浴衣を通販で買うときの選び方の重要ポイントです

浴衣を通販で買うときの選び方の重要ポイントです

スポンサーリンク

浴衣を通販で買うときの選び方の重要ポイントです

浴衣を選ぶときの重要ポイント

「浴衣が欲しいけど通販で買うのってちょっと不安だし、どんな浴衣を選んだらいいのか迷っている。」

 

「お店がいっぱいあって、どのお店で買ったらいいのかよくわからない」というあなた。

 

自分の好みを知って、予算にあった浴衣を選んでくださいね。

 

商品を見ているだけでなかなか決められないという人に、浴衣の選び方のポイントを紹介しますね。

スポンサーリンク


 

浴衣通販の最初の一歩は

 

浴衣を通販で購入するとき、まず最初に確かめておきたいことは、自分の好みを知るということです。

 

ちょっと大げさに聞こえますが、お店に行ってから気にいったものを選ぶという方法もありますが、ネットで調べて通販で購入ということなら、数あるお店の中からお店を選ばなくてはなりません。

 

よさそうなのを・・・と漫然と考えていると、自分に合うのこれは!という浴衣をなかなか決められないのです。

 

そこで、最初にやってほしいことは、自分の好みを知るために、これから出てくる項目の中から思い当たる項目をピックアップしてみてください。(メモをとっておくといいですよ)

 

これは、あなたの「こだわり」の部分を見つける作業にもなります。

 

1)誰が見てもカワイイと思える浴衣がいい。

 

2)古典的な着物のような柄の浴衣がいい。

 

3)ブランド品、有名デザイナーのものがいい。

 

4)初心者向けがいい。

 

5)自分の年齢にあったものがいい。

 

まずはこうしたキーワードの中から、いくつかピックアップできたでしょうか?

 

この中に何もなかった?としてもかまいません。

 

自分の好みや欲しい浴衣を見つけるために、今度は次の作業もやってみてくださいね。

 

 

色の好みやこだわり

浴衣を選ぶときの重要ポイント

浴衣を着るなら「紺色がいい」「赤色がいい」とか思ったことはありませんか?

 

洋服のときとは別ものと考えて、浴衣のことだけで考えてみてくださいね。

 

例えば洋服のときは、白黒のモノトーンが多く、そういた色味が好きだとしてもです。

 

雑誌を見ると、はっきりした色が多いと思いますが、それは華やかに見せるためのテクニックのひとつ?かもしれないです。

 

実際そのモデルさんの浴衣を着たとしたら、どうなるでしょう?

 

いつもと違ってちょっと引いちゃうかもしれないですよね。

 

でも、ちょっとした冒険心も含めて、浴衣は選んでいいと思いますよ。

 

ここでは自分の着てみたい色の浴衣を、想像してみてください。

 

今すでに浴衣を持っていれば、その色以外の色が欲しいんじゃないでしょうか?

 

紺色、赤色、ピンク色、黒色、紫色、水色、白色、グリーン、など、この中に欲しい色がありますか?

 

若い女性に人気の浴衣の色は、ピンク色、白色、黒色、紫色の地色の浴衣でしょう。

 

40代以降には、紺、白、グリーンあたりが人気でしょう。

 

ここで考えてほしいのは、あくまで自分の着てみたい色です。

 

それだけ考えて、候補の色をメモしてください。

 

クサイと言われないために、殺菌と制汗方法についてはこちら→クサイなんて言わせない♪『アクアデオ』

 

素材から浴衣を見ると

 

浴衣は夏に着るものなので、素材はほとんどが木綿です。

 

木綿は吸湿性がよく、肌触りも快適です。

浴衣を選ぶときの重要ポイント

 

でも木綿ばかりでもないんですよ。

 

それに木綿にも、種類があるんです。

 

もし素材に興味がなければ、ここは飛ばして次をお読みください。

 

肌触りのよいものになるほど、生地の織り方(生地の作り方と言い換えた方がわかりやすかも)は複雑になっているので、手間もかかる分、お値段もあがりますが。

 

ここではざっくりと分けて紹介しますが、生地質で見ると、

 

薄い木綿の生地< 厚めのしっかりした木綿の生地< 綿紅梅(めんこうばい)と呼ばれる格子状に織られた生地・綿絽< 絞り・絹紅梅(きぬこうばい)と呼ばれる格子状に織られた生地

 

という順で、生地の質があがりお値段もあがります(お値段は染め方によっても変わります)。

 

木綿以外の素材も浴衣にはあります。

 

ひとつはポリエステル。

 

ポリエステルは吸湿性があまりよくないので、汗を吸いにくいのが特徴です。

 

そのため蒸し暑い季節に着ると、背中や太ももに汗がしたたり落ちることがあり、不快感につながるおそれがあります。

 

ただ近年ではポリエステルでも、特殊加工をして、吸湿性を高めたものが出ていますので、そうした不快感も少なくなっているようです。

 

実体験していないので、口コミにその点はおまかせしますが、ポリエステルはシワになりにくく洗濯機でも洗えるという点が便利です。

 

その他浴衣の素材には、麻があります。

 

木綿と麻の混紡のもの「綿麻」は、木綿と麻のよさを併せ持っていて、木綿よりもさらにさらっとした感触になります。

 

肌触りも麻のざらっとした感触で、涼しさを感じやすい素材です。

 

麻だけのものは「本麻」と呼ばれることが多いですが、麻だけで織られた生地は、肌に触れた心地は一番涼しさを感じられます。

 

さらっとして、汗を吸いやすく、生地が吸った汗をすぐに発散するので、真夏の蒸し暑さのときはとても快適です。

 

大人用でもカワイイと表現できるような「本麻」の浴衣も出ています。

 

麻そのものはそこまで高価ではないと思いますし。

 

素材からみた浴衣のキーワードは、「木綿」「綿紅梅」「綿絽」「絞り」「絹紅梅」「ポリエステル」「綿麻」「本麻」です。

 

素材からも浴衣を選びたいときは、以上のキーワードをメモしておいてください。

 

 

柄も選べたらいいな

 

浴衣の色よりも柄の方が大切という声も聞こえてきそうです。

 

たしかに素敵!とかカワイイ!といった印象の中に、柄も大切な要素になっています。

 

すっきりとした装いにしたいときは、浴衣の地色が柄をじゃましないようになっていますので、大人っぽく決めたいときの浴衣は、色と柄の系統が似ていることが多いのです。

 

可愛さや、弾むような気持ちになる浴衣が欲しいとなると、現代風の華やかな花や蝶が乱舞しているような、色も明るい黄色、赤、ピンクなどを多色に用いたものが多くなります。

 

「柄が大切」っと考えるなら、柄のキーワードも出しておきましょう。

 

例えば、「薔薇」「蝶」「なでしこ」「朝顔」「キキョウ」「桜」「ユリ」「雪花」などですね。

 

これ以外にも、浴衣の柄でこんな柄のものを着てみたいと思ったら、メモしておきましょう。

 

 

単品それともセットで欲しい?

浴衣を選ぶときの重要ポイント

浴衣を着るには、帯、下駄、腰ひも(またはそれにかわるベルト)が必需品です。

 

そのため全く初めて浴衣を着るのであれば、浴衣を選んでから、帯を決めて、下駄を決めて・・・と順を折っていくと時間もかかるうえ、難しく感じるかもしれません。

 

こだわりの一品を見つけるにはいいのですが、面倒な気持ちになることもあるかもしれません。

 

そういうときは、浴衣を着るのに必要なものがセットになっていれば安心です。

 

いわゆる「浴衣のセット」ですね。

 

どんなセット内容になっているのかは、しっかりと確認しておきましょうね。

 

またすでに浴衣を着たことがあって、これからも求めるものは二枚目三枚目であれば、浴衣単品で選べばいいですね。

 

単品で選ぶときは、今までメモしてきたキーワードを参考にして、探していきます。

 

 

セミーダー、お誂えもあります

 

とてもほっそりしている体型の方、ふくよかで大柄という方は、既成の浴衣では物足りないと感じるかもしれません。

 

そんなときはセミーダーお誂えという手もあります。

 

通販でもセミーダーやお誂えを受けているお店がありますので、自分用にちゃんと仕立てたものが欲しいなら、そうしたキーワードもメモしておきましょう。

 

セミーダーやお誂えは、作ってもらう時間がかかりますので、着ていく予定より早めに注文をしておくのを忘れないでださい。

 

自分用に出来上がった浴衣は、サイズぴったりで着心地満点ですし、手縫いの良さがわかっていいものです。

 

こだわりの浴衣をひとつは欲しいというときも、反物だけ選んでお誂えする人も多いです。

 

 

まとめと

 

長々と話してきましたが、まとめるとすっきりしますよ。

 

まず今までの中で、あなたが欲しい浴衣のキーワードがいくつか出たはずです。

 

最初の一歩では、例えば「古典的な着物のような柄の浴衣がいい。」と考えたとします。

 

そして色は「白」がいい。

 

素材は「綿麻」にしてみよう。

 

柄は「なでしこ」に。

 

二枚目の浴衣だから、「単品」で。

 

誂えはお値段もかかりそうだから、既成のもので。

 

メモしたキーワードを並べてみます

 

ここまで絞り込んでおくと、欲しい浴衣は素早く見つかります。

 

漫然としていた欲しい浴衣のイメージが、かなりはっきりと目の前に現れてきますよ。

 

この場合だと、「浴衣」「古典柄」「白」「綿麻」「なでしこ」これだけのキーワードを検索窓にいれて検索してみます

 

「」はとって検索してみたところ・・・・・

 

お目当ての浴衣がちゃーんと出てきました!それもかなりたくさ出てきました。

 

通販で浴衣を買うときは、こうして自分の好みをはっきりさせていくのが一番早い方法です。

 

お値段の好み(予算ですね^^)があれば、それもキーワードのひとつとしていれてもいいでしょうね、そうするともっと絞り込むことができます。

 

 




スポンサーリンク




関連ページ

浴衣で犬山・お得がいっぱいのワケ・納涼スィーツだけじゃない!
兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ
京のはんなり浴衣姿・京女に憧れて
浴衣の臭い(におい)の消し方おすすめ方法
浴衣(ゆかた)の仕立ては5月に頼むとお得なワケ・仕立てが向く人
男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を説明しています
伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着られる?
下駄の鼻緒ずれの予防や防止対策
浴衣で遊ぶ夏祭りや花火大会、行くとき気をつけることって何?
「京の浴衣(ゆかた)」はんなり大人の最高級浴衣の魅力
浴衣にする帯締めとそのアレンジ
子供(女の子)のゆかたと帯結び
子供(男の子女の子)の浴衣のたたみ方
浴衣(ゆかた)最初の一枚の選び方
2015年浴衣トレンドは?新しく買うならどんな柄ゆかた?
体型をカバーする大人の浴衣と帯結び・40代50代60代
粋で上品な大人の浴衣の選び方着方・40代50代60代
京都で磨くゆかた美人「さんずいの涼を楽しむ」第9回(最終回)NHK趣味Do楽
息子浴衣デビューの写真(ビフォー・アフター)
京都で磨くゆかた美人「浴衣に愛を」第8回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「めざせ!イケメンゆかた」第7回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「手作り小物で遊ぶ」第6回NHK趣味Do楽
東海エリアの花火大会 2016・長良川・岡崎・豊田・熊野
京都で磨くゆかた美人「自分でできる ゆかたのヘア&メイク」第5回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」第4回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「TPO別マナー」第3回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「すっきり見える浴衣の着付け」第2回NHK趣味Do楽
京都で磨くゆかた美人「似合うゆかたはこう選ぶ」第1回NHK趣味Do楽
温泉浴衣の着方(男女)と注意点です・浴衣を寝巻きに
子供の浴衣の腰あげの方法を詳しく解説しています
子供の浴衣の肩あげの方法を詳しく解説しています
子供の浴衣の着せ方と兵児帯の結び方(リボン結び・蝶結び)
プチ兵児帯・ごくごく簡単なアレンジ方法
浴衣を反物から仕立てるメリットや費用のこと
浴衣3点・5点セットなどセットもので気をつけたいことです
2014浴衣トレンドはレトロ・古典柄ってどんな柄?
浴衣のときの下着や肌着・何を着るといいか詳しくお話します
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法
浴衣のレンタル・借りる前に読んで知っておきたいレンタル事情
浴衣の洗濯・洗い方・自分でできるお手入れ方法
浴衣の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)
浴衣の帯の結び方・簡単結びをマスターしませんか?
浴衣でデート・お出かけの前準備シミュレーション・初心者向け
浴衣でお出かけデート・お化粧や注意することをまとめました
男性の浴衣の着方・着付け方・帯結びを写真つきで説明しました
メンズの浴衣帯結びを写真付きで説明しています
浴衣の前・襟合わせはどっちから?間違わない覚え方
浴衣のたたみ方(男女)ならここを見ながらやってください
浴衣の簡単着付け(着方)に必要なもの(超初心者向け)
浴衣のときの名古屋帯と半幅帯・合わせ方も紹介してます
着物と浴衣の違いは何?





  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方