着物の仕立て・作り方を分かりやすくまとめました!

着物の仕立て・作り方を分かりやすくまとめました!和裁の?がなくなる

スポンサーリンク

着物の仕立て・作り方を分かりやすくまとめました!和裁の?がなくなる

着物の仕立て・作り方をお伝えします

 

着物の仕立ては、「和裁」による作り方をしています。

 

そのため縫い方は和裁独特の特色のある方法で行われています。

 

手作り(手縫い)するのはもちろんですし、構造や縫い目にも和裁(着物)ならではのものがあります。

 

くるくる巻かれた細長い布から、いったいどういう風に着物ができるのか?

 

その作り方(仕立て方)を詳しくまとめましたので、これを読んでいただくとあなたの疑問がスッキリすると思いますよ。

スポンサーリンク


 

着物の仕立ての基本はその構造にあります

 

まずは着物を仕立てるにあたって、着物の構造を理解すると全体像がつかめます。

 

女性の着物を例にしてお伝えしますね。

 

<着物の構造の特徴>

 

・きものは左右対称の衣装である。

 

・幅38センチほどの長い布から作られる。

 

・手縫いですべての工程を行う。

 

・部位は、襟、袖、身頃、おくみに大別される。

 

このように、構造や作りは、洋服に比べるといたって単純なのがわかります。

 

ボタンやファスナーの取り付けはなく、ダーツやギャザー、カーブに縫い合わせるところもありません。

 

 

着物の特徴
 

着物の形構造・展開図

 

出来上がりの形は、女性の着物はみな同じ形をしています。

 

裏地のないものと、裏地のついているものの違いはありますが、表の生地の形はみな同じです。

 

呉服やさんなどの看板とかでよく見るこの写真の形、これが女性の着物を外側から広げてみた形です。

 

両端が「袖」その下の細いところが「襟」、そして内側に向かって「おくみ」「身ごろ」、真ん中の線が背中心の線になります

 

 

着物の仕立て方の手順

 

着物の仕立て方はおおまかに以下のような手順で行われます。

 

<着物の仕立て方およその順序>

 

1)着物を仕立てる方法は、最初に長い布(反物といいます)の布目を整えることから始めます。

 

アイロンを使い、縦糸と横糸をまっすぐにする作業です(湯のし幅出しを別途専門家に済ませてもらうこともあります)。

 

2)着物が出来上がったときに柄がきれいに出るように、裁断する方法を考えます。

 

3)身長や袖の長さをあらかじめ測っておいて、身頃、袖、襟、おくみのそれぞれの部分に裁断します。

 

4)襟の肩あきを裁断します。

 

5)出来上がり線のしるしを、「へら」でつけていきます。

 

6)そのあとは、線にそってひたすら手縫いしていきます。

 

7)「こて(和裁用アイロン)」を利用して(現代ではアイロンでもOk)縫い代の折り目をつけます。

 

8)部分ができたら身頃と袖、身頃と襟をつなげて、きれいに仕上げます。

 

およその工程はこの通りですが、衿先のしまつや、裾の始末などが途中であります。

 

 

着物を手作りする縫い方の特徴

 

和裁の縫い方の練習

(和裁の縫い方の種類を練習していたときのものです)

 

現代でこそ機械でも縫うことができるようになった着物ですが、それでもまだほとんどの着物が手縫いされています。

 

昔から受け継がれてきた着物の仕立て方は、現代でもそのままの技術が生かされています。

 

着物の縫い方は「和裁」の技術です。

 

洋装の縫い方の「洋裁」とは、大きく異なっています。

 

まず長さの単位を尺(しゃく)で表しますが、和裁の世界ではこのままの単位が今も使われています。

 

ただ尺という単位を理解できるのは、着物の利用者の中ではほんのわずかなので、センチの単位を使うのも一般化していると思います(私が10数年前に習ったときセンチでOKでした)

 

 

和裁で使う用具

 

和裁のお針箱の中身

 

和裁はそもそも手縫いで手作り。なので当然機械は必要ありません。

 

和裁で使う道具は、「針、糸、はさみ(二種類)、ものさし、へら、くけ台、断ち台、アイロン・アイロン台」 くらいです。

 

 

和裁の縫い方の特徴

 

手で縫う縫い方の種類はいくつかありますが、基本的に布を引っ張りながら、均等な縫い目で縫っていきます

 

縫い終わったあとは、縫い目より2ミリ外側を折るのが基本で、縫い目が表側から見えないようにします(きせをかけるといいます)。

 

これは縫い目と糸を守る和裁特有の仕立て方です。

 

糸も布も貴重品であった時代から、ずっと受け継がれてきた方法です。

 

 

布を大切に繰り返し使うことができる

 

手縫いの糸はほどきやすく、仕立て直しもしやすいので、繰り返し布を利用するのに適しています。

 

布そのものが平面のままなので、着物の役目を終えたら他の用途の衣類に作り替えたり、傷んだ布の位置を変えたりして、布を使いまわしていくことができます。

 

今でいうリメイクですが、昔はいく通りにも使いまわしていてそれを「繰り回し」とよんでいました。

 

着物の布はいろいろなものに形を変えることのできる、とても合理的な裁断と仕立ての方法なのです。

 

 

きものの仕立てに必要なそのほかの材料

 

着物の仕立てで他に必要なもの着物の若い女性

 

着物を仕立てるとき、着物生地(反物)以外に必要になる材料を紹介します。

 

女性の裏地のある着物で紹介します。

 

<女性の裏地のある着物の反物以外の材料>

 

・裏地の「胴裏」と「八掛」

 

・襟補強用の小布

 

だけです。洋服の仕立てを知っている人にはたったそれだけ?」というくらいのものですね。

 

実際お手元に着物があれば、ご覧になってみてください。

 

着物の上の方の裏地は、白っぽいことがほどんどで、「胴裏」といいます。

 

下の方についている裏地は、表生地に合わせて好みで選ぶのですが「八掛(はっかけ)」といいます。

 

「八掛」は、身頃と衿先で合計8枚の布に分けて付けるので八掛というのですが、その後袖口にも同じ布を用いるようになっています。

 

裾回しという名称でも呼ばれています。

 

 

着物を作るときの材料は、以上のように数少なくシンプルです。

 

糸も、仕付け用、本縫い用と二種類使うだけです。

 

 

着物の良さをこれからも!

 

着物の作り方は、上記のような材料や手順によって、職人さんが1〜2日の間に仕上げます

 

着物が日常着だったころは、家庭の主婦が家族の着物を縫っていた時代も長かったので、手に覚えのある年配の方も大勢いらっしゃるはずです。

 

仕立て方が分かると「自分でもやってみたい」と思えるかもしれません。

 

着物に興味がある方は、ぜひ和裁をちょっとでも学ばれるとよいですよ。

 

着物の理解が深まりますし、日常着なら洋服を作るより簡単かもしれません。

 

できれば若いころから着物に接することができると、一生を通じて着物のある暮らしをしていけるのではないかと私は考えています。

 

着物のある暮らしといっても、冠婚葬祭のときだけでなく日常に着る服を洋服と同じレベルで考えられる、それくらいの気楽な選択肢になるといいなという意味でです。

 

着物は贅沢な絹製品が見栄えがいいですが、木綿やウール、洗える繊維などの手軽な着物もあります。

 

活動的とは決して言えませんが、服と同じにおしゃれを楽しむのにもってこいだと思います。

 

日頃から着物に親しむ人が増えれば、日本独特の柄や色彩感覚も自然に残っていくのではないかなと期待しています。

 

日本人の体は、まだまだ着物の時代のDNAを受け継いでいるのではないでしょうか。

 

ちょっと熱がはいってしまいましたが、「着物の仕立てって案外簡単そう」って思いませんでしたか?(^o^)

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方