着物の収納・保管は桐タンスでなくても大丈夫?

着物の収納・保管は桐タンス?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法も

スポンサーリンク

着物の収納・保管は桐タンス?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法も

着物の収納保管・帯

着物の収納方法は、桐ダンスが一番いいといわれていますが、それはなぜでしょう?

 

桐ダンス以外だと、着物に何か困ったことがおこるのでしょうか?

 

収納や保管にあたっては、防虫剤のことも気になることのひとつですね。

 

「大切な着物を守って安心して保管できる方法」で、長く愛用したいですね。

 

あなたの着物スタイルに合わせたベストな収納方法を、考えるきっかけにしてください。

スポンサーリンク


 

桐箪笥が着物の収納に最高といわれるわけ

 

「着物の収納は桐箪笥に決まっているわ」と着物の大先輩は言うでしょう。

 

桐箪笥がよいという一番の理由に、桐箪笥は湿気を寄せ付けにくいという特徴があるからです。

 

湿気が多いと着物によくないのは、着物が「湿気を嫌う」から。

 

嫌うってどういうことかというと、湿気の多いところだと、着物にカビが生えやすくなって、着物を傷めてしまうからです。

 

日本の風土は多湿なので、長期間保管されていると、どうしてもカビが付きやすい環境になってしまうのです。

 

桐箪笥の素材の特徴

 

そこで、吸湿性に優れた桐なら、湿度が高くなると湿気を吸収して膨張し、湿度が低くなると湿気を放出して収縮します。

 

桐箪笥が雨の日に開けにくく、天気のよい乾燥した日には、すーっとあくのはそのためです。

 

湿気の多いときに膨張した桐箪笥は、箪笥の気密性を高めるので、外気の湿気が入りにくくなり着物に余分な湿気が含まれにくくなるわけです。

 

それで着物は余分な湿気をためることなく、カビの発生を予防できるというわけです。

 

逆に、湿度が低くなると箪笥が収縮し、隙間ができます。

 

すると箪笥の中に、湿気を取り込みやすくして、自動的に箪笥内の湿度が一定の範囲で保たれることになり、カビの発生を防ぐことができるのです。

 

湿気はカビだけでなく、ボタン類のサビも発生させてしまうので、広衿についているスナップボタンや、コートのボタンなどが、生地にサビをつけてしまうこともあります。

 

桐箪笥の特性は湿気の調節をしてくれること以外にも、桐自体が虫が付きにくい、燃えにくいという特性もあります。

 

虫がつかない、燃えにくい、どちらも大切なものを入れておくのに大事な要素ですよね。

 

このような理由で、「着物は桐箪笥に」といわれるわけです。

 

やはり最高の着物収納家具ということを認めるしかないですが「桐箪笥=とっても高価」という印象もありますね。

 

それに「私のは高級着物ばかりじゃないから」とか「桐箪笥を置く場所がない」という事情もありますね。

 

ではそんな時にどうするか?

 

 

桐箪笥に代わる収納方法は?注意点

 

着物の収納保管・振袖袋帯

 

桐箪笥じゃなくても、着物を保管することはできます。

 

洋服ダンスやプラスチックケースなどでも、保管はできます。

 

ただ、それぞれちょっとした注意を忘れないようにしておけばよいです。

 

洋服ダンスに収納した場合の注意点

 

洋服ダンスの場合は、湿気が入り込みやすいので、閉めっぱなしにするのでなく、晴れた日や乾燥しているとわかる日は扉を少し開けておくとよいです。

 

湿気の多い日にたまった着物の湿気を、できるだけ発散させておくためです。

 

そして乾燥した季節、10〜12月か2月〜3月、5月のうち、年に2回は洋服ダンスから出して、「吊るし干し」にするとほぼカビを生やさずにいられるはずです。

 

これを「虫干し」といっていますが、虫を寄せ付けなくするためというより、湿気をとばし乾燥した空気を着物に吸ってもらう、という作業です。

 

洋服ダンスの場合だと、何枚も重ねて収納することができるので、下になるほど湿気をため込みやすくなるので、虫干しをした方が着物の傷みは遅くなるはずです。

 

プラスチックケースに収納する場合の注意点

 

もう一つ、よく使われるようになった「プラスチックケース」。

 

これも中身が透けて見えるもので、何ケースも重ねることができるので、収納力もあって便利です。

 

キャスターがついていれば、押し入れの中にも入れられます。

 

「プラスチックケース」で着物を保管するにあたっても、洋服ダンスのときと同じような注意はしておいた方がよいです。

 

乾燥している日は扉をできるだけ開けておき、乾燥した季節に年2回は虫干しをする

 

虫干しの方法

 

虫干しは着物も帯も、一枚一枚を広げて着物ハンガーなどで吊るすのが理想的です。

 

でも枚数が多い、スペース的に無理ということであれば、たたんだ状態で部屋にはったロープに掛けるなどでもいいでしょう。

 

・風通しのよい部屋で、

 

・直射日光をあてないようにして

 

・夕方までにはしまう

 

ようにしましょう。

 

そこまでは面倒!というなら、できるだけ晴れた日に着物を着るようにするとよいですね。(^o^)

 

虫干しなんてできない環境の方は、除湿剤を利用するといよいでしょう。

 

半年に一度交換を目安に利用すれば、押し入れといえども随分湿気を気にせず入れられます。

 

 

防虫剤の必要性

 

着物の収納保管・若い着物姿の女性

 

絹の着物は、ほとんど虫にやられることはありません。

 

でも絶対ではないですから、匂いのきつくない防虫剤を使うとよいと思います。

 

使うのは必ず一種類だけにしておきます。

 

複数使うと化学反応を起こすことがあり、衣類にシミを発生させたり、匂いがきつくなる、ひどいと有害物質を出すこともあるからです。

 

天然成分由来の防虫剤なら、着物になお安心です。

 

虫の被害にあいやすい素材の着物

 

素材としてはウールの着物が、虫の被害にあいやすいです。

 

ウールに虫が卵を産み、虫のエサになるからです。

 

そのためウール着物や帯の保管には、湿度の少ないところで、防虫剤をいれて保管するのがよいです。

 

ウール素材のものは、一つにまとめて防虫剤を有効に効かせるようにするのがおすすめです。

 

虫の被害にあわない素材の着物

 

防虫剤の必要性だけから見ると、洗える着物といわれるポリエステル繊維のものは、防虫剤が不要です。

 

虫がたとえいても、繊維(生地)を虫が食べないから穴があくことはありません。

 

保管が楽な洗える着物は、段ボール箱にいれようが、収納ケースに山積みにしようが、防虫対策は必要ありません。

 

ただ、たくさん重ねると生地がすべってシワになりやすいので気をつけてください。

 

 

収納の仕方は同類で

 

着物の収納保管・女性着物の後ろ姿

 

収納の考え方には、季節ごとに分ける方法と、用途によって分ける方法などありますが、着物の場合は、その両方を合わせて収納する場合が多いと思います。

 

洋服のように数多くお持ちになっているわけでなければ、シーズン到来とともにすぐに利用できるよう、わかりやすい場所に置いておくという人が多いようです。

 

その時に、あと一つ、生地の材質ごとに分けておくのも、よい方法だと思います。

 

例えば絹のものは絹同士。

 

木綿のものは木綿同士。

 

ウールのものはウールのもの同士。

 

洗える着物は洗える着物同士。という具合です。

 

 

材質の同じものは、保管収納する際の扱いが同じなので、防虫剤を入れる量、湿気を発散させるタイミングを同じくできたり、覚えやすかったりします。

 

帯もたくさんあれば、素材ごとにまとまっていた方が、着物とのコーディネートを考えるときに便利です。

 

そして上段ほど品質のよいものを入れて、少しでも湿気を呼ばないようにした方がよいです。

 

箪笥の下よりは上に、押し入れの下段よりは上段に、品質のよいものを保管するようにします。

 

 

虫干しの最高の条件

 

大切な絹の着物は、最高の条件で「虫干し」したいですね。それには以下のことを覚えておいてください。

 

 

・太陽光線にあてない(色あせの原因に)。

 

・蛍光灯の光にあてない(色焼けの原因に)。

 

・前日も晴れていた日の、10時〜4時半くらいまで。(夕方からは湿気が出やすいです)

 

・窓を開けて一枚ずつ吊るし干しにする。

 

 

着物の収納・保管は桐タンス?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法も・まとめ

 

上質な着物は、桐箪笥へ収納するのが最も望ましいです。

 

でも桐箪笥がなくても、洋服ダンスやプラスチックケースでも着物は収納・保管できます。

 

そのときは湿気をときどきとるために、桐箪笥より「虫干し」の回数は多い方がよいです。

 

防虫剤は一種類だけを使うようにし、臭い防止のために無臭のものがおすすめです。

 

できれば頻回に着物を着て、虫干しの代わりにするのもよいですね。

 

 

最近は、桐箪笥でもキャスター付きでウォークインクローゼットに収納しやすいタイプのものが出ています。

 

プラスチックケースもキャスター付きなら移動しやすく、風通しのよい部屋へ移動させるのも簡単です。

 

無印良品の収納ケースにも、着物や帯の収納に適したサイズのものがありますので、たたんだ状態でサイズをはかって、適切なものを見つけてくださいね。

 

きらこ よしえ


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方