着物(浴衣)のときのマナーと作法・知っておけば美人度アップです

着物(浴衣)のときのマナーと作法・知っておけば美人度アップです

スポンサーリンク

着物(浴衣)のときのマナーと作法・知っておけば美人度アップです

着物のマナー所作

着物や浴衣を着たときのマナーや作法を知っておくと、あなたの着物(浴衣)美人度はグンとアップします。

 

マナーや作法、言い換えると「立ち居振る舞い」や「所作」という意味もあります。

 

相手に好感が持たれ、着物(浴衣)姿を一層引き立てる振る舞い方を身につけておきましょう。

 

着物や浴衣でのお出かけで、困ることのないようにしておけば、安心して行事などを楽しめるようになります。

 

浴衣は遊び着ですが、形は着物と一緒ですから、基本のマナーはおなじです。

 

浴衣のときもさりげないマナーや所作で、夏のイベントを盛り上げてください。

 

以下「着物」と書いてあるのを浴衣と読み替えていただいてもいいです。

 

歩き方、座り方、車への乗り方、お手洗いのときの所作などを紹介します。

スポンサーリンク


 

 

着物のときの立ち方と歩き方

 

着物を着たときに「美しく見える立ち方」は、背筋を伸ばして前をまっすぐ見るようにややあごを引きます

 

足はこぶしひとつ分ほどあけてから、つま先を合わせるようにハの字にし、一方の足先を足半分前に出します。

 

こうすると安定して立っていられます。

 

長く立つときは、前に出す足を変えてください。

 

重心を前に出した足にかけると、控えめながらも凛とした立ち姿になります

 

 

歩き方はやや内股で、スカートで歩くときより少し小さ目の歩幅で歩くようにします。

 

かかとを引きずらないようにして、一本の線の上を歩くようにまっすぐ歩きます。

 

バッグを持つなら左手に持って、右手は軽く肘をまげて上前に置いて歩くと、裾の乱れも防げ、美しい歩き方になります。

 

 

階段の上り下り

 

階段を上るときは、裾を踏まないように注意してください。(裾の短い浴衣のときはいいのですが)

 

階段を上るときは、右手で着物を少しつまんで上あげ、裾を短くして上がります。

 

足裏の三分の二ほどを階段に置いてあがるようにします。

 

階段を降りるときは、身体と足を少し斜めにして、足裏全体が階段に接するように降りると安全です。

 

特に裾を長く着付けているときは、右手で着物をつまんで上げ、足元がよく見えるようにします。

 

階段の奥行が狭いと危険なので、両足を一段ずつに置いてゆっくり降りてもよいです。

 

 

車に乗り込むとき降りるとき

着物のマナー所作

自家用車やタクシーに乗り込むときは、扉を開けたら座席にお尻を向けて、まずお尻を下します。

 

そして両足をそろえたまま、前に向きを変えて、浅めに腰かけます。

 

帯結びをつぶさないためには、浅めに腰かけた姿勢をくずさないよう、持ち手をもって支えてください。

 

袖は座っているときは、膝の上に重ねておくとよいです。

 

降りるときは、乗ったときの逆になります。

 

まずそろえた両足を外に出して地面におろし、それからお尻をあげて外にでます。

 

 

お手洗いに行くとき

 

お手洗いはどうしたりいいのかしら?と気になりますね。

 

お手洗いでは、できるだけ広い洋式を選んでください。

 

着物のつま先を上にあげて、帯に挟み込み、次に長じゅばんの裾を帯に挟み込んで、最後に裾除けを帯に挟み込むようにします。

 

またはつま先を帯締めに挟んでいってもよいです。

 

終わったら逆の順におろしていきます。

 

慣れてきたら、ひじで押さえることもできるでしょう。

 

最初に袖の後ろ側を、クリップで挟んでおき、袖のたもとが邪魔にならないようにしておくと、洗面所で手をあらうのに袖を汚さず便利です。

 

たもとを留めておく紐ベルト状の端にクリップの付いた便利グッズも販売されています。

 

お手洗いを後にするとき、おはしょりとお太鼓のたれがめくれていないか確かめましょう。

 

 

和室での座り方と椅子に座る座り方

着物のマナー所作

和室に通されたら、座布団をすすめられると思います。

 

その際は、座布団の上に足をのせて座るのでなく、座布団の手前で一度座ってから、握った両手を座布団の左右について、膝をのせていきます。

 

同じことを2、3度行って、座布団の中央に座るようにします。

 

最初に座るときに、着物の両脇を手で少しあげておくと、脚の窮屈さがないでしょう。

 

座布団から立ち上がるときは、座るときの逆ですが、少しさがって座布団から足をはずして立ち上がるときれいに見えます。

 

和食のお店などで座布団に腰かけるときは、上記のような丁寧さはなくてもよいですが、その半分くらいの所作で座るとよいでしょう。

 

つまり座布団に直接足をのせて座らないということです。

 

 

椅子に座るときは、脚を組まないようにします。

 

浅めに腰かけ、バッグは腰と背もたれの間に挟み、膝はこぶしひとつ分ほどあけて座ります。

 

足を軽くハの字にして一方を10センチほど前に出しておくと、疲れにくいです。

 

膝、足首をつけるようにして、どちらかに斜めに倒してもよいです。

 

 

食事のときのマナー

 

着物はたもとがあるため、テーブルの上のものに引っかかることがあります。

 

それを防ぐために、グラスをとったり手を伸ばす動作のときは、もう一方の手で、袖口をつまんでたもとがテーブルの上のものに当たらないようにします。

 

テーブルとの距離をとりすぎると、こぼすこともあるので、こぶしひとつ分ほどの距離で座るとよいでしょう。

 

ナプキンは膝の上でもいいですが、上等な着物のときは、帯の上からかけるようにした方が安心です。

 

ナプキンがないお店もありますから、食事用の薄手のハンカチや手ぬぐいがあるとよいですね。

 

 

着物(浴衣)のときのマナーと作法のまとめ

 

背筋を伸ばして、小さ目の歩幅でまっすぐに歩くようにすると、美しい歩き方になります。

 

いつも猫背ぎみの人も着物のときは、これを心が得ておくと美人度はアップします。

 

座布団や椅子に座るときも、細かな注意はありますが、背筋を伸ばして座る姿が美しく映ります。

 

基本的に足袋は見えても脚が見えないくらいに歩き、腕も手首より10センチしたくらいまではいいですが、肘が見えるような所作は美しくありません。

 

着物のときのマナーや所作は、挨拶の仕方や会話、食事の仕方などにも関係してきます。

 

大人としてのマナーをわきまえて、一歩すすんだ着物美人を目指してください。


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方