衿合わせと同じですね)。

 

 

 

 

 

 

 

帯締めの結び方

 

上になっている方を、下から上に動かして、ひと結びします。

 

 

 

 

 

 

 

帯締めの結び方

 

今度は下になっている方を右に向けます。

 

 

 

 

 

帯締めの結び方

 

上にきている右手の帯締めを下におろすと輪ができるので、そこを下から通します。

 

 

最初にできた結び目がゆるまないように、人差し指で押さえつつ、引き締めてください。

 

 

帯締めの結び方

 

結び目がぼこっと突き出さないように、軽く上から押さえて平たくすれば完成です。

 

平たくなくても結べていますので、最初は形が上手くできなくても大丈夫です。

 

とにかくゆるみのないように締められるようになってください。

 

写真は名古屋帯でお太鼓をしていますが、お太鼓の形はこの帯締め一本で締められているので、緩みなく結ぶのがなにより大切です。

 

練習用としては写真のような平組の帯締めでなく、丸く組んだ帯締めか丸ぐけの帯締めで練習するとやりやすいでしょう。

 

両端の房は上を向くようにおさめます(または片方上向き片方下向きでも)。

 

では帯揚げの結び方を二種類紹介します。

 

 

帯揚げの本結び・写真で順をおっていきます

帯揚げの結び方

 

左右の帯締めの長さを同じにしてから、それぞれ幅を一定にします。

 

写真のものは内側に三分の一の幅にしてから、半分に折って輪を上にして整えてあります。

 

 

 

 

帯揚げの結び方

 

衿合わせと同じように、右手に持っている方を下(手前)にして交差します。

 

 

 

 

 

 

 

帯揚げの結び方・絞り結び

 

上にかかっている方を下から引き揚げ、一締めします。

 

軽く締める感じです。

 

 

 

 

 

帯揚げの結び方

 

次に下にきている方を右に向け、上になっている方を下におろすと輪ができるので、

 

 

 

 

 

 

帯揚げの結び方

 

左手の人差し指を差し入れて、引き締めます。

 

人差し指をいれると、帯揚げの中心にくるところがまっすぐキレイにしあがります。

 

 

 

帯揚げの結び方

 

引き締め方は形が整うだけの力にしてください。

 

ギューっとするとシワがよってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

帯揚げの結び方

 

帯締めの端の方をそれぞれ帯の内側に入れます。

 

左右が対称になるように、見えている帯揚げの形を整えます。

 

若い方はたっぷりと見せ、年配の方は少しだけというのが基本ですが、お好みでよいと思います。

 

 

では最後に、帯揚げの結び方で簡単だといわれている結び方「絞り結び」を紹介します。

 

 

帯揚げの絞り結び・写真で順をおっていきます

帯揚げの結び方・絞り結び

 

本結びのときと同じように、帯締めの幅を左右一定にしてから結び始めます。

 

また最初の一締めするまでは同じです。

 

つまり右手に持っている方を下、左手に持っている方を上にして交差させ、上側の帯締めを下から通して一締めします。

 

本結びと同じように、軽く締める感じです。

 

 

帯揚げの結び方・絞り結び

 

ここからがちがってきます。

 

下になっている帯締めを右方向に向けて、帯の内側にしまい込みます。

 

長い場合はたたんで一気にしまうといいでしょう。

 

 

帯揚げの結び方・絞り結び

 

上に残っている方を、下向きでくるくるっと巻いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

帯揚げの結び方・絞り結び

3〜4センチ手前まで巻いてきたら、帯の内側に差し込み、それから体に近い方をさらに奥にしまい込むようにします。

 

これで簡単な帯揚げの結び方「絞り結び」の完成です。

 

 

どちらでも見た目は同じですが、絞り結びは慣れないと中心部が浮いてくることがあります。

 

 

帯締めと帯揚げの結び方(本結び・絞り結び)を詳しく解説しました・まとめ

 

帯締めは帯の形を整えるだけでなく、帯が落ちないように締める要の紐なので、しっかりと緩みのないように締めます。

 

平組の帯締めで紹介しましたが難しく感じるなら、丸組か丸ぐけの帯締めで練習するとやりやすいでしょう。

 

帯締めの房は、通常両方上向きになるようにします。片方下向き片方上向きでもいいです。

 

帯揚げは両脇が人様から見えるので、たたんで幅を一定にするとき脇まで整うようにしてください。

 

帯揚げの中心部の幅は、最初に幅をたたむところで決まりますので、お好みの幅になるようたたみ方をご自分で決めてください。

 

帯揚げの飾り方(見せ方)は一般的には若い方は大きく出して、年配になるにしたがって小さく出しますが、帯や着物との色のバランスやお好みによって、見せる量は調整してください。

 

 

帯締めのマメ知識

 

帯締めに飾りがついていたり、房が分かれているものがあります。そのときは自分の左側にくる方に飾りや房をもってきます。左勝りで飾ってください。

 

弔事の場合、帯締めの房は下を向けます。

 

きらこ よしえ


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方