和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

スポンサーリンク

和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

和柄ティッシュケース・和柄のもの三つ

和服(着物)生地で、ティッシュケースを作ってみました。

 

バッグの中をのぞいて、和柄のティッシュケースがあると、なんだかほっとする管理人です。

 

小さな布でできますから、小さくなって用途がなくなったような布、小さくても残しておきたい布を利用して、ティッシュケースの形にして残しておくのはどうでしょう。

 

では詳しく手順を説明していきますね。

スポンサーリンク


 

和柄ティッシュケースの作り方

 

23センチ×14.5センチの着物生地一枚

 

同じサイズの裏用の生地一枚(どんな生地でもよいですが、滑りにくいもので)または接着芯

 

 

和柄ティッシュケース・表と裏生地を用意

 

まず生地の裏と裏を合わせて、貼りあわせます。

 

糊を薄く周囲につけて、アイロンで押さえるか(管理人はこの方法です)、二枚合わせて周囲にジグザグミシンをかけてもよいです。

 

接着芯の場合は、アイロンで貼り付けます。

 

ほつれやすい場合は、ジグザグミシンをかけます。

 

 

和柄ティッシュケース・長い法の端を1センチ折り縫う

 

長い方の端をそれぞれ1センチ折り返して、5〜8ミリはいったところをミシンで縫い押さえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和柄ティッシュケース・表を内側にし5ミリ重ねる

 

表を内側にして、中央にした入れ口を5〜8ミリ重ねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和柄ティッシュケース・上下を一センチ縫い代で縫う

 

上下を1センチの縫い代で縫います。

 

縫い代を入れ口のない方に倒します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和柄ティッシュケース・表に返し形を整え完成

 

表に返して形を整えて、完成です。

 

ここではわかりやすいよう白い糸で縫っていますが、表生地と似た色の糸で縫ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

和柄ティッシュケース・和柄のもの三つ

 

左のものは茶色地で可愛らしい花柄、真ん中が今作った紺と赤の市松どりのもの、右が絞りの紺のもの。

 

今並べてみて、どれも元は羽織だったのを思い出しました。

 

左のものは特に柔らかい生地ですが、裏地をつけることでしゃんとしたティッシュケースになりました。

 

 

 

 

裏地を接着芯にすると、あっという間にできます。

 

糊をつけた私の場合は、アイロンをあてるものの、乾くのを少し待った方がよいです。

 

最近のポケットティシュは幅が狭くなっているのでしょうか?もしこれでゆとりがあるなら、幅を少し狭めて作ってください。

 

 

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方