七五三のお母さんの着物と帯結び(若い母親向き)を詳しくまとめました

七五三のお母さんの着物と帯結び(若い母親向き)を詳しくまとめました

七五三のお母さんの着物と帯結び(若い母親向き)を詳しくまとめました

リボン太鼓若い母親向き

七五三のお祝いは、子供の成長を感謝して氏神様に加護を祈る年中行事です。

 

男の子は家督を継ぐ意味もあって三歳と五歳(あるいは五歳のみ)、女の子より早くにお祝いをする習わしがありました。

 

元は、三歳は髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」という儀式から、五歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」という儀式から、

 

そして七歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物を着るようになる「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の儀式がそのまま残って、七五三の儀式へとつながっています。

 

現代では、満年齢でお祝いをするのが定着していますが、いずれにしても子供が今後も大病をせずに無事に成長してほしいという両親の願いが込められています。

スポンサーリンク


 

 

七五三の子供の晴れ姿

花びら太鼓若い母親向き

三歳、五歳、七歳と可愛らしい盛りの子供の姿を残しておきたいと思う親御さんは多いと思います。

 

神様に祈祷した後は、記念写真を撮るというご家庭もあることでしょう。

 

デジタルカメラやスマホで、いくらでも写真はとれる時代でも、きちんと写真館でプロにとったものを残すのは後々のよい思いでになるはずです。

 

まだよくわからないくらいの幼い子供であっても、どんな風にお祝いしてもらったのかは、その後の人格形成に少なからず影響があるような気がしています。

 

どんな晴れ着を着せてもらったのか、どの神社に祈祷にいったのか、お父さんお母さんはどんな風に接してくれたのか、そのあと食事はどこでとったのか・・・などといった出来事が、写真を見るたびに話題になることでしょう。

 

(特に女の子はそうした、何かしてもらった記憶というのは後々まで嬉しい記憶として残るようです、私の経験からいっても)

 

子供の晴れ姿は、男の子の場合は、紋付き袴、スーツやタキシードが一般的で、好みによって選べばよいです。

 

女の子の場合は、和装なら三歳は着物の上に被布コートを着た姿、七歳は振袖に帯を華やかに結んだ姿、洋装ならドレスが現代は主流です。

 

写真撮り用はとかく華美なものが多いですが、一度だけのことですから、ご家族で話し合われて、ご自分のお考えで子供のお祝いにふさわしいものを選んでください。

 

子供用の衣装は子供の数が少ないことや、一度だけしか着ないこともあって、購入よりレンタルされるご家庭も多いようです。

 

最近では、着せやすくなった女の子用のレンタル着物も出ていますので、お母様がご自宅でたやすく着付けできるタイプのものもあります。

 

 

お母様の七五三のときの衣装(着物)

 

小さいお子さんの手を引いて歩くのは、お父様かお母様ですね。

 

お子さんには精一杯のことをしてあげるものの、ご両親(ご自分たち)のことは考えていますか?

 

まだまだ動きまわる幼い子を連れての参拝は、それだけでもたやすいことではありません。

 

それでも愛しい子供の晴れ姿ですから、お父様お母様もその場にふさわしいいでたちでお隣に付き添ってあげてくださいね。

 

お父様の場合は、ダークスーツが一般的で、お母様の場合はワンピースやスーツ、あるいは晴れの日用の着物をお召になるのが一般的です。

 

ここではお母様の晴れの日の着物、七五三の着物についてもう少し詳しく話をすすめていきます。

 

晴れの日の着物といっても、いったいどれを着たらいいの?と疑問に思われるかもしれませんね。

 

七五三は通過儀礼とよばれる儀式ですから、いわゆる正装または略礼装と呼ばれる着物がふさわしいです。

 

正装または略礼装も幅があってよくわかりにくい言葉ですので、端的にいうと、七五三のお母様としては、「訪問着」「付け下げ」「色無地(紋付)」と呼ばれる着物が適しています。

 

そして帯は正礼装用に使われる袋帯を合わせます。

 

レンタルで着物を選ぶときは、七五三の母親として着ることをはっきり伝えれば、たいていは「訪問着と袋帯」というセットを勧められるはずです。

 

着物と帯が決まれば、おのずと関連する小物(帯締め帯揚げ、草履バッグなど)が決まってきますので、レンタルの場合はいちいち考えなくても済むよう一式セットになっていることでしょう。

 

 

七五三お母様の帯結び

 

お母様が和装をお召になるなら、先ほどの「訪問着」「付け下げ」「色無地(紋付)」のどれかで、二重太鼓を結ぶのが一般的です。

 

格調高く、やや高めでゆるみなく結んだ二重太鼓は、20代のお母様からどんな年代の方でもふさわしい結び方です。

 

ただ20代から30代の若いお母様は、二重太鼓だと老けた印象になるのが気にかかっている方もあるようです。

 

若々しさかわいらしさをまだ感じさせる若いお母様の場合は、同じ袋帯でも結び方をアレンジすることで、その若さを表現することはできますので、「二重太鼓はちょっと・・・」とお感じになるとき、着付けする人に結び方のアレンジを頼んでみはどうでしょう。

 

着物姿は前だけでなく、後ろ姿も印象深いもの。着物姿をいっそう印象深いものにすることもお祝い心の表れといえすしね。

 

 

リボン太鼓・若いお母様用・七五三付き添いに向く帯結び

 

これはお太鼓の上にリボンをのせた変わり結びです。

 

お太鼓だけではちょっと寂しい・・・、着物でも若々しい印象にしたい・・・そんなお母様に向く帯結びです。

 

<リボン太鼓の結び方>

 

リボン太鼓若い母親向き

 

手先を通常のお太鼓結びより長めにとって(60〜65センチ)、手を下にしてひと結びし、手先にリボン用の羽根をとります。

 

ここでは二ツ山にしました。

 

たれ元を四分の一幅に折って、リボンの中心をくるむようにして、仮紐で留めます。

 

たれが長ければ二重太鼓になりますが、短ければ一重のお太鼓をつくります。

 

太鼓枕は薄いものか、細いものの方が合うと思います。

 

お太鼓部分はやや小ぶりにした方がよいでしょう。

 

リボンの幅はお太鼓の幅よりやや小さ目がバランスよくなります。

 

そしてリボンは手前の端を折り曲げるようにして表生地を出すようにします。

 

リボンのひだをたくさん出すなら、奥をやや上にあげるようにするとさらに羽根をたっぷりみせることができます。

 

これなら可愛らしい後ろ姿になって、若いお母様にぴったりの帯結びです。

 

 

花びら太鼓・若いお母様用・七五三付き添いに向く帯結び

 

もうひとつ若いお母様に向くお太鼓のアレンジの帯結びで、こんな感じのものはどうでしょう。

 

お太鼓の上を今度は花びらで若々しく印象づける帯結びです。

 

先ほどのリボン太鼓よりももっと簡単にできる結びですよ。

 

 

<花びら太鼓の結び方>

 

花びら太鼓若い母親向き

 

手先をお太鼓結びのときと同じにとって、手を下にしてひと結びし、手先に内折りひだをとります。

 

ひだの端はゴムで留めておき、仮紐で押さえ前で結びます。

 

(内折りひだは、中心に向かって左右からひだをたたんだものです。)

 

たれで二重太鼓を作り、枕と帯揚げをし、帯締めを締めて完成です。

 

 

 

 

 

優しくて、軽やかな印象になるお太鼓結びです。

 

品格を落とさずに、でも若さと華やぎを添える帯結びだと思います。

 

若いお母様向きではありますが、お太鼓だけではちょっと寂しいかも?という社交の場でも、利用できる帯結びです。

 

訪問着、付け下げなどに特に似合うでしょう。

 

着付けを依頼するときは、こうした変わり結びに対応してくれるかどうか、あらかじめ確認をとってくださいね。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方