リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

リサイクル着物帯の買い方選び方について、元ネットショップ店長がすべてをお話します。

 

このことが知られたら、リサイクルショップから文句がでるかもしれません。

 

いつまで公開できるかはわかりません。

 

私は全国でも最も早い時期に、ネットショップのリサイクル着物のお店を始め7年間店長を務めました。

 

一度世にでた着物や帯を、多数扱ってきた経験があります。

 

リサイクル着物を利用してみたい方の不安や心配を取り除いていけたらと思い、このページをまとめることにしました。

 

着物文化と和装の美を、多くの女性に感じ取ってもらい装っていただきたいと願っています。

 

 

販売されるリサイクル着物の特徴

 

着物と一言で言っても、幅広い種類の着物があります。

 

礼装・正装用から街着・おしゃれ着用までありますから分けてお伝えします。

 

 

礼装・正装用着物の特徴

 

主に「礼装に用いる着物」は、着る機会が少ないですから新品同様のきれいなものが多いです。

 

保管の状態がよければ、絹着物は変質することなく何十年か持ちこたえます。

 

どこにも傷みもキズもなく、シミひとつない礼装着物はよくみかけます。

 

長じゅばんとセットで誂えることが多いので、セットになっての販売もあたりまえです。

 

もちろん、長じゅばん付きのものの方が高価になります。

 

 

街着・おしゃれ着用着物の特徴

 

「小紋」「紬」「お召」が街着・おしゃれ着に着られていました。

 

タンスで眠っているだけのものなら、痛みやキズ、シミもないままです。

 

これらは単品での販売がほとんどです。

 

正装・礼装のものに比べると、価格は低いです。

 

(ただし大きいサイズ、作家ものなどは高価です)

 

 

普段用の着物の特徴

 

「木綿」「ウール」「ポリエステル」の普段着着物は、リサイクル・中古といえども扱っているお店は少ないです。

 

新品同様のものもありますが、低価格でしか販売できないためお店としては利益が少なく扱いにくいからです。

 

 

時代の古いものから現代のものまで

 

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

 

リサイクルの着物には、古い時代のものもあれば現代のものまであります。

 

染色や柄のつき方などで時代がある程度わかります。

 

古いもの(アンティーク着物)は、生地や糸の弱りがあるかもしれないので、購入時に注意が必要です。

 

 

時代の古いものを買う時の注意点

 

直接お店に行くのであれば、生地が弱っていないかお店の人に聞いてみるとよいです。

 

特にヒップやひざのあたりが、生地の弱りやすいところです。

 

ネットショップで買うときは、生地や糸が弱っているかどうかは分かりません。

 

注意しようとしてもムリですが、正直なお店なら商品のコメントとして「一部傷みがある」のような添え書きがあることでしょう。

 

明らかに生地に擦り切れや傷などのあるものは、状態がわるいため価格は低いです。

 

またあとでクレームがくるのを防ぐため、「素材向き」と表現してあるかもしれません

 

 

シミや汚れを注意

 

年月を経たものは、胴裏にシミがついているものもあります。

 

糊が落ちるなどで茶色く染まってしまったようなものは、表地の状態がよくても価格は下がります。

 

また八掛の裾や袖口、衿、上前に汚れが付着しやすいので、汚れがないかどうか、あっても気にならないかを確認しましょう。

 

 

サイズの注意

 

時代の古い着物は、サイズが小さいものが多いです。

 

体格が現代より小柄だったので、仕方ありません。

 

アンティーク着物だと160センチの方が十分なおはしょりをとれるものは少ないです。

 

 

リサイクル帯の特徴

 

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります

 

帯も染色や柄ゆきなどで、ある程度の時代がわかります。

 

昭和40年代以降の帯は、シミや痛みがなければかなり長期にわたって利用することができます。

 

 

芯入りの袋帯・名古屋帯の特徴

 

時代の古いものは、生地の弱りや刺繍糸の弱りなどが考えられます。

 

締めたときに生地が破れる可能性があります。

 

お店に行くのなら、生地については質問した方がよいでしょう。

 

また芯にカビがある場合があります。

 

見た目ではわかりませんので、臭いや気になることがあれば質問しましょう。

 

 

古い帯は短いことがある

 

昭和10年代くらいまでの帯は、現代に比べ短いものが多いです。

 

体格が小さかったこと、補正はしないのが当たり前でしたから。

 

また袋帯の変わり結びなどが、現代のようにありませんので、短いと感じる帯が多いです。

 

帯を購入するときは、今使っている帯を測って、その長さを基準に長さを確かめます。

 

細身の方が普通に結ぶのはよいですが、ふくよかな方は「形ができない」かもしれません。

 

 

リサイクル着物を買うときの視点

 

リサイクル着物や帯は、いつ製作されたものか、どんな保管状態だったものかはわかりません。

 

お店の展示用だったから「未使用品」のこともあれば、仕立てたのに受け取りにこなかったため「未使用品」といった商品もあります。

 

購入するときは、できるだけ商品情報をたくさん見てみましょう。

 

できれば手にとって確認したいものです。

 

 

ネットショップで購入する際の視点

 

ネットショップを利用するなら、以下のようなお店がよいです。

 

  • サイズの基本情報が詳しい
  • 織りや染めの特徴がわかる
  • 色や模様の説明が詳しい
  • 痛み、汚れなどが詳しく表示されている
  • 適切な利用シーンがわかる

 

返品についての約束事を必ず確認してください。

 

 

サイズ直しについて

 

基本的にはサイズ直ししないものを求めましょう。

 

サイズ変更(お直し)するなら、そのお値段分を上乗せしても欲しいかどうかを判断。

 

お直しには限界がありますので相談してください。

 

 

リサイクル着物の買い方選び方・元ショップ店長がすべてを語ります・まとめ

 

古い時代のものは、生地の傷みやキズ、シミのあるなしを確認しましょう。

 

新品同様でサイズの大き目のものは、お値段は高めです。

 

自分が欲しい着物の種類を決め、好きな柄の中から自分のサイズに一番近いものを選んでいきます。

 

サイズ直しはできることとできないことがあります。

 

新品に近いきれいな状態のものが、やはり長く着用できます。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方