ショール・ストール

着物のときの防寒対策ショール・ストール・作り方巻き方

スポンサーリンク

着物のときの防寒対策ショール・ストール・作り方巻き方

着物のときの防寒ショールを手作りしましたボタン付き

着物の防寒には、昔からショールが使われています。

 

「和装のショールと」いえば、一般的に長方形の肩掛けで留め具などはなく、胸の前であわせ片手で押さえて利用します

 

素材はベルベットやウール製のものなどに、すべりのよい裏地を付けるのが一般的です。

 

着物の上に、羽織やコートの上から掛けてもよく、肩や首周りを防寒するのに重宝します。

 

着物用ショールの例、手作りの例と作り方、巻き方などを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

着物用ショールとは・大きさ素材

 

着物用として販売されているショールは、たて45センチ 横140センチほどの大きさです。

 

冬用にはウールやベルベット(ビロード)、毛皮などの素材で、保温力のあるものが使われます。

 

裏生地は滑りのよいもので仕立ててあります。

 

 

着物用ショールの例と巻き方

 

ここでは昔からよく利用されているベルベットの赤いショールを例にします。

 

お太鼓結びをした着物姿で、肩にかけると前はおはしょりが隠れるくらいの長さになります。

 

赤い着物用ショールを羽織ったところ前姿

 

後ろはお太鼓の下が三分の一くらい見える長さになります。

 

赤い着物用ショールを羽織ったところ後ろ姿

 

首が寒いので、ショールを衣紋にかぶせてしまってOKです

 

このベルベットのショールそのものは軽くて暖かく、レースがたくさんついていてとってもおしゃれです。

 

しとやかに装いたいときは、こういうタイプのショールが素敵です。

 

しかしながら着物用のショールは、手で前をおさえなければならないため活動的ではありません。

 

 

着物用ショールに代わる現代のはおりもの

 

そのためもあってか現代では着物用のものはあまり好まれていないように思います。

 

現代では代わりに、大判のショールまたはストールが、着物のときにもよく使われています。

 

ストールは一辺が100〜150センチ程度の正方形の一枚の布のものが主流です。

 

首回りの装飾用にも使える薄手のものもありますし、着物のときの防寒用としては厚手のカシミヤ(カシミヤヤギ)のストールの愛用者が多いようです。

 

大判のストールは肩だけでなく、上半身を覆えるほどの大きさなので温かいのが魅力です

 

ほかに気軽な和装なら、前で閉じるポンチョも利用されています。

 

ストールもポンチョも洋服と兼用できる色柄のものにすることができ、重宝します。

 

 

大判のショールの巻き方

 

大判のショールの場合も、着物の首の寒さを防ぐために、衣紋にかぶるように羽織ってOKです

 

先のショールのように均等な長さにして前で押さえてもいいですし、手があくようにしたければ、一方を長くとって背中に回すようにしてもOKです

 

 

着物用のショールを作ってみました

 

分厚くて毛足の長い生地で、着物用のショールを作ってみました。

 

これ一枚でもかなりの防寒になりますよ。

 

留め具をつければ、手でおさえなくてもよいです。

 

着物用ショール、自分で作りました、毛足の長い温かいもの

 

こちらは茶色のワッフルの生地で。こちらは留め具なしです。

 

着物用ショール、自分で作りました、ワッフル生地毛足が長いもの

 

暖かい着物用ショールの作り方

 

毛足の長いショールを自分で作りましたボタン付き羽織ったところ

 

簡単なので好みの生地で作ってみてくださいね。ボタン付きです。

 

着物用ショールの作り方

 

上の写真のショールの作り方です。

 

<必要なもの>

 

毛足の長い生地(洋服生地) たて49センチ×横154センチ (縫い代2センチ含む)

 

裏地 滑りのよい生地(洋服生地) 同上

 

縫い糸、はさみ、ボタン一個、目打ち

 

(出来上がり たて45センチ 横150センチ)

 

<作り方>

 

表生地と裏生地を中表に合わせて、2センチの縫い代で縫い合わせます。

 

返し口を20センチほど開けておきます。

 

裏返して、縫い目に食い込んでいる毛足を目打ちでだします。

 

返し口を縫い閉じます。

 

生地がうごかないよう、周辺を粗く縫い留めます。

 

はおってみてちょうどよいところに、ボタン穴(補強しても)をあけて、ボタンをとりつけます。

 

完成!

 

ボタンを取り付ける代わりに、ブローチで留めてもいいですよ。

 

 

その他の着物用ショールの例

 

着物のときのショールは、他に「毛糸で二等辺三角形に編んだショール」「毛皮のショール」などもありますから、目的や好みで使い分けてくださいね。

 

白い和洋兼用のショール

(ショール白・和洋兼用・薄手ならマフラーのようにも使えます)

 

狐の襟巻き着物用

(狐の襟巻き・首回りがとてもあったかい)

 

 

着物のときの防寒対策ショール・ストール・作り方巻き方まとめ

 

着物(和装)用のショールは、留め具がないので手で押さえて羽織ります。

 

寒いときは衣紋にかぶせてもOKです。

 

洋装と兼用できる大判のショールやストールが現代ではよく利用されています。

 

巻き方は手があくように、一方を背に回すとよいです。

 

手作りでボタンを取り付けて着物用ショールを作りましたので、参考にしてください。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方