着物の収納・保管は桐タンスでなくても大丈夫?

着物の収納・保管は桐箪笥?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物の収納・保管は桐箪笥?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法

着物の収納・保管は桐タンス?注意点と虫干し法

「着物の収納方法は桐ダンスが一番いい」といわれていますが、それはなぜでしょう?

 

桐ダンス以外では、どんな方法がよいのでしょう?

 

当然「大切な着物を守り安心して保管したい」って思いますよね。

 

ここでは収納方法や保管にあたって桐ダンスに代わる収納法、虫干しの方法なども詳しくお伝えします。

 

あなたの着物スタイルに合わせたベストな収納・保管方法を考えるきっかけにしてください。

 

スポンサーリンク


 

桐箪笥が着物の収納に最高といわれるわけ

 

「着物の収納は桐箪笥に決まっているわ」と着物の大先輩は言うでしょう。

 

桐箪笥がよいという一番の理由は、桐箪笥は湿気を寄せ付けにくいという特徴があるからです。

 

湿気が多いと着物によくないのは、着物が「湿気を嫌う」から。

 

嫌うってどういうことかというと、湿気の多いところだと着物にカビが生えやすくなり着物を傷めてしまうということです。

 

日本の気候は多湿なので、長期間保管されているとカビが発生しやすい環境になってしまうのです。

 

 

桐箪笥の素材の特徴

 

湿気を寄せ付けにくい桐箪笥の特徴をみてみましょう。

 

湿度の調節機能がある

 

桐箪笥は、湿度が高くなると湿気を吸収して膨張し、湿度が低くなると湿気を放出して収縮します

 

桐箪笥が雨の日に開けにくく、天気のよい乾燥した日には、すーっとあくのはそのためです。

 

湿気の多いときに膨張した桐箪笥は、箪笥の気密性を高めます。

 

そのため外気の湿気が入りにくくなり、中の着物に余分な湿気が含まれにくくなるわけです。

 

それで着物は余分な湿気をためることなく、カビの発生を予防できるというわけです。

 

 

逆に、湿度が低くなると箪笥が収縮し、隙間ができます。

 

すると箪笥の中に、乾燥した空気を取り込みやすくして、自動的に箪笥内の湿度が一定の範囲で保たれることになり、カビの発生を防ぐことができるのです。

 

 

虫がつきにくく燃えにくい

 

桐箪笥は湿気の調節をしてくれること以外にも、桐自体が「虫が付きにくい」、「燃えにくい」という特性もあります。

 

虫がつかない、燃えにくい、どちらも大切なものを入れておくのに大事な要素ですよね。

 

このような理由で、「着物は桐箪笥に」といわれるわけです。

 

 

やはり最高の着物収納家具ということができます

 

ですが「桐箪笥はとても高価」という印象がありますね。

 

現代では「桐箪笥を置く場所がない」という事情もありますね。

 

ではそんな時はどうするとよいでしょう?

 

 

桐箪笥に代わる収納方法・注意することは?

 

着物の収納保管・振袖袋帯

 

桐箪笥でなくても、着物を保管することはできます。

 

洋服ダンスやプラスチックケースなどでも、保管はできます。

 

ただ、それぞれちょっとした注意を忘れないようにしておけばよいです。

 

 

洋服ダンスに収納した場合の注意点

 

洋服ダンスの場合は、湿気が入り込みやすいです。

 

ですから閉めっぱなしにするのでなく、晴れた日や乾燥しているとわかる日は扉を少し開けておくとよいです。

 

洋服ダンス内の湿気を、できるだけ発散させておくためです。

 

 

そして乾燥した季節、10〜12月か2月〜3月、5月のうち、年に2回は洋服ダンスから出して、「吊るし干し」にするとほぼカビを生やさずにいられるはずです。

 

これを「虫干し」といっていますが、虫を寄せ付けなくするために、湿気をとばし着物を乾燥させるためです。

 

何枚も重ねて収納すると、下になるほど湿気をため込みやすくなります。

 

そのため、「虫干し」をすることで着物が傷みにくくなります。

 

 

プラスチックケースに収納する場合の注意点

 

もう一つの収納方法として、「プラスチックケース」があります。

 

中身が透けて見えるものにすれば、何ケースも重ねることができ、収納力があります。

 

キャスターがついていれば、押し入れの中にも入れられます。

 

「プラスチックケース」で着物を保管するにあたっても、洋服ダンスのときと同じような注意をしておきましょう。

 

乾燥している日は扉をできるだけ開けておき、乾燥した季節に年2回は虫干しをしましょう

 

 

着物の虫干しの方法

 

虫干しは着物も帯も、一枚一枚を広げて着物ハンガーなどで吊るすのが理想的です。

 

でも枚数が多い、スペース的に無理ということであれば、たたんだ状態で部屋にはったロープに掛けるなどでもいいでしょう。

 

そして以下のことを守って行ってください。

 

  • 風通しのよい部屋で
  • 直射日光をあてないようにして
  • 蛍光灯の光にもあてないようにして
  • 夕方までにはしまう

 

そんなの面倒!というなら、できるだけ晴れた日に着物を着るようにするとよいですね。(^o^)

 

 

防虫剤の必要性

 

着物の収納保管・若い着物姿の女性

 

絹の着物は、ほとんど虫にやられることはありません。

 

でも絶対ではないですから、匂いのない防虫剤を使うとよいと思います。

 

使うのは必ず一種類だけにしておきます。

 

複数使うと、衣類にシミができる、匂いがひどくなる、有害物質を発生することもあるからです。

 

天然成分由来の防虫剤で無臭のものが、なお安心です。

 

 

収納の仕方は同素材で

 

着物帯の模様アップ写真

 

収納の考え方には、「季節ごとに分ける方法」と「用途によって分ける方法」などあります。

 

数多くお持ちになっているわけでなければ、シーズン到来とともにすぐに利用できるよう、わかりやすい場所に置いておくのがよいでしょう。

 

そして生地の材質ごとに分けておくのも、よい方法だと思います。

 

材質の同じものは、保管収納する際の扱いが同じなので、防虫剤を入れる量、湿気を発散させるタイミングを同じくできるからです。

 

  • 絹のものは絹同士
  • 木綿のものは木綿同士
  • ウールのものはウールのもの同士
  • 洗える着物は洗える着物同士

 

帯もたくさんあれば、素材ごとにまとまっていた方が、着物とのコーディネートを考えるときに便利です。

 

そして上段ほど品質のよいものを入れて、少しでも湿気をさけるようにします。

 

箪笥の下よりは上に、押し入れの下段よりは上段に、品質のよいものを保管するようにします。

 

 

虫の被害にあいやすい素材の着物

 

素材としてはウールの着物が、虫の被害にあいやすいです。

 

ウールに虫が卵を産み、虫のエサになるからです。

 

そのためウール着物や帯の保管には、湿度の少ないところで、防虫剤をいれて保管するのがよいです。

 

ウール素材のものは、一つにまとめて防虫剤を有効に効かせるようにするのがおすすめです。

 

 

着物の収納・保管は桐箪笥?プラスチックケースでも、注意点と虫干し法・まとめ

 

上質な着物は、桐箪笥へ収納するのが最も望ましいです。

 

でも桐箪笥がなくても、洋服ダンスやプラスチックケースでも着物は収納・保管できます。

 

その際は湿気をとるため、桐箪笥より「虫干し」の回数は多い方くした方がよいです。

 

防虫剤は一種類だけを使うようにし、無臭のものがおすすめです。

 

虫干しのタイミングが合わなければ、ひんぱんに着物を着て外出することで、虫干しの代わりにします。

 

最近は、桐箪笥でもキャスター付きでウォークインクローゼットに収納しやすいタイプのものが出ています。

 

プラスチックケースもキャスター付きなら移動しやすく、風通しのよい部屋へ移動させるのも簡単です。

 

無印良品の収納ケースにも、着物や帯の収納に適したサイズのものがあります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方