帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ

帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ

スポンサーリンク

帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ

帯長い長すぎると感じている人へ

着物に不可欠の帯ですが、長さは3.5〜3.8メートルもあります。

 

そのため着物を始めた人が、扱いにくくて辛い想いをするのが、帯の結び方です。

 

着物の帯ってどうしてこんなに長いのか、不思議だし、面倒だし、もういやんなっちゃいますね。

 

帯がうまく結べないと、着物なんてもうイヤ!という気分になってしまいそうです。

 

帯の長さがどうしてこんなに長いのか、その長さにはわけがあるんです。

スポンサーリンク


 

帯の長さははっきり言って長すぎます

 

帯の長さ、はっきり言って長すぎだと、私も着物を始めた頃思いました。

 

お腹にぴったり巻きつけるだけでも、上手くいきませんし、その上形をいろいろ作らなくてはなりませんしね。

 

最初に手にする帯は、半幅帯が多いはずですが、半幅帯は、長さが3.5メートル前後あります。

 

最近は4メートルくらいのものが主流になっているかもしれません。

 

洋服のベルトなら、1メートルくらいなので、ウエストサイズより出た分は、おさまりがいいように押さえがあります。

 

洋服のベルトと同じような働きをするものなのに、着物のときの帯の長さは、3倍以上あります、確かに長いです。

 

帯長い長すぎると感じている人へ

半幅帯の場合は、ウエストに二周させてから、ほどけないように結んで、それから結び目に飾りを施します。

 

実用的な形式だけの結びのものもありますが、現代では「帯で華やかに飾る」目的の方が重視されているので、帯の長さそのものが4メートル近くに長くなる傾向があります。

 

昔日常で着物を着ていたころの半幅帯は、3メートルちょっとから3.5メートルまでのものがほとんどで、現代よりは短めでした。

 

また着物のときは、着映えがすることと、着くずれを防止するために、ずん胴の姿の方がよいので、ウエストにタオルを巻いたりします。

 

そのためウエストサイズは、着物を着てから帯をする手前のところでは、洋服のときのウエストサイズより10センチ以上増えています。

 

太くしたウエスト(胴周り)に、2周帯を巻くので、それだけで1.5メートルは超えるでしょう。

 

名古屋帯の場合も同様です。

 

着物の外出用として名古屋帯を締める人が多いのですが、この帯の長さは、3.5〜3.8メートルです。

 

半幅帯とほとんど同じ長さです。

 

やはりタオルで太くなったウエストに、2周帯を巻いて、それから背中にお太鼓を作ります。

 

この長さでは、痩せた人は確かに長すぎてあまってしまいます。

 

普通体型の方だと、ゆとりをもってお太鼓を作ることができます。

 

しかしふくよかな方だと、短く感じてしまう長さです。

 

かなり太った人だと、タオルでウエストを太くしなくても、手先の方の長さが足りなくなってしまいます。(なんとか形はつくれるはずですが)

 

 

長い長いと感じる帯ですが、胴に二巻きしたうえで、飾りの部分を作るために、どうしても3.5メートルとかの長さが必要になってきます。

 

洋服のベルトのような目的とは、つける意味合いが違うというわけです。

 

 

胴(ウエスト)に二巻きする理由

帯長い長すぎると感じている人へ

着物の帯は、洋服と違って胴に二巻きするといいましたが、なぜ二巻きもする必要があるか?です。

 

それは、ベルトのように穴や留め具がない帯は、落ちないようにするために、結ぶ必要があります。

 

それならひと巻きして結べばいいじゃないか、とも感じますが、それだと、結び目をつくるためにできた付近の帯のシワや細くなっていく部分が、どうしても表に見えます。

 

それから、ひと巻きしただけで結ぶと、飾りのお太鼓やその他さまざまな結びを、支える力がでません。

 

またひと巻きしただけだと、体に密着した感がなく、より強く結ばないことには安定して体にフィットしてくれません。

 

帯を胴に二巻きすることで、ギューギュー引き締めなくても、体に密着してフィットしますし、結び目があってもその内側も帯があるため、見た目もきれい、そして飾りにもなる結びの形を、複雑に作ることができるようになります。

 

 

男性の帯と女性の帯の違い

 

以上は女性の帯の半幅帯と名古屋帯のしくみや特徴を見てきました。

 

では男性の帯はどうでしょうか?

 

男性の帯は二種類しかありません。(女性は袋帯や細帯などもあります)

 

ひとつは兵児帯、もう一つは角帯(かくおび)です。

 

兵児帯は幅の広い柔らかい帯で、3.8メートル前後の布です。

 

この帯は普段用のもので、蝶々結びや片蝶結びにして、気軽に締めるものです。

 

角帯は幅約10センチ、長さ3.8〜4.2メートルほどの帯で、袋帯、ひとえ帯、帯芯入りのものなどがあります。

 

長さとしては、女性のものとあまり変わりませんが、男性の帯は、飾る目的はなく、着物の前合わせを閉じるためにだけする帯といってもいいでしょう。

 

それでも、胴に一周するだけでなく、二周、細い方だと三周させて、結び目の形を作ります。

 

男性の帯は、ほとんど無地か縞模様、柄があっても同じ柄が連続したものが多いのが特徴です。

 

一方女性の帯は、装飾に重きを置いてあり、体の前や後ろ側の見える部分には、華やかな染模様があったり、全体に豪華な色調や、複雑な織り模様があります。

 

 

帯サイズは号数などの長さ表示はない

帯長い長すぎると感じている人へ

着物に使う帯は、大きさのサイズはありません。

 

どんな人でも、半幅帯なら半幅帯、名古屋帯なら名古屋帯という選択しかありません。

 

細い人は余るでしょうし、ふくよかな人は長さが足りないかもしれません。

 

大は小を兼ねるで、細い人は、折り曲げたり、しまい込んだりして、長さの調節ができますので長すぎても問題なく使えます。

 

ふくよかな人は、短すぎる場合、着用に問題のあるくらい短いというときは、帯の途中に継ぎ足しをすることもあります。

 

また仕立ての最初の段階で、長尺の帯を仕立てることもできます。

 

号数やサイズ指定のないのが帯の特徴です。

 

 

着物の時には、帯が絶対必要

 

現代の感覚からいくと、そんな融通のつかない着物の世界が、おかしいと思えるかもしれませんが、昔から続く着物の歴史の流れが、今も脈々と続き受け継がれているわけです。

 

伝統的な文化的な衣装ということができますし、短い帯の方が扱いやすいからということで、着物の時の帯に大きな変革はまだ起こっていません。

 

今のような帯が一般的になったのは、大正時代中期ごろですが、着物姿の美しさや帯の役割を考えると、今のような帯の形態はまだ続くとおもわれます。

 

ただ、普段用の帯として、胴の部分だけの短い帯も庶民は使用していましたし、家庭用で着用する分には、二巻きして駒結びするだけのような2メートルほどのものもありました。

 

ですから、そういう短さの帯をしても、特段ダメなわけではありません。

 

着物の前合わせを留めるだけなら、装飾性のない帯でも、太目の紐でもいけないというわけではありません。

 

また軽装帯や作り帯という名称で、昭和の40年代あたりには、名古屋帯のお太鼓をあらかじめ形作ってあるものが製作されていましたし、それは簡単にお太鼓姿になれるので、今でも好んで使う人もあります。

 

 

実は帯は短くすることもできる

帯長い長すぎると感じている人へ

着物を着るとき、街着や外出用には名古屋帯でお太鼓をする人が多いと思いますが、お太鼓を作るのが大変と感じている人は案外いらっしゃいます。

 

着物教室などで習っても、なかなかさっと上手にできるようにならないという不満を持つ人は多いですね。

 

扱いにくいと、練習もいやになって、着物を着たいと思っても、帯結びがうまくいかないことがネックになって、着物が苦手になってしまうこともあります。

 

私も何度もそんな人の話を聞いてきました。

 

私自信、もっと簡単にお太鼓にできないか、と考えて、作り帯にしてみたり、帯を分割して身につけやすく工夫してきました。

 

そうやって工夫していくうちに、胴に二巻きしなくても、お太鼓ならできる方法も見つけました。

 

帯はもともと体にフィットさせて結ぶために、二巻きしましたが、ひもを取り付けると、ひと巻きだけでも固定できます。

 

そうなれば、二巻きしていた長さが必要なくなります。

 

また、3.5メートル以上の長さがあったものに、ひもを取り付けることで、分割させて装着しやすくしたりもできます。

 

これですと、一番長い帯のパーツでも、胴に巻く部分の2メートルほどになって、長くて手こずることはなくなります。

 

昔からある帯の形だと長くて扱いにくかったものも、短くしてしまえば身につけやすく、素早くお太鼓姿になれます。

 

お太鼓の帯結びに大変な想いをしているなら、そうやって工夫してある帯を使ってもいいのではないでしょうか。

 

 

出来栄えは同じの名古屋帯

帯長い長すぎると感じている人へ

特に出番の多い名古屋帯のお太鼓結び。

 

手先のとり方や、お太鼓の作り方は、かなり練習を重ねないとうまくできませんね。

 

また腕を後ろで操作するのが大変という人だと、練習そのものができないかもしれません。

 

そんな人にとっては、名古屋帯を分割して利用すると、素早くお太鼓が作れるようになります。

 

名古屋帯を分割しても、お太鼓姿は全く変わりませんので、どこから見ても普通に名古屋帯をしているのと同じ状態ですからご安心ください。

 

帯が長すぎてうまくお太鼓が結べない人に、長く利用されている方法です。

 

また、通常の締め方では、短いと感じているふくよかな方でも、ちょうどよいお太鼓結びができると好評な方法です。

 

この方法にすると約2分で帯が装着できます。

 

 

帯の長さが長すぎてのまとめ

 

帯の長さが長いのは、体に密着してフィットしやすく、見た目もきれい、そして飾りにもなる結びの形を、複雑に作ることができるようにするためです。

 

結び方を習得するのは大変かもしれませんが、これが着物の文化であり伝統というものでしょう。

 

それでも伝統ばかりにこだわるわけではありません。家庭の中では簡単な付け帯や「なんちゃって帯」も用いられていましたし、一緒にいる方に不愉快な想いをさせない限り、使いやすい扱い方をするのは自由です。

 

「帯が面倒」と感じている方に喜んで活用していただいている方法は、「お気軽帯」として帯が長すぎてうまくお太鼓が結べない人に、長く利用されている方法です。

 

約2分で帯が装着でき、いつも安定したきれいなお太鼓姿でいられます。

 

※なんちゃって帯と呼ばれる、前だけの帯はこういったものです⇒なんちゃって帯・簡易帯

 

お気軽帯の詳しい説明は、この下の「格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法・お気軽着物の作り方」よしえ流お気軽帯(名古屋帯)の作り方付き に詳しく解説しています。

 

前半は気楽に着られる「お気軽着物」 後半が今の「お気軽帯」の説明になっています。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方