和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

和柄ティッシュケース(着物生地からリメイク)の作り方・誰でもできる写真付き

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

和柄ティッシュケース(着物生地からリメイク)の作り方・誰でもできる写真付き

着物生地からリメイク、ティッシュケース三種類

和服(着物)生地で、ティッシュケースを作っています。

 

少しの生地で簡単にできます。

 

小さくても残しておきたい布、思い出の生地などを、形にして残すのにいいですよ。

 

では作り方を詳しくお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

和柄ティッシュケースの作り方

 

<用意するもの>

 

  • 23センチ×14.5センチの着物生地一枚
  • 同じサイズの裏用の生地一枚または接着芯
  • ミシン

 

作り方

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース、生地の用意

 

まず生地の裏と裏を合わせて、貼りあわせます。

 

写真のものは、のりを薄く周囲につけてアイロンで押さえて貼り合わせています。

 

または二枚合わせて周囲にジグザグミシンをかけてもよいです。

 

接着芯の場合は、アイロンで貼り付けます。

 

ほつれやすい布なので、ジグザグミシンをかけほつれ止めにしています。

 

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース、端をおって留める

 

長い方の端をそれぞれ1センチ折り返して、5〜8ミリはいったところをミシンで縫い押さえます。

 

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース、表を内側にして、中央にした入れ口を5〜8ミリ重ねる

 

表を内側にして、中央にした入れ口を5〜8ミリ重ねます。

 

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース、上下端から1センチのところを縫う

 

上下を1センチの縫い代で縫います。

 

今縫ったところの縫い代を、入れ口のない方にアイロンでしっかり倒します。

 

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース表に返して完成

 

表に返して形を整えれば完成です。

 

  • ここではわかりやすいよう白い糸で縫っていますが、表生地と似た色の糸で縫ってください。

 

着物生地からリメイクしたティッシュケース三種類

 

着物生地からリメイク、ティッシュケース三種類

 

真ん中が今作った紺と赤の市松どりのもの。

 

左のものは茶色地で可愛らしい花柄。

 

右が紺の絞りのもの。

 

今並べてみて、どれも元は羽織だったのを思い出しました。

 

左のものは特に柔らかい生地ですが、裏地をつけることでしゃんとしたティッシュケースになりました

 

どれも生地は絹なので、バッグから取り出すときとてもいい感触です。

 

 

和柄ティッシュケース(着物生地からリメイク)の作り方・誰でもできる写真付き・まとめ

 

少しの布でできるティッシュケース、着物生地からリメイクしました。

 

絹の生地は柔らかいので裏生地を必ずつけます。

 

裏地を接着芯にすると、あっという間にできます。

 

 

出来上がりはティッシュ二つがはいります。

 

もっとタイトな方がよければ、23センチにしている長さを短くしてください。

 

ほかにも簡単なリメイクの仕方をお伝えしています。

 

袋ものなどもやってみてね。⇒「巾着袋の作り方(着物生地から)誰でもできる写真付き




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方