着物でピアス・アクセサリーはダメ?詳しくまとめてみました!

着物でピアス・アクセサリーはダメ?詳しくまとめてみました!

スポンサーリンク

着物でピアス・アクセサリーはダメ?詳しくまとめてみました!

ピアス

 

「着物のときピアスはOK?」「アクセサリーはダメ?」

 

着物を始めると、こんなことも気になりだしますね。

 

アクセサリーをいつもしている人にとって、してはいけないのならその理由が知りたくもなりますね。

 

特に指輪やイヤリングなど、服装にかかわらずできるアクセサリーは、着物のときにも当然かまわないんじゃないかと・・・

 

そこで、今まで管理人が見聞きしたり先輩諸氏に学んできた経験から、着物とアクセサリーの関係を総まとめをしてみました。

スポンサーリンク


 

着物とアクセサリーを考える

 

まず最初に、着物とアクセサリーの関係を考えてみます。

 

「着物」と一言でいっても種類がいくつかあるので、大まかに二分して考えます。

 

そうしないと「着物」という言葉で連想するイメージが、人によって違ってしまうからです。

 

分け方は、

 

「礼装・正装と呼ばれる着物で式典や社交目的に参加するときの着物」

 

「おしゃれして行くプライベートお出かけのときの着物」の二つです。

 

 

アクセサリーは、ピアス(イヤリング)・指輪・帯留め・時計・ネックレスを考えてみます。

 

 

「基本的には、着物にアクセサリーはしない」という話を聞いたことがあると思います。

 

これは、着物で暮らしていた時代には、イヤリングや指輪などで身を飾る習慣はなかったことに由来しています。

 

着物が日常着だった時代は、髪を高く結い上げたり、年齢や未婚既婚の別でも髪型が違っていて、髪にかんざしや櫛はするものの、その他の場所に装飾品をつけるこはありませんでした。

 

その後着物が日常から離れていき、日常には洋服を着、特別な日にだけ着物を着る人が増えていったので、洋服用のアクセサリーを華やかな席、特別な着物のときにも使う人が出てきたわけです。

 

特別な日に着る着物は、華やかで高級な品質のものなので、その豪華さがすでにその人の姿を美しく立派なものにしていることから、それ以上に華美に飾らなくても十分と思えます。

 

でも一層美しく着飾ることも、女性なら誰でもそうしたいという気持ちがありますよね。

 

昔のように着物のときにはアクセサリーをしていないので「アクセサリーをしてはいけない」ように言われますが、現代ではこれ見よがしでないものなら、少しずつおおらかに見てくれる人も増えています。

 

そこで目的別によって着物の種類が違うように、許されるアクセサリーの範囲も違ってきます。

 

 

式典や社交目的の着物とアクセサリー

 

式典や社交の目的で着物を着るとき、アクセサリーはしない、またはしてはいけないという考えが多いですが、アクセサリーの種類によっては、してもよいものがあります。

 

一つずつみていきますね。

 

ピアス・ピアスは基本的にはしない方がよいです。

 

してはいけないという決まりはありませんが、してはいけないと思っている人が多いので、しない方が無難という意味です。

 

ピアスの中でもしてもいいと思えるものは、耳にぴったりついていて、ごく小さいものならよいでしょう。

 

ゆらゆら揺れるものはやめましょう。

 

これはイヤリングも同じ考え方でよいです。

 

(留袖を着るときや年齢の高い方が礼装着物を着るときはピアスはNG)

 

指輪

 

指輪・指輪は、結婚指輪や婚約指輪で、平たいものならOK。

 

立爪の指輪もあまりゴテゴテしていないものなら、OKと考えます。

 

 

帯留め・振袖や留袖には帯留めはしない。

 

訪問着は改まった席には真珠、ダイヤ、ヒスイ、エメラルド、ルビーなど。

 

それ以外の場所へなら、べっ甲や七宝お趣味感覚のもの。

 

付け下げは、宝石を避けて、べっ甲、七宝、蒔絵、彫金が似合う。

 

 

腕時計

 

時計・しない方がよいと思います。

 

ない方が手首がきれいに見えるので、しない方がよいと思います。

 

それともう一つの理由、社交の場で時間をいちいち気にするような雰囲気にしないために、腕時計はしない方がよいと思います。

 

訪問着や付け下げなら、細いエレガントな腕時計なら、していてもよいでしょう。

 

 

ネックレス・首を飾るものは、着物のときはしないものです。半衿や伊達衿で胸元を飾るので、していると違和感があります。

 

 

洋服と着物の美意識の違いみたいなものもが日本にはあって、「洋服はプラスの美」、「和服はマイナスの美」

 

礼装・正装の時は、髪をアップにして着物のボリュームに合うよう大きく髪型を作るので、その時かんざしをする程度で十分な美しさがかもしだされます。

 

他のものをいろいろと付けて飾るより、マイナスの美を愛でるくらいが、品よく映ると考えています。

 

その他の装飾品で、マニュキアについては、淡くて清潔感のある色ならつけてもよいでしょう。

 

根付(ねつけ)はしません。

 

それから、指輪や腕時計は、着物を脱ぎ着する際には、はずしておくと引っかけたりすることなく安心です。

 

 

プライベートお出かけのときの着物とアクセサリー

 

はっきり言ってしまうと、プライベートでお出かけするときなら、どんなアクセサリーをしていてもよいというのが、管理人の考えです。

 

ただし、品質も格も高い訪問着や付け下げ、色無地などの着物のとき、あまりにも安っぽいガラスの帯留めとかはバランスとしておかしいですから、これはNG。

 

あくまで着物とアクセサリーの品格は合わせたいものです。(洋服のときのコーディネートと同じ考え方)

 

アクセサリーをすると、そのアクセサリーそのものも、全体の着物姿にマッチしていないとおかしいので、色や大きさのバランスも考えなくてはなりません。

 

普段着として着るような、お友達とのお出かけなどで着る着物なら、洋服のときのアクセサリーをどんどん合わせることがでます。

 

ネックレスを除けば、まずどんなアクセサリーでも合わせられる思います。

 

 

以上管理人の考えを書きましたが、年齢の高い方ほど、着物とアクセサリーの関係を厳しく考えている人は多いはずです。(管理人も50過ぎてますから年配者ですね〜)

 

ピアスなんてなかった時代の人間は、体に穴をあけて!という感覚なので、若い方の感覚とかけ離れているところがあります。

 

なので、結婚式・披露宴をはじめとする改まった席に出るときは、自分が目立つために装うのでなく、場の雰囲気を盛り立て、主催者に喜んでいただく、そんな控えめな気持ちで着物を装う心構えがあると、おのずと「着物の美」について考えることができるんじゃないかなと思います。

 

プライベートの着物のときは、大いにアクセサリーを楽しんで、ワクワク気分でお出かけください。



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方