アンティーク着物購入前の注意点とは?

アンティーク着物購入前の注意点とは?失敗しないお買い物のために

アンティーク着物購入前の注意点とは?失敗しないお買い物のために

アンティーク着物の選び方

アンティーク着物は、現代にないロマンを感じさせる素敵な模様の着物です。

 

そのレトロ感が大好きという人も多いですね。

 

気にいったアンティーク着物なら、お出かけの楽しみも倍増します。

 

現代でも通用するそのモダンな着物や帯ですが、購入のときはこんなこと注意されるといいですよ。

 

というのも、アンティーク着物は仕立てられてから時間がたっていますね。

 

そのため傷みや色の変化がある場合があります。

 

アンティーク着物にはどんな特徴があるのかをみながら、失敗しないお買い物をしましょう!

 

スポンサーリンク


 

アンティーク着物とは・特徴

 

アンティーク着物の選び方

 

「アンティーク着物」といわれるのは、昭和10年代までの戦前の着物を指します。(これが定説でしょう)

 

ですから江戸末期、明治、大正、昭和の初期までの期間のもので、一番新しいものでも今から70年以上前に作られたものになります。

 

今入手しやすいものは、大正〜昭和初期のものです。

 

 

アンティーク着物の時代について

 

70年以上というととても長い期間に思えますが、そのころまでは日常に着物を着るのが当たり前の時代でした。

 

もちろん晴れの日も着物を着ていて、洋装をしている人は女性ではまだとても珍しい時代でした。

 

化学繊維もなく、化学薬品も着物にはつかわれていなかった時代です。

 

庶民は木綿や麻のものも日常着で着ていましたが、それ以外は絹で織られた、天然染料で染めた着物を着ていました。

 

明治初頭から日本は生糸の生産や輸出を誇っていて、着るものも絹の着物が大量に出回るようになっていた時代です。

 

絹の光沢や着心地は、木綿や麻とはくらべものにならず、庶民の間でも絹の着物が広く着用されていた時代です。

 

とはいっても一般家庭では、お金に代わる価値のあるものだったので、貧しくなると質に入れてお金を借りたりする品物の代表でもありました。

 

アンティーク着物と呼ばれる時代の着物は、その後あまり着用されなくなり、普段用にはウール製のものが主流になります。

 

絹の着物は高級品の訪問着や付け下げなどが主流になっていきます。

 

着物の好きな方が受け継いで残したものが、アンティーク着物として現代にも流通しているわけでです。

 

 

アンティーク着物を購入できるところ

 

アンティーク着物を購入できるところ・帯の例

 

アンティーク着物が欲しいとき、どこで購入できるのか。。。

 

購入できるお店と買う前の注意点をお伝えします。

 

 

アンティーク着物購入でおすすめなのは

 

一番よいのは、アンティーク着物の専門店へ出向くことです。

 

そこには昔の着物や帯などの知識に精通した店主がいるはずです。

 

アンティーク着物ばかりを扱っているので、比較検討しやすいです。

 

ただそうした専門店は、そうそうあるものではありませんね。

 

そこで専門店が近くにないとき、こんな方法でアンティーク着物を入手することができます。

 

 

アンティーク着物の入手先

 

  • アンティーク着物を扱うネットショップ、ネットのリサイクルショップで探す
  • リサイクル品を扱う市場(お店)で探す
  • 骨董市や蚤の市で探す

 

という方法があります。

 

ネットショップ以外は、そこまで出向く必要がありますし、場所も日にちも限られます。

 

ですからやはり多くの方は利用しにくいですね。

 

でも自分の目で確かめることができるので、後悔も少ないと思います。

 

では、実際アンティーク着物や帯を買うにあたって気をつけたいことを詳しくお話します。

 

 

アンティーク着物を購入する際に気をつけること

 

アンティーク着物を購入のとき気をつけること

 

アンティーク着物は年月を経ているため、傷みがある場合があると先に言いました。

 

ですから傷みや弱りを念頭において買う必要があります。

 

またサイズがまちまちたため、着ることができるかどうかを見極めなくてはなりません。

 

 

生地の傷み・劣化がないですか?

 

きちんと保管されていても、生地が弱っていることがあります。

 

傷みやキズがないかよく見てください。

 

生地が薄くなっているところがないかを確認しましょう。

 

ヒップ、ひざ、すそなどの生地は特に注意してみてください。

 

刺繍のあるものは、糸が切れたりなどしていませんか。

 

 

生地の色の変化がないですか?

 

時代の古いものは、生地の色が一部分変化していることもあります。

 

あるいは裏地の色が変化していたり、衿や袖などにシミがある場合もあります。

 

難点があるものは、それを承知の上で購入しましょう。

 

 

サイズが小さすぎないですか?

 

アンティーク着物のサイズは小さいものが多いです。

 

昔の日本女性の平均的なサイズで仕立てられているものが主流です。

 

着られるかどうかを必ず確認しましょう。

 

着物の身丈(上から下までの長さ)、裄丈(ゆきたけ)、そして身幅も確認しましょう。

 

帯も短いものが多いですから、長さ・柄のつき方を確認しましょう。

 

 

素材として高い価値のあるものも

 

着物や帯として使用価値がなくても、高価なアンティーク着物というものはあります。

 

それは素材としての利用価値が高いものです。

 

一部劣化していても高級品もありますので、注意してください。

 

 

アンティーク着物購入前の注意点とは?失敗しないお買い物のために・まとめ

 

アンティーク着物は70年以上も前に仕立てられた着物や帯です。

 

一品一品が個性的なアンティーク着物は、同じものがもう再現できません。

 

素晴らしいデザインや色が魅力ですが、劣化しているものもあります。

 

購入にあたっては、生地の傷・劣化・色の変化などをよく確認しましょう。

 

小さいものが多いのでサイズも必ず確認しましょう。

 

 

<余談>・アンティーク着物の色柄の特徴

 

アンティーク着物を購入のとき気をつけること・アンティーク着物例

 

アンティーク着物は、その時代の流行がはっきり出ている着物です。

 

大正時代に特にそれが表れています。

 

「大正ロマン」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

おおらかでのびのびとした雰囲気が、時代の流れの中にありました。

 

新い時代に向かって、自由に女性たちの個性も花を咲かせようとしていた時代だったのです。

 

女性向けの雑誌が読まれるようになって、ファッションも華やかになっていきました。

 

今ではレトロな雰囲気のものも斬新なロマンティックな柄として、若い女性に支持されていた時代です。

 

大正ロマンの色や柄は、昭和の時代になっても受け継がれていきました。

 

 

アンティーク着物は現代女性には小さいこともありますね。

 

そんなときは、こうして工夫してみてください⇒「譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫の仕方はここ!」

 

身長より10センチ短い着物でも、おはしょりありの普通の着方ができるんですよ!⇒お気軽着物の作り方




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方